1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • クリスマスの約束

    クリスマスの約束から見た水木しげるロード水木しげるロード

    鳥取県・水木しげるロード (7月中旬)クリスマスの約束 フレッシュアイペディアより)

  • 竜

    から見た水木しげるロード水木しげるロード

    ファイル:Sakaiminato Mizuki Shigeru Road Ryu Statue 1.JPG|水木しげるロードの龍の像(鳥取県境港市) フレッシュアイペディアより)

  • 境線

    境線から見た水木しげるロード水木しげるロード

    普通列車として運用されているキハ40形は、すべてイラスト車両となっている。これは境港市出身の漫画家水木しげるの作品『ゲゲゲの鬼太郎』のイラストを車体に描いたもので、境港市に水木しげるロードが完成したのに合わせて1993年から運転が始まった。現在のイラスト列車は、「鬼太郎列車」(四代目)・「ねずみ男列車」(二代目)・「ねこ娘列車」(二代目)・「目玉おやじ列車」(二代目)の4種類がある。平日・土曜13往復、休日14往復がイラスト列車で運転されている。方向幕は「米子⇔境港」(平日の鳥取発境港行きは、米子までは「境港」で、米子を出ると「米子⇔境港」となる)。境線 フレッシュアイペディアより)

  • 神坂一

    神坂一から見た水木しげるロード水木しげるロード

    無類の妖怪好きとしても知られている。好きな妖怪はバックベアード。水木しげるロードの妖怪オブジェ(1体100万円)スポンサー募集に個人で竹切狸、さがり、方相氏の3体を寄贈した。神坂一 フレッシュアイペディアより)

  • 境港市

    境港市から見た水木しげるロード水木しげるロード

    日本の著名な漫画家・水木しげるの出身地でもあり、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターの銅像がならぶ水木しげるロード、市が発行する住民票の写しの透かしにゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターが使われていること、米子駅と境港駅を結ぶ境線に「鬼太郎列車」が運転されていることでも有名である。境港市 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の島町

    隠岐の島町から見た水木しげるロード水木しげるロード

    武良街道(水木しげるロード隠岐)隠岐の島町 フレッシュアイペディアより)

  • ミニFM

    ミニFMから見た水木しげるロード水木しげるロード

    ミニFMより事例は少ないが境港市の水木しげるロードで期間限定で行われる「妖怪ラヂオ」のサービスがこれである。また、概要に述べた道路トンネルや地下駐車場でAM放送再送信や割込放送を行うものもあり、都営地下鉄でもAM放送再送信を実施している。これらのトンネル内や駐車場内、駅施設や車両内への輻射という点ではミニAMといえる。AMにおいてもこれらの施設が地上と隔絶しているから放送局と同一周波数で再送信できるのであり、都営地下鉄の高架部では実施していない。ミニFM フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎

    ゲゲゲの鬼太郎から見た水木しげるロード水木しげるロード

    水木の故郷である鳥取県境港市の境港駅を出て東側に延びる商店街には「水木しげるロード」がある。ロードに沿って妖怪オブジェが並び、水木ロード郵便局(既存局を改称)もある。境港市の七つの郵便局で「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターが入った風景印を押印することもできる。設置されていた86体の妖怪を100体にするために1体100万円としてスポンサーを募集し、2006年には120体となった。水木しげるロードの最終地点には「水木しげる記念館」も開設されている。ゲゲゲの鬼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 商店街

    商店街から見た水木しげるロード水木しげるロード

    境港市ではゲゲゲの鬼太郎をはじめとする妖怪をモチーフにした水木しげるロードを作り観光客を集めようとしている。商店街 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「水木しげるロード」のニューストピックワード