121件中 61 - 70件表示
  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た透かし

    境港市が住民票および印鑑証明書の偽造防止用透かしの図案に水木しげるの妖怪キャラクターを採用。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た国道313号

    国道9号・国道180号・国道181号・国道313号・国道431号・国道432号などからは、米子市を目指し、米子市から外浜産業道路(国道431号線、もしくは、内浜産業道路(鳥取県道47号米子境港線)を境港方面へ。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た鳥取県庁

    2月4日:前年3月8日に境港駅前に設置されたものとほぼ同じデザインの銅像「水木しげる夫妻」が、鳥取県庁前に設置される。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た知名度

    当初は像の一部が壊され盗まれるなどといった事件が発生したものの、これらの騒動が全国規模で報道されたのがきっかけとなり県外での知名度が高まっていった。その後、徐々に像の数を増やしていき、1997年(平成9年)には目標であった80体が完成した。2005年(平成17年)には広く出資を募り、16体の寄贈を受けた。その後も2006年(平成18年)に120体、2010年(平成22年)には139体に達し、2012年(平成24年)にはスポンサー公募による11体と水木しげる記念館内に3体が新設され、合計153体となっている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た国道432号

    国道9号・国道180号・国道181号・国道313号・国道431号・国道432号などからは、米子市を目指し、米子市から外浜産業道路(国道431号線、もしくは、内浜産業道路(鳥取県道47号米子境港線)を境港方面へ。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たタイアップ

    同商店街で行なわれるイベントも盛んで、毎年夏には、妖怪フェスティバルや鬼太郎祭、妖怪オブジェコンクールが催される。オープンと同時に運行開始されたJR境線の「鬼太郎列車」を皮切りに、これら日本妖怪および水木妖怪 のキャラクター性と水木しげるロードの知名度を活かして、多くのタイアップ事業が展開されている(後述)。また、「世界妖怪会議」「妖怪そっくりさんコンテスト」など、多くの妖怪関連イベントが開催されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た鳥取県警察

    鳥取県警察が、境港駅前の交番の愛称を「鬼太郎交番」とする。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た鳥取県道47号米子境港線

    国道9号・国道180号・国道181号・国道313号・国道431号・国道432号などからは、米子市を目指し、米子市から外浜産業道路(国道431号線、もしくは、内浜産業道路(鳥取県道47号米子境港線)を境港方面へ。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た一反木綿

    航空自衛隊が美保基地50周年記念事業として、C-1戦術輸送機とYS-11人員輸送機、および、T-400型練習機に、鬼太郎と一反木綿の図案を入れる。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た大規模小売店舗法

    境港市は日本有数の漁業によって立つ地域であり、それにともなって商店街も発展していった。しかし、1970年代に到来したモータリゼーションの変化や、1974年(昭和49年)以降の大規模小売店の進出(cf. 大規模小売店舗法)などに押されて衰退し、空き店舗の増加(シャッター通り)など、商業の空洞化が起きていた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示