121件中 91 - 100件表示
  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たモニュメント

    境港市が市民から親しまれるコミュニティ道路をつくろうと、全市一体となって整備したもので、同市出身の漫画家である水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する鬼太郎やねずみ男などの妖怪たちのオブジェ、絵タイル、モニュメントなどを歩道に設置して「水木しげるロード」と名付けた。JR境港駅前から延びる駅前通りは商店街となっており、歩道には100体を超す妖怪たちの銅像が設置されている。この奇抜な発想が反響をよび、マスコミなどにも取り上げられるようになってからは全国的に知られるようになり、観光スポットとして各地から多くの観光客を集めるようになった。この人気にあやかり、妖怪のオブジェのほかにも「妖怪神社」ができたり「妖怪ポスト」が設置され、さらにゲゲゲの鬼太郎のイラストの入ったラッピング列車も走るまでになり、水木しげるロードの人気を後押しした。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た閻魔

    境港市観光協会、境港商店街連合会、水木しげるロード振興会、水木プロダクションの民間4団体が組織する「妖怪ブロンズ像設置委員会」が、制作・運用・管理に当たる。公式が「妖怪ブロンズ像」もしくは「妖怪立体ブロンズ」と呼ぶオブジェは、妖怪を始めとして、神(死神、閻魔、倉ぼっこなど)、悪魔(メフィスト)、架空の人物(河童の三平、悪魔くん、サラリーマン山田)や動物(龍)、実在の人物(水木しげる・武良布枝夫妻)などをモチーフとした、多種多様なブロンズ像(銅像)群である。像高は、人が見上げるほどには高くないものが大半で、ごく小さな妖怪像が御影石で出来た大きな台座に乗っている形のものも多い。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た街灯

    1月15日:妖怪街灯増殖推進委員会が組織され、妖怪をデザインした街灯群を境港に新設する「妖怪街灯増殖計画」が発表される。妖怪街灯第1号は猫娘。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た輸送機

    航空自衛隊が美保基地50周年記念事業として、C-1戦術輸送機とYS-11人員輸送機、および、T-400型練習機に、鬼太郎と一反木綿の図案を入れる。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た米子インターチェンジ

    名神高速道路・山陽自動車道・中国自動車道などからは、米子自動車道を経由して米子ICで下り、国道431号線を北上して境港市に入る。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たキジムナー

    1作品を1体と数えることはせず、1キャラクターを1体と数えてナンバリングするため、例えば、目玉おやじを乗せた鬼太郎の像は1体ではなく2体、2点としてナンバリングされる。また、「1キャラクター= 1体」は「妖怪1体= 像1体」ではなく、例えば、2体で1作品のキジムナーなどは1体・1点としてナンバリングされている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た印鑑証明書

    境港市が住民票および印鑑証明書の偽造防止用透かしの図案に水木しげるの妖怪キャラクターを採用。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たコミュニティ道路

    境港市が市民から親しまれるコミュニティ道路をつくろうと、全市一体となって整備したもので、同市出身の漫画家である水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する鬼太郎やねずみ男などの妖怪たちのオブジェ、絵タイル、モニュメントなどを歩道に設置して「水木しげるロード」と名付けた。JR境港駅前から延びる駅前通りは商店街となっており、歩道には100体を超す妖怪たちの銅像が設置されている。この奇抜な発想が反響をよび、マスコミなどにも取り上げられるようになってからは全国的に知られるようになり、観光スポットとして各地から多くの観光客を集めるようになった。この人気にあやかり、妖怪のオブジェのほかにも「妖怪神社」ができたり「妖怪ポスト」が設置され、さらにゲゲゲの鬼太郎のイラストの入ったラッピング列車も走るまでになり、水木しげるロードの人気を後押しした。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た歩道

    境港市が市民から親しまれるコミュニティ道路をつくろうと、全市一体となって整備したもので、同市出身の漫画家である水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する鬼太郎やねずみ男などの妖怪たちのオブジェ、絵タイル、モニュメントなどを歩道に設置して「水木しげるロード」と名付けた。JR境港駅前から延びる駅前通りは商店街となっており、歩道には100体を超す妖怪たちの銅像が設置されている。この奇抜な発想が反響をよび、マスコミなどにも取り上げられるようになってからは全国的に知られるようになり、観光スポットとして各地から多くの観光客を集めるようになった。この人気にあやかり、妖怪のオブジェのほかにも「妖怪神社」ができたり「妖怪ポスト」が設置され、さらにゲゲゲの鬼太郎のイラストの入ったラッピング列車も走るまでになり、水木しげるロードの人気を後押しした。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たタイル

    ブロンズ製レリーフ(妖怪レリーフブロンズ)5基、絵タイル(妖怪絵タイル)8枚が設置されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示