前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た西日本旅客鉄道

    オープンと同時に運行開始されたJR境線の「鬼太郎列車」を皮切りに、これら日本妖怪および水木妖怪のキャラクター性と水木しげるロードの知名度を活かして、多くのタイアップ事業が展開されている(後述)。また、「世界妖怪会議」「妖怪そっくりさんコンテスト」など、多くの妖怪関連イベントが開催されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た水木しげる

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では広く知られている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た妖怪

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では広く知られている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たキャラクター

    境港駅から本町アーケードまでの全長約800メートルの間に、水木の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターを中心として日本各地の妖怪たちをモチーフとした銅像など多数のオブジェが設置されており、商店街は、同じ主題、共通のイメージコンセプトをもって思い思いの販売・サービスを展開する各種店舗・施設の集合体に成長している。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たゴールデンウィーク

    2007年のゴールデンウィーク期間中には1日で5万8000人が来場し、想定していた観光客数を大幅に上回り、駐車場が不足するという事態も起きた。そのため、観光シーズンには駐車場の臨時増設などを行っているが、関係機関はJR境線などの公共交通機関での来場を呼びかけている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た寄付

    当初は像の一部が壊され盗まれるなどといった事件が発生したものの、これらの騒動が全国規模で報道されたのがきっかけとなり県外での知名度が高まっていった。その後、徐々に像の数を増やしていき、1997年(平成9年)には目標であった80体が完成した。2005年(平成17年)には広く出資を募り、16体の寄贈を受けた。その後も2006年(平成18年)に120体、2010年(平成22年)には139体に達し、2012年(平成24年)にはスポンサー公募による11体と水木しげる記念館内に3体が新設され、合計153体となっている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た商店街

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では広く知られている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たゲゲゲの女房

    2010年(平成22年)には、NHKの連続テレビ小説において「ゲゲゲの女房」(原作は水木しげるの夫人の武良布枝の自伝の同名作品)が放映され、人気を呼んだ。それとともに水木しげるロードを訪れる観光客も増加し、8月15日に観光客数は177万人を突破、過去最高の年間172万人(2008年)の記録を軽々と塗り替えたばかりか、それから一週間余りしかたっていない8月23日には悲願であった200万人の大台に乗った。11月中旬には映画版「ゲゲゲの女房」が公開されることから、集客数250万人を年間目標に掲げた境港市観光協会であったが、9月22日の時点で早くも達成し、3度目の上方修正を行って目標300万人とした。しかしこれも10月31日に達成し、12月5日には350万人を突破。年間観光客数は最終的に史上空前の370万人を達成した。これは、前年までの最高記録であった2008年の倍以上の数字である。これらの功績が評価され翌2011年1月に「第8回関西元気文化圏賞・特別賞」を、同年10月には「第3回観光庁長官表彰」を受賞する。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た鳥取砂丘

    銅像が設置された1993年(平成5年)には2万1000人であった観光客数も、1994年(平成6年)には10倍以上の28万1000人に、1997年(平成9年)には38万344人と上がっていった。以後の一時期は横這いとなったものの、2003年(平成15年)の水木しげる記念館(後述)の開館、2005年(平成17年)に公開された映画『妖怪大戦争』のヒットなどによる妖怪ブームによって、来場客はさらに増加した。2007年(平成19年)には『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメシリーズ・第5期が新たに開始され、また、同作品の実写版映画『ゲゲゲの鬼太郎』(その1作目)が公開された影響もあり、同年8月にそれまで目標としていた「年間観光客数100万人」を突破。最終的に147万人が訪れ、鳥取砂丘を超える一大観光地となった。続いて2008年(平成20年)には172万人が訪れた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た美保飛行場

    航空自衛隊が美保基地50周年記念事業として、C-1戦術輸送機とYS-11人員輸送機、および、T-400型練習機に、鬼太郎と一反木綿の図案を入れる。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示

「水木しげるロード」のニューストピックワード