121件中 51 - 60件表示
  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た河童の三平

    境港市は1989年(平成元年)に各界の著名人の提言を受け、「緑と文化のまちづくり」の一環として商店街に境港市出身の漫画家・水木しげるの代表作である『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』に登場する妖怪をモチーフにした銅像(ブロンズ製オブジェ)を設置する「水木しげるロード」の整備を決める。当初の目的は周辺地域の商店街への回帰であった。オブジェの製作にかかわる水木への著作料については無料とする協力も受けている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たラッピング車両

    JR境線のラッピング車両「鬼太郎列車」(初代)も運行を開始。※以下、タイアップ事業については、「タイアップ事業」節も参照。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た妖怪神社

    境港市が市民から親しまれるコミュニティ道路をつくろうと、全市一体となって整備したもので、同市出身の漫画家である水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する鬼太郎やねずみ男などの妖怪たちのオブジェ、絵タイル、モニュメントなどを歩道に設置して「水木しげるロード」と名付けた。JR境港駅前から延びる駅前通りは商店街となっており、歩道には100体を超す妖怪たちの銅像が設置されている。この奇抜な発想が反響をよび、マスコミなどにも取り上げられるようになってからは全国的に知られるようになり、観光スポットとして各地から多くの観光客を集めるようになった。この人気にあやかり、妖怪のオブジェのほかにも「妖怪神社」ができたり「妖怪ポスト」が設置され、さらにゲゲゲの鬼太郎のイラストの入ったラッピング列車も走るまでになり、水木しげるロードの人気を後押しした。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た米子市

    水木しげるロードの整備主体であった境港市が米子市との合併を選択せず、単独存続を決議し、境港市によるハード部分の整備計画はいったん終了する。これは、市に頼った整備の大幅な充実が以後は見込めなくなったという意味であり、関係者は水木しげるロードの魅力が年々薄れることに危機感を抱く。このような経緯をもって、境港市観光協会、境港商店街連合会、水木しげるロード振興会、水木プロダクションの民間4団体は、「妖怪ブロンズ像設置委員会」を立ち上げた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た妖怪大戦争 (2005年の映画)

    銅像が設置された1993年(平成5年)には2万1000人であった観光客数も、1994年(平成6年)には10倍以上の28万1000人に、1997年(平成9年)には38万344人と上がっていった。以後の一時期は横這いとなったものの、2003年(平成15年)の水木しげる記念館(後述)の開館、2005年(平成17年)に公開された映画『妖怪大戦争』のヒットなどによる妖怪ブームによって、来場客はさらに増加した。2007年(平成19年)には『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメシリーズ・第5期が新たに開始され、また、同作品の実写版映画『ゲゲゲの鬼太郎』(その1作目)が公開された影響もあり、同年8月にそれまで目標としていた「年間観光客数100万人」を突破。最終的に147万人が訪れ、鳥取砂丘を超える一大観光地となった。続いて2008年(平成20年)には172万人が訪れた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)

    銅像が設置された1993年(平成5年)には2万1000人であった観光客数も、1994年(平成6年)には10倍以上の28万1000人に、1997年(平成9年)には38万344人と上がっていった。以後の一時期は横這いとなったものの、2003年(平成15年)の水木しげる記念館(後述)の開館、2005年(平成17年)に公開された映画『妖怪大戦争』のヒットなどによる妖怪ブームによって、来場客はさらに増加した。2007年(平成19年)には『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメシリーズ・第5期が新たに開始され、また、同作品の実写版映画『ゲゲゲの鬼太郎』(その1作目)が公開された影響もあり、同年8月にそれまで目標としていた「年間観光客数100万人」を突破。最終的に147万人が訪れ、鳥取砂丘を超える一大観光地となった。続いて2008年(平成20年)には172万人が訪れた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た観光地

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街 であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では 広く知られている。正規の日本の妖怪像として文化的価値も認知されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たC-1 (輸送機)

    航空自衛隊が美保基地50周年記念事業として、C-1戦術輸送機とYS-11人員輸送機、および、T-400型練習機に、鬼太郎と一反木綿の図案を入れる。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たモータリゼーション

    境港市は日本有数の漁業によって立つ地域であり、それにともなって商店街も発展していった。しかし、1970年代に到来したモータリゼーションの変化や、1974年(昭和49年)以降の大規模小売店の進出(cf. 大規模小売店舗法)などに押されて衰退し、空き店舗の増加(シャッター通り)など、商業の空洞化が起きていた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た世界観

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街 であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では 広く知られている。正規の日本の妖怪像として文化的価値も認知されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示