121件中 71 - 80件表示
  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た概念

    境港駅から本町アーケードまでの全長約800メートルの間に、水木の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターを中心として日本各地の妖怪たちをモチーフとした銅像など多数のオブジェが設置されており、商店街は、同じ主題、共通のイメージコンセプトをもって思い思いの販売・サービスを展開する各種店舗・施設の集合体に成長している。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た新語・流行語大賞

    この年は、水木しげるが文化功労者に選ばれる、新語・流行語大賞の年間大賞に「ゲゲゲの〜」のフレーズが選定されるなど話題に事欠かず、水木しげるロードの年間観光入込客数は約372万4千人、水木しげる記念館の年間入館者数も約41万1千人と、共に過去最高を記録した(2011年1月6日発表)水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た観光協会

    水木しげるロードの整備主体であった境港市が米子市との合併を選択せず、単独存続を決議し、境港市によるハード部分の整備計画はいったん終了する。これは、市に頼った整備の大幅な充実が以後は見込めなくなったという意味であり、関係者は水木しげるロードの魅力が年々薄れることに危機感を抱く。このような経緯をもって、境港市観光協会、境港商店街連合会、水木しげるロード振興会、水木プロダクションの民間4団体は、「妖怪ブロンズ像設置委員会」を立ち上げた。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た元旦

    アイズ(民間の町づくり会社)が水木しげるロード内に「妖怪神社」を建立(同年元旦午前0時に落成入魂)。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見たメートル

    境港駅から本町アーケードまでの全長約800メートルの間に、水木の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターを中心として日本各地の妖怪たちをモチーフとした銅像など多数のオブジェが設置されており、商店街は、同じ主題、共通のイメージコンセプトをもって思い思いの販売・サービスを展開する各種店舗・施設の集合体に成長している。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た偽造

    境港市が住民票および印鑑証明書の偽造防止用透かしの図案に水木しげるの妖怪キャラクターを採用。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た報道

    当初は像の一部が壊され盗まれるなどといった事件が発生したものの、これらの騒動が全国規模で報道されたのがきっかけとなり県外での知名度が高まっていった。その後、徐々に像の数を増やしていき、1997年(平成9年)には目標であった80体が完成した。2005年(平成17年)には広く出資を募り、16体の寄贈を受けた。その後も2006年(平成18年)に120体、2010年(平成22年)には139体に達し、2012年(平成24年)にはスポンサー公募による11体と水木しげる記念館内に3体が新設され、合計153体となっている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た地域おこし

    キャラクターを使った商店街活性化(地域おこし、まちづくり)の成功例であり、シャッター通りであった商店街の空き店舗に新規出店があるなどの好影響を生んでおり、その取り組みは商店街・地域活性化のモデルケースとして注目されている。2004年(平成16年)12月、水木しげるロードは「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に入選。2006年(平成18年)5月には、水木しげるロード周辺商店街(本町アーケード商店街、松ヶ枝町商店街、西本町商店街、および、新道元町商店街)が「がんばる商店街77選」に入選した。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た日本

    水木しげるロード(みずきしげるロード)は、日本の鳥取県境港市にある商店街の名称。観光対応型商店街 であり、漫画家・水木しげるが描く妖怪の世界観をテーマとした観光名所として日本では 広く知られている。正規の日本の妖怪像として文化的価値も認知されている。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

  • 水木しげるロード

    水木しげるロードから見た倉ぼっこ

    境港市観光協会、境港商店街連合会、水木しげるロード振興会、水木プロダクションの民間4団体が組織する「妖怪ブロンズ像設置委員会」が、制作・運用・管理に当たる。公式が「妖怪ブロンズ像」もしくは「妖怪立体ブロンズ」と呼ぶオブジェは、妖怪を始めとして、神(死神、閻魔、倉ぼっこなど)、悪魔(メフィスト)、架空の人物(河童の三平、悪魔くん、サラリーマン山田)や動物(龍)、実在の人物(水木しげる・武良布枝夫妻)などをモチーフとした、多種多様なブロンズ像(銅像)群である。像高は、人が見上げるほどには高くないものが大半で、ごく小さな妖怪像が御影石で出来た大きな台座に乗っている形のものも多い。水木しげるロード フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示