45件中 21 - 30件表示
  • 水球

    水球から見たハンドボール

    19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。著名なことでは、過去に日体大水球部が376連勝(連勝記録No.1-ギネス登録スポーツ無敗記録一覧参照)している。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見た水泳

    水球(すいきゅう、)は、プールで行われる球技。水泳競技の一種。7名で構成された2つのチームが、プールに作られたコート内で、ゴールにボールを入れあい点数を競う競技である。体のほとんどが水中にあるために反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が意図的ではなかったとしても日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われている。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見た球技

    水球(すいきゅう、)は、プールで行われる球技。水泳競技の一種。7名で構成された2つのチームが、プールに作られたコート内で、ゴールにボールを入れあい点数を競う競技である。体のほとんどが水中にあるために反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が意図的ではなかったとしても日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われている。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たスポーツ

    1888年、イギリスにおいて統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球がイギリス国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)がアメリカに渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔ててイギリスの隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、イギリスの雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たドイツ

    1888年、イギリスにおいて統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球がイギリス国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)がアメリカに渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔ててイギリスの隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、イギリスの雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たベルギー

    1888年、イギリスにおいて統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球がイギリス国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)がアメリカに渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔ててイギリスの隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、イギリスの雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たフランス

    1888年、イギリスにおいて統一ルールが制定され、スポーツ競技としての水球が確立されたのを契機に、水球がイギリス国外へと伝播した。1888年、イングランドのクラブにおいて水球のプレイ経験をもつジョン・ロビンソン(John Robinson)がアメリカに渡り、はじめて水球を紹介している。数年遅れてロンドンで水球を学んだフリッツ・クニーゼ(Fritz Kniese)は1894年に祖国のドイツで水球を広め、1895年にはドーバー海峡を隔ててイギリスの隣国であるベルギーにも水球が紹介されている。同時期にフランスでも水球が行われるようになったが、組織化された形で発展するのは1898年になってからである。またハンガリーでは、イギリスの雑誌を見ていて水球に興味を持ったフュゼーレッシィ・アールパード(Füzéressy Árpád)が水球のルールブックとボールをハンガリーに導入し、1899年に初めハンガリーで水球の試合が行われた。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たゴールキーパー

    チームは7名以上15名以内で、競技に参加できるのはゴールキーパー(以下GKと表記)1名を含めた7名。そのほかの選手は自陣ベンチに座っていなくてはならない。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たドイツ水球リーガ

    これまで本宮万記弘、佐藤賢一、田中宏児らがスペイン、青柳勧がイタリア、モンテネグロ共和国等、伊禮寛と筈井翔太がスロバキア、塩田義法、坂本将一がドイツ水球リーガ、長沼敦がハンガリー等においてプロ水球選手として活躍。女子選手も小中美沙がクロアチア、矢作美香がハンガリー、現代表の曲山紫乃も海外でプレー経験がある。また、竹井昂司がハンガリーのプロチームHonvedにてプレーをしている。上安久子はワールドカップで得点王を記録している。保田賢也はテレビ番組などの出演で水球の知名度向上を目指している。水球 フレッシュアイペディアより)

  • 水球

    水球から見たイギリス

    19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。著名なことでは、過去に日体大水球部が376連勝(連勝記録No.1-ギネス登録スポーツ無敗記録一覧参照)している。水球 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示