96件中 61 - 70件表示
  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た電報

    NTT西日本 『DENPO』(2005年10月)水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た環境情報学部

    父親の仕事関係で、幼少時代から小学校卒業までスイスのチューリッヒで過ごしていた帰国子女である。そのため、英語が堪能である。スイスで暮らしていた頃は住んでいた所が田舎で自然が多かったため自然や動物達と戯れたりして遊ぶ無邪気な少年だったという。学校は現地のインターナショナルスクールに通っていた。中学入学にあわせ帰国、桐蔭学園中学校・高等学校を受験し入学。中・高ではサッカー部に所属し、高校3年生のときに出場した第81回全国高等学校サッカー選手権大会ではレギュラーのMFとして活躍。同期生の阿部祐大朗らの活躍もありベスト4に進出したが、長崎県立国見高等学校との準決勝では平山相太などにゴールを決められて敗退している。高校卒業後は慶應義塾大学環境情報学部に進学したが、高校時代のケガの影響もあってサッカーは続けなかった。2008年3月に卒業。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たSilent Scream

    GIRL NEXT DOOR「Silent Scream」(2011年) - 原作・脚本(PVの監督・小泉徳宏との共同脚本)・出演を兼務水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た美ら海からの年賀状

    美ら海からの年賀状(2007年12月14日、フジテレビ) - 宮下幸太 役水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見たPlayStation 2

    仮面ライダーカブト(2006年11月30日発売、プレイステーション2、バンダイナムコゲームス) - 天道総司 / 仮面ライダーカブト(声) 役水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た雨と夢のあとに

    雨と夢のあとに 第7話(2005年5月27日、テレビ朝日)水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た文学賞

    同年10月31日、本名である齋藤智裕(応募当時のペンネームとして「齋藤智」として投稿)名義で執筆した処女小説『KAGEROU』により、第5回ポプラ社小説大賞を受賞したと発表・報道された。同賞はエンターテインメント小説を対象とする文学賞で、第2回から第4回まで大賞受賞者がいないため二人目の大賞受賞者となった。賞は社内の13人の編集者が選考する仕組みで、この小説については世に出すクオリティーに達していないと否定的な意見も多かったが、社内で発言力のある人物が強く後押ししたこともあり大賞に選出されたという。水嶋は6月に芸名も肩書も伏せたまま原稿を投稿し、大賞決定後に編集者が「齋藤智裕」に会いに行った際に初めて作者が水嶋だったと分かったという。刊行予定については「全く未定。急げば年内に間に合わないこともないが、担当編集者がじっくり手を入れることも考えると、いつ刊行されるか見通しが立たない」。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た編集長

    水嶋 ヒロ(みずしま ヒロ、1984年4月13日 - )は、日本の俳優、小説家、雑誌GLOBAL WORK編集長。本名、齋藤 智裕(さいとう ともひろ)。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た特撮

    大学在学中の2004年、自分の将来やりたいことや目標を見つけるために一人で海外へ留学してみようと思い、その資金集めの為、何かいいアルバイトがないか探していたところ、仲が良かった芸能関係の仕事をしていた大学の先輩からモデルの仕事を紹介され、ファッションモデルとしての仕事を始めた。それからしばらくの間モデルの仕事をしていたが、ある日芸能事務所の人から声をかけられ、所属していたモデル事務所ギグマネジメントジャパンから研音へと移籍した。テレビ初出演は、『くりぃむナントカ』の「合コン日本シリーズ」(2004年11月23日、30日放送)で、2005年にドラマ『ごくせん』で速水もこみちのバーターで背景・モブ生徒役で出演し、俳優として本格的にデビューした。その後、数々のドラマに端役・脇役などで出ていたが、2006年に放送された『仮面ライダーカブト』では主人公の仮面ライダーカブト/天道 総司役を演じ人気と注目を集め、さらに翌年放送の『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演により特撮ファン以外の層にも認知されることとなった。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • 水嶋ヒロ

    水嶋ヒロから見た天然ボケ

    自身が演じてた役柄などからクールなイメージを持たれることが多いが、トーク番組やバラエティ番組に出ている時は天然ボケぶりを披露することが多く、共演者からもよく「天然」や「抜けている」と言われることが多々ある。水嶋ヒロ フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「水嶋ヒロ」のニューストピックワード