前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 水泳

    水泳から見た水着

    一般には、水泳を行う際は、アウターウェアとして水着を、インナーウェア(下着)として水着インナーを着用するが、競技によってはインナーウェアの着用が禁止されている場合がある。競泳ではスイムキャップやゴーグルも使用する。シンクロナイズドスイミングのルーティン競技では演技に合わせた水着をデザインし特注品を使うこともある。水球では、相手選手に引っ張られたりしにくい特殊な生地の水着を着用する。初心者が水泳技術を習得したり、トレーニングのために使用する用具として、抵抗を増し推進力をつけるためのパドルやフィン、浮力を得るためのビート板やプルブイなどを使うこともある。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た進化

    全ての動物は、起源をたどれば、もともとは泳ぐ動物から次第に形態を変化させてきた(進化した)ので、ほとんどの動物は生まれつき泳ぐことができると言われている。また、地球の70%が海で覆われ、陸地にも川・湖・池が多く存在していることから、動物にとって水泳は切っても切れない運動となっている。水中動物や両生類だけではなく、陸上動物や鳥類も生きていくための水や食料(魚貝類)の確保のために水辺に集まって水泳を行うし、他にも水浴、移動のための川の横断、水害からの避難などによって水泳を行うため、ほぼ全ての動物は潜在的には水泳ができるとされている。ヒトやゴリラなどの霊長類も太古から現在まで同様に生きていくための水泳は行っているが、他の動物と比較して相対的には泳ぎがあまり得意ではないと言われている。アメリカ合衆国などではコーチと母親が一緒になって乳幼児をプールに浮かべて泳がせる教室もあり、吸収の速い乳幼児に水に触れさせることで簡単に泳ぎを習得させることに成功している。その時期を超えると、逆に人は訓練無しには泳げなくなってしまう(ちょうど、どんな言葉でも乳幼児の段階で教え始めると「母国語」として簡単に習得できるのに、その時期を逃すと、意識的に習得しなければならなくなってしまうようなことが起きている)。一方で、一度習得すると長い間泳いでいなくても忘れることはなく、最も忘れ難い運動とも言われている。特に泳ぎが下手な人間のことを日本語では俗に「カナヅチ」という(槌参照)。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た小学校

    体育ではスクール水着を着用して小学校低学年で水遊びの授業、小学校中学年で浮く・泳ぐ運動の授業、小学校高学年・中学校・高等学校で水泳の授業、就学前児童のプール遊びが行われており、2012年度以降学習指導要領は小中学校の水泳授業での飛び込み指導を禁じている水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た国際水泳連盟

    FINA - 国際水泳連盟水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た中学校

    体育ではスクール水着を着用して小学校低学年で水遊びの授業、小学校中学年で浮く・泳ぐ運動の授業、小学校高学年・中学校・高等学校で水泳の授業、就学前児童のプール遊びが行われており、2012年度以降学習指導要領は小中学校の水泳授業での飛び込み指導を禁じている水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た咽頭結膜熱

    咽頭結膜熱 いわゆる「プール熱」水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た世界水泳選手権

    日本語の「水泳」は字義的には「水の中で泳ぐこと」であり、このうち泳ぐ速さを競う競技を特に「競泳」と言う。水泳競技には競泳・飛込・水球・シンクロナイズドスイミング・オープンウォータースイミングなどの競技を含むので、オリンピックや世界水泳選手権、日本選手権水泳競技大会で「水泳」という場合にはこれらすべてを含む場合がある。通常、日本語では「競泳」を指して「水泳」と言うことが多いが、「飛び込み」や「水球」だけを指して「水泳」と言うことはない。英語の「swimming」は日本語の「水泳」をさす場合と「競泳」をさす場合がある。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たゴリラ

    全ての動物は、起源をたどれば、もともとは泳ぐ動物から次第に形態を変化させてきた(進化した)ので、ほとんどの動物は生まれつき泳ぐことができると言われている。また、地球の70%が海で覆われ、陸地にも川・湖・池が多く存在していることから、動物にとって水泳は切っても切れない運動となっている。水中動物や両生類だけではなく、陸上動物や鳥類も生きていくための水や食料(魚貝類)の確保のために水辺に集まって水泳を行うし、他にも水浴、移動のための川の横断、水害からの避難などによって水泳を行うため、ほぼ全ての動物は潜在的には水泳ができるとされている。ヒトやゴリラなどの霊長類も太古から現在まで同様に生きていくための水泳は行っているが、他の動物と比較して相対的には泳ぎがあまり得意ではないと言われている。アメリカ合衆国などではコーチと母親が一緒になって乳幼児をプールに浮かべて泳がせる教室もあり、吸収の速い乳幼児に水に触れさせることで簡単に泳ぎを習得させることに成功している。その時期を超えると、逆に人は訓練無しには泳げなくなってしまう(ちょうど、どんな言葉でも乳幼児の段階で教え始めると「母国語」として簡単に習得できるのに、その時期を逃すと、意識的に習得しなければならなくなってしまうようなことが起きている)。一方で、一度習得すると長い間泳いでいなくても忘れることはなく、最も忘れ難い運動とも言われている。特に泳ぎが下手な人間のことを日本語では俗に「カナヅチ」という(槌参照)。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た熱中症

    水泳は、全身の筋肉と総合的な身体能力を養える運動であり、水圧によるマッサージ効果によって全身の血行が促進されることから、健康維持に有効な運動として注目されている。また、浮力によって重力による負担が軽減されるため、ジョギングなどで起きやすいヒザなどへの故障が少ないことから、リハビリテーションとしても積極的に活用されている。運動時における熱中症の可能性がとても低いので暑いときの運動としても取り入れられている。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た

    おそらく人類はもともと太古から河川・池・湖・などで泳ぐことがあった。日本では、水の中を泳ぐ技術は「水術」と呼ばれ、日本では武術の1つともされた。では水泳はスポーツやレクリエーションとして行われることが多い。水泳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示