100件中 71 - 80件表示
  • 水泳

    水泳から見た英国

    英国には、11歳までに泳ぐことができない児童を対象に、集中的な毎日のレッスンを受けるよう求める「トップアップ制度」がある。スコットランドでは、プライマリ5年生である8歳または9歳の生徒が水泳レッスンを受ける。スコットランドのレッスンは、一般に、STA(水泳教師協会)またはASA(アマチュアスイミングアソシエーション)の2方式の制度に従う。スコットランドの優秀カリキュラムには泳げる距離についての定めがない。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たマッサージ

    水泳は、全身の筋肉と総合的な身体能力を養える運動であり、水圧によるマッサージ効果によって全身の血行が促進されることから、健康維持に有効な運動として注目されている。また、浮力によって重力による負担が軽減されるため、ジョギングなどで起きやすいヒザなどへの故障が少ないことから、リハビリテーションとしても積極的に活用されている。運動時における熱中症の可能性がとても低いので暑いときの運動としても取り入れられている。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たシンガポール

    シンガポールでは、ほとんどの水泳学校が、新加坡体育理事会の支援を得て、2010年7月に新加坡國家水安全理事會によって導入された游泳安全計劃を教えている。游泳安全計劃では、子供たちに泳ぐ方法と水中での安全の保ち方を学ばせる。子供はまた、水の安全性一般、プールの出入り方、水中を前後に移動する方法についても学ぶことができる。游泳安全階段3:個人水生存和中風發展技能では子供たちは水中で生き残る方法と、さまざまなレスキュースキルの扱い方を学ぶ。また100メートル泳ぐ。課程の最後は游泳安全?金:高級個人水生存和游泳技能熟練である。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たパドル

    一般には、水泳を行う際は、アウターウェアとして水着を、インナーウェア(下着)として水着インナーを着用するが、競技によってはインナーウェアの着用が禁止されている場合がある。競泳ではスイムキャップやゴーグルも使用する。シンクロナイズドスイミングのルーティン競技では演技に合わせた水着をデザインし特注品を使うこともある。水球では、相手選手に引っ張られたりしにくい特殊な生地の水着を着用する。初心者が水泳技術を習得したり、トレーニングのために使用する用具として、抵抗を増し推進力をつけるためのパドルやフィン、浮力を得るためのビート板やプルブイなどを使うこともある。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たフィンランド

    スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、5年生の11歳のカリキュラムで、すべての子供が泳ぐ方法と水の近くで緊急事態に対処する方法を学ぶべきだと定めている。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たクロール

    プールを使用して、定められた距離を泳ぎきるのにかかる時間を競う。男女別に行われ、それぞれに個人種目とリレー種目がある。個人種目には、自由形(通常はクロール泳法を用いる、Free Style、略称Fr)、平泳ぎ(Breast Stroke、略称Br)、背泳ぎ(Back Stroke、略称BaまたはBc)、バタフライ(Butterfly Stroke、略称BuまたはFly)の4つの泳法と、4泳法を1人で決められた順番にすべて泳ぐ個人メドレー(Individual Medley、略称IM)がある。リレー種目は、4人とも自由形で泳ぐフリーリレー(略称FR)と、4人が背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ・自由形の順に泳ぐメドレーリレー(略称MR)がある。なお、リレー種目のみ男子2名・女子2名の混合競技がある。距離は、種目により異なるが最短 25m(短水路のみ)から最長 1500m まである。使用されるプールには片道 50m の長水路と、片道 25m の短水路があり、ターンの回数が多い25mプールの方が良い記録が出るため、短水路記録として別に扱われる。泳ぐスタイルやスタート、ターン、リレーの引継ぎなどには細かい規定がある。第1回オリンピックから実施され、世界的に競技人口が多いメジャーな競技とされている。また、競泳を含むスポーツとして、近代五種競技がある。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た日本スポーツ振興センター

    独立行政法人日本スポーツ振興センターの調査では、平成10年度?平成23年における小学校での体育活動による頭頚部の件数及び発生頻度は、競技別割合で水泳が全体の20%を占める。1983年から2013年の過去31年間に、学校管理下におけるプールでの飛び込みにより後遺障害を負った事故は計169件。平成2年から21年までに、学校内での死亡に対し見舞金を支給した事例は陸上競技275件、水泳103件、柔道74件、となっている。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見たアウターウェア

    一般には、水泳を行う際は、アウターウェアとして水着を、インナーウェア(下着)として水着インナーを着用するが、競技によってはインナーウェアの着用が禁止されている場合がある。競泳ではスイムキャップやゴーグルも使用する。シンクロナイズドスイミングのルーティン競技では演技に合わせた水着をデザインし特注品を使うこともある。水球では、相手選手に引っ張られたりしにくい特殊な生地の水着を着用する。初心者が水泳技術を習得したり、トレーニングのために使用する用具として、抵抗を増し推進力をつけるためのパドルやフィン、浮力を得るためのビート板やプルブイなどを使うこともある。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た重力

    水泳は、全身の筋肉と総合的な身体能力を養える運動であり、水圧によるマッサージ効果によって全身の血行が促進されることから、健康維持に有効な運動として注目されている。また、浮力によって重力による負担が軽減されるため、ジョギングなどで起きやすいヒザなどへの故障が少ないことから、リハビリテーションとしても積極的に活用されている。運動時における熱中症の可能性がとても低いので暑いときの運動としても取り入れられている。水泳 フレッシュアイペディアより)

  • 水泳

    水泳から見た中学年

    体育ではスクール水着を着用して小学校低学年で水遊びの授業、小学校中学年で浮く・泳ぐ運動の授業、小学校高学年・中学校・高等学校で水泳の授業、就学前児童のプール遊びが行われており、2012年度以降学習指導要領は小中学校の水泳授業での飛び込み指導を禁じている水泳 フレッシュアイペディアより)

100件中 71 - 80件表示