前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示
  • 平成18年台風第13号

    平成18年台風第13号から見た作況指数作況指数

    農業においては、福岡県では集中豪雨の影響で冠水による被害が出た。また、満潮と強風が重なったため筑紫平野を中心に有明海沿岸の広い地域で塩害が発生し、さらにその後の雨量が少なかったため、田畑のほか街路樹や山林にも被害が出た。米については、10月時点の九州の平均作況指数が過去最低の78となるなど北部を中心に影響が大きかった。平成18年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年米騒動

    1993年米騒動から見た作況指数作況指数

    1993年(平成5年)は梅雨前線が長期間日本に停滞し、一旦は例年通りに梅雨明け宣言が発表されたものの、8月下旬になって気象庁は沖縄県以外の梅雨明け宣言を撤回するという事態となり、日照不足と長雨による影響で米の作柄が心配されるようになった。結果としてのこの年の日本全国の作況指数は「著しい不良」の水準となる90を大きく下回る74となった。1993年米騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た作況指数作況指数

    日本人の米に対する思い入れは強く、米は最も重要な食べ物とされ主食とされているが、戦前の日本における米の10アール当りの収量は、300キログラム前後と現在の約半分であり、しばしば凶作に見舞われていた。1933年(昭和8年)には作況指数120を記録し、米の在庫が増加したことにより「減反」方針が打ち出された事があるが、翌年東北地方において、冷害から凶作・飢饉が発生するなどし、安定した供給が行われていたわけではない。加えて、階級や貧富、地域などによって大きな違いがあり、雑穀や芋などを常食していた人たちも多く、実際には大半の日本人が米を主食とすることはできなかった。また、戦前は米も通常の物資と同じく市場原理に基づき取引されていたが、1940年(昭和15年)ころには戦時体制へ突入し米不足が深刻化したため、食糧管理制度に基づく配給制となり、政府の管理下に置かれた。減反政策 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
3件中 1 - 3件表示

「水稲作況指数」のニューストピックワード