前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示
  • 平成18年台風第13号

    平成18年台風第13号から見た作況指数作況指数

    農業においては、福岡県では集中豪雨の影響で冠水による被害が出た。また、満潮と強風が重なったため筑紫平野を中心に有明海沿岸の広い地域で塩害が発生し、さらにその後の雨量が少なかったため、田畑のほか街路樹や山林にも被害が出た。米については、10月時点の九州の平均作況指数が過去最低の78となるなど北部を中心に影響が大きかった。平成18年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た作況指数作況指数

    戦前の日本における米の反収は、300kg/10a前後と現在の約半分であり、またしばしば凶作に見舞われていた。1933年には作況指数120を記録し、米の在庫が増加したことにより「減反」方針が打ち出された事があるが、翌年東北地方において、冷害から凶作・飢饉が発生したこと、以後は、戦時体制の突入や敗戦による植民地などからの米の移入途絶も相俟って、米の生産調整が行われることは無かった。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年米騒動

    1993年米騒動から見た作況指数作況指数

    1993年(平成5年)は梅雨前線が長期間日本に停滞し、九州地方でもついに梅雨明けの発表がなされないという事態となり、日照不足と長雨による影響で米の作柄が心配されるようになった(←エルニーニョ現象)。結果としてのこの年の日本全国の作況指数は74(評価は「著しい不良」)となった。東北地方ではそれを更に下回った。日本全体で1993年(平成5年)当時1000万トンの需要に対して、収穫量が800万トンを下回る事態となった。政府の農業政策に翻弄されて営農意欲をそがれた農家が深水管理などの基本技術を励行できなかったことも被害を拡大させた。1993年米騒動 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示

「水稲作況指数」のニューストピックワード