1 2 3 4 5 6 次へ
53件中 51 - 53件表示
  • 北海道曹達

    北海道曹達から見た水処理水処理

    北海道内で唯一の原料から製品までを一貫生産する基礎化学品メーカーであり、原料となる塩を電気分解して基礎化学品である苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)、塩素などの「クロル・アルカリ事業」を柱として、北海道の基幹産業である紙・パルプ、鉄鋼、テンサイ、石油、石油化学などに基礎素材を供給しているほか、水処理薬品、土木関連薬品、天然高分子の「キトサン事業」、北海道の冬に欠かせない「凍結防止剤、塩事業」も行なっており、各市町村の上水道・下水道の処理や土木工事などに製品を供給している。塩の陸揚げ地は、北海道曹達を含む4社で苫小牧港(西港)に共同整備した通称「ソーダ埠頭」(岸壁延長490 m、水深10.5 m)を使用しており、約4万トンを保管している。北海道曹達 フレッシュアイペディアより)

  • 水道

    水道から見た水処理水処理

    水質汚染に対応する水処理は、下水だけでなく上水でも行われている。取水や排水の際には、濾過や沈殿凝集、消毒などの処理が行われており、浄水の水質を保ち、排水によって環境を汚染しないように考慮されている。水質の維持や、異臭などに対応するため、高度浄水処理も行われるようになり、活性炭やオゾンなどが用いられている。水道 フレッシュアイペディアより)

  • アンモニア態窒素

    アンモニア態窒素から見た水処理水処理

    肥料成分や水処理などで用いられる用語で、環境汚染の指標としても用いられる。水系においてアンモニア態窒素が高い場合は、屎尿などによる汚染が近い時期にあったことを示している。アンモニア態窒素 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
53件中 51 - 53件表示

「水ビジネス」のニューストピックワード