53件中 21 - 30件表示
  • アタカ大機

    アタカ大機から見た水処理水処理

    アタカ大機株式会社(あたかだいき、Daiki Ataka Engineering Co., Ltd.)は、かつて存在した日立造船系列の水処理事業を主とした環境装置、ゴム製品等の企業。2006年(平成18年)10月1日に日立造船系列同士のアタカ工業と大機エンジニアリングの合併にともなって存続会社のアタカ工業株式会社が社名変更した。2014年(平成26年)4月1日、親会社の日立造船株式会社に吸収合併された。アタカ大機 フレッシュアイペディアより)

  • かもきみの湯

    かもきみの湯から見た水処理水処理

    かもきみの湯(かもきみのゆ)は、奈良県御所市葛城地区の水処理施設「アクアセンター」と隣接する天然温泉の日帰り入浴施設。周囲にはアスレチックや遊具の広場、ハーブ園、遊歩道などが整備されて、一帯が公園となっている。かもきみの湯 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本電工

    新日本電工から見た水処理水処理

    合金鉄のほか、マンガン酸リチウムなどの新素材、ホウ素製品などの工業薬品、水処理装置(主に金属回収装置)の製造・販売を手がける。新日本電工 フレッシュアイペディアより)

  • バナジン酸ビスマス

    バナジン酸ビスマスから見た水処理水処理

    耐熱性に優れた黄色の顔料として、塗料、プラスチック、セラミックス等に利用される。とりわけ鮮やかな色調をもちながら毒性がないことから、同じく鮮やかな色調をもつ黄色無機顔料で毒性が強くなおかつ発色と効果の面で黄色有機顔料による代替を許さなかったカドミウムイエローの代替品として使用されることがある。光触媒としての性質も持ち、可視光照射下においてノニルフェノールやビスフェノールAなどの内分泌攪乱物質を分解することから、水処理への応用が考えられる。また、可視光下において硝酸銀水溶液から酸素を生成する。これは、従来から同じ反応を示すことが知られていた酸化タングステン(VI)より高活性である。酸化タングステン(VI)や酸化スズと組み合わせることにより、人工光合成への応用が研究されている。バナジン酸ビスマス フレッシュアイペディアより)

  • 排水設備

    排水設備から見た水処理水処理

    下水道 : 敷地外の排水方式・水処理の方式など排水設備 フレッシュアイペディアより)

  • ボイラー

    ボイラーから見た水処理水処理

    水処理装置で硬度分を除去し、給水ポンプで圧力を上げる。水位検出器で水位が調整される。特に貫流ボイラーは純度の高い水が必要である。ボイラー フレッシュアイペディアより)

  • 噴水

    噴水から見た水処理水処理

    これは、水処理専業最大手として知られる栗田工業(クリタ)の企画の下、東京シネマ(現・東京シネマ新社)の制作によりつくられたもので、映画が製作された昭和40年代初頭においてすでに稼働していた各地の噴水の数々がとりあげられている。噴水 フレッシュアイペディアより)

  • 浦瀬太郎

    浦瀬太郎から見た水処理水処理

    専門分野は、環境衛生工学、上下水道学、水処理など。浦瀬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中和 (化学)

    中和 (化学)から見た水処理水処理

    水処理では、排水が放出された際の環境への影響を抑えるため、しばしば中和が行われる。pHの調整には、炭酸カルシウム、酸化カルシウム、水酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム等の物質が用いられる。中和 (化学) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸水道

    神戸水道から見た水処理水処理

    また、東灘区周辺では住吉川と阪神水道との混合、中央区から兵庫区周辺では神戸ウォーター(KOBE WATER)とも称される布引貯水池(布引ダム)の水が奥平野浄水場に送水されて六甲山の湧水と阪神水道からの水が混合され供給されている。但し、給水区域が入り組んでおり、また標高差により給水ルートなどが違うため、同じエリアでも水源は異なる場合がある。当初は神戸市の渇水対策として神戸市民への飲料用水道として築かれたこの水道であるがその役割は阪神水道のパイプが主体となっており、今では上ヶ原浄水場から神戸市内臨海部の工業地域に向け殺菌等の水処理をしていない工業用水道用としての配水官に転用もされている。神戸水道 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「水ビジネス」のニューストピックワード