118件中 21 - 30件表示
  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たサントリー

    サントリー『ほろよい』(2009年)水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たワーナーミュージック・ジャパン

    ワーナーミュージック・ジャパン コブクロ アルバム『5296』(2007年12月)水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た大塚製薬

    大塚製薬 『オロナミンCドリンク』「仮面ライダーカブト」篇(2006年)水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たテレビ東京

    Pinkの遺伝子 第3話(2005年10月17日、テレビ東京) - 生嶋ミズキ 役水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たテレビ朝日

    雨と夢のあとに 第7話(2005年5月27日、テレビ朝日水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たポプラ社

    KAGEROU(2010年12月15日、ポプラ社)ISBN 978-4591122457水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た中村光宏

    2010年9月20日をもって所属事務所「研音」を退社。事務所側はその理由を執筆活動に専念するためと発表した。これにより、芸能界引退・小説家に転身、と各報道機関によって報じられたが、水嶋本人は2010年9月23日放送の「めざましテレビ」に於いて芸能界引退を否定した(映像や文書ではなく、同番組のフジテレビアナウンサーであり、友人の中村光宏を通じた伝言である)。また同じ日に放送された「情報プレゼンター とくダネ!」では司会の小倉智昭が、親交のある水嶋の妻・絢香から前日に受け取ったメールの要約を伝えた。その内容は「めざましテレビ」で報道された水嶋の引退を否定する発言とも一致している。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たポプラ社小説大賞

    また、俳優以外の活動では、2010年に小説『KAGEROU』で第5回ポプラ社小説大賞を受賞。2011年には、原作・脚本を手掛け自ら特別出演もしたミュージックビデオ『Silent Scream』が、SSFF&ASIA 2011 ミュージックShort部門 優秀賞を受賞している。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たごくせん (テレビドラマ)

    大学在学中の2004年、自分の将来やりたいことや目標を見つけるために一人で海外へ留学してみようと思い、その資金集めの為、何かいいアルバイトがないか探していたところ、仲が良かった芸能関係の仕事をしていた大学の先輩からモデルの仕事を紹介され、ファッションモデルとしての仕事を始めた。それからしばらくの間モデルの仕事をしていたが、ある日芸能事務所の人から声をかけられ、所属していたモデル事務所ギグマネジメントジャパンから研音へと移籍した。テレビ初出演は、『くりぃむナントカ』の「合コン日本シリーズ」(2004年11月23日、30日放送)で、2005年にドラマ『ごくせん』で速水もこみちのバーターでモブ生徒役で出演し、俳優として本格的にデビューした。その後、数々のドラマに端役・脇役などで出ていたが、2006年に放送された『仮面ライダーカブト』では主人公の仮面ライダーカブト/天道 総司役を演じ人気と注目を集め、さらに翌年放送の『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演により特撮ファン以外の幅広い層にも認知されることとなった。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た阿部祐大朗

    幼少時代から小学校卒業までをスイス・チューリッヒのインターナショナルスクールへ通っていた帰国子女であり、英語が堪能である。スイスで暮らしていた頃は日本人というだけで差別やいじめに遭う経験もしたという。中学入学にあわせ日本に帰国、桐蔭学園中学校・高等学校を受験し入学。中・高ではサッカー部に所属し、高校3年生のときに出場した第81回全国高等学校サッカー選手権大会ではレギュラーのMFとして活躍。同期生の阿部祐大朗 らの活躍もありベスト4に進出したが、長崎県立国見高等学校との準決勝では平山相太などにゴールを決められて敗退している。高校卒業後は慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に進学したが、高校時代のケガの影響もあってサッカーは続けなかった。2008年3月に大学卒業。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示