40件中 11 - 20件表示
  • 水球

    水球から見たプール

    水球(すいきゅう、)は、プールで行われる球技。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見た延長戦

    試合時間は、正味8分を4ピリオド(以下Pと表記)で行われる。この試合時間を計測する時計を「8分計」といい、減算表示されていき「0:00」になるとブザーが鳴る。8分計は正味時間の計測であり、ファールや得点の際には時計が止められる。そのため実際の試合時間は、内容にもよるが1P10分以上、長いときは15分近くかかる。1P・3Pの終了後には2分間の休憩、2P終了後にはハーフタイムと呼ばれる5分の休憩があり、ハーフタイムにはコートチェンジが行われる。4P終了時同点で、勝敗をつけなくてはいけない場合、5分間の休憩後に延長戦が行われる。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たディフェンス

    オーディナリーファールとは攻防中に起こる軽微な反則である。何度犯してもよく、競技の特性上ディフェンスのチームが侵すことが多い。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たイギリス

    19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。著名なことでは、過去に日体大水球部が376連勝(連勝記録No.1-ギネス登録スポーツ無敗記録一覧参照)している。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たハンドボール

    19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。著名なことでは、過去に日体大水球部が376連勝(連勝記録No.1-ギネス登録スポーツ無敗記録一覧参照)している。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見た球技

    水球(すいきゅう、)は、プールで行われる球技水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たスポーツ

    1888年、英国において統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球が英国国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)が米国に渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔てて英国の隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、英国の雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めてハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たドイツ

    1888年、英国において統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球が英国国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)が米国に渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔てて英国の隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、英国の雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めてハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たベルギー

    1888年、英国において統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球が英国国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)が米国に渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔てて英国の隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、英国の雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めてハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たフランス

    一方、フランスではベルギー国境の街で水球が盛んに行われるようになる。そして1900年のパリ万国博覧会の開催に合わせて、第2回パリオリンピックが開催され、団体種目として、そして球技として水球が初めて採用された。試合は、1900年8月11日?12日まで、セーヌ川の特設会場(Basins d’Asnières Courbevoie)で行われ、マンチェスタークラブ(Manchester Osborne Club)のメンバーを代表とする英国が7対2でベルギーに勝利し、初代オリンピックチャンピオンの栄冠を手に入れた。水球 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「水球」のニューストピックワード