前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • スターン報告

    スターン報告から見た水素エネルギー水素燃料

    低排出な運輸手段 - 今後数十年は化石燃料ベースと考えられる。排出量を抑え、バイオマス燃料を利用することが重要である。長期的には低炭素の電力源や水素エネルギーへの移行が検討されるべきである。スターン報告 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術

    地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術から見た水素燃料水素燃料

    燃料の転換…たとえばバイオディーゼル、フィッシャー・トロプシュ(FT)法で合成したケロシン、水素燃料が候補に挙げられている(、Box5.4)。地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 フレッシュアイペディアより)

  • スマートフィッシュ

    スマートフィッシュから見た水素燃料水素燃料

    水素燃料を燃料とする燃料電池を動力源とする実験機がドイツ航空宇宙センターといくつかの会社の協力により製造されている。スマートフィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 水素エネルギー

    水素エネルギーから見た水素燃料水素燃料

    水素エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • リフティングボディ

    リフティングボディから見た水素燃料水素燃料

    この他、アメリカ以外の国の宇宙往還機の設計案にもリフティングボディが取り入れられることが多く、例として2007年現在開発が進行中の欧州宇宙機関のホッパーがある。また1990年代初頭にアメリカの航空技術者バーナビー・ウェインファン(Barnaby Wainfan)により開発されたホームビルト飛行機のファセットモービルや、2007年現在ドイツで開発中の水素燃料を用いた複座ジェット機スマートフィッシュなどがリフティングボディ機として言及されている。リフティングボディ フレッシュアイペディアより)

  • サンシャイン計画

    サンシャイン計画から見た水素燃料水素燃料

    2000年まで、石炭の液化、地熱利用、太陽光発電、水素エネルギーの各技術開発に重点を置かれていた。太陽熱発電については、日照時間の長さから香川県仁尾町(現三豊市仁尾町)に平面ミラーによるタワー集光型太陽熱発電装置と曲面ミラーとパラボラミラーによる集光型太陽熱発電装置とが設置されたが、出力が計画値を大幅に下回った(想定降水量を下回ったためにミラーの埃を落せず想定出力を得られなかったとする説がある)ため結局廃棄された。高温岩体発電は、1977年に岐阜県焼岳で実験が開始された。サンシャイン計画 フレッシュアイペディアより)

  • 最首公司

    最首公司から見た水素エネルギー水素燃料

    1956年上智大学新聞学科卒業。東京新聞入社。社会部、編集企画委員、経済部、編集委員、中日新聞編集委員。中東、エネルギー問題を担当。イスラム経済研究会会員。エネルギー業界を代表する「石油文化賞」、「エネルギーフォーラム/普及啓発賞」受賞。日本アラブ協会理事、NPO燃料電池・水素エネルギー・ネットワーク理事、(社)海洋産業研究会客員研究員、最首事務所代表。最首公司 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・バス・フォー・ロンドン

    ニュー・バス・フォー・ロンドンから見た水素燃料水素燃料

    この設計案では前輪の後の開閉式前部ドアから障害者の乗降が可能であったが、後部には開放式プラットフォームが残されており、階段も後部に位置していた。ハイブリッド方式は、車体前部に置かれた常時稼動の水素燃料化されたガソリンエンジンが車体前部のバッテリーに充電し、この電気が車体後部の電気モーターを通して後輪を駆動した。この配置ではトランスミッションを通す必要が無く、低い床と後部プラットフォームから下部デッキへの段差の無い床面が実現されていた。ニュー・バス・フォー・ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • 内田裕久

    内田裕久から見た水素エネルギー水素燃料

    希土類系化合物、超強力磁石、薄膜化超磁歪材、水素吸蔵合金、超高真空下における気体と金属の反応機構、太陽エネルギーの水素吸蔵合金による貯蔵などに関する研究活動は活発である。学術論文、著書、翻訳等、発表数は288報以上、新聞コラム・インタビュー記事など230報以上、200件以上の国際会議発表のうち、50件以上は招待講演・基調講演が占める。特に水素吸蔵合金の研究では世界的にも著名で、国際水素エネルギー協会 (IAHE) 副会長・理事・顧問、日本水素エネルギー協会 (HESS) 評議員を務める。愛媛県西条市に水素エネルギーシステムを導入し、産業排熱と水素吸蔵合金を利用した水素冷凍技術を利用した冷水製造システムを農業、水産業に適用できることを実証している。西条市では水素冷凍技術を利用した「水素いちご栽培」、「幻の魚サツキマスの陸上養殖」を実現し、愛媛大学はトマト栽培への利用を実証中である。水素吸蔵合金を利用した「水素いちご栽培」の実現により、四季を通した連続栽培が可能になりつつある。西条市における排熱と水素吸蔵合金を利用した水素イチゴ栽培、陸上養殖は、従来の冷水製造維持管理技術に比べ、80%以上の省エネ効果を実証している。2010年、ドイツ、エッセン市で開催された世界水素エネルギー会議 世界水素エネルギー会議 (WHEC2010) では日本のエネルギー政策と水素エネルギーの利用と現状に関する基調講演を行った(H. Uchida, Plenary Talk “Policy and action Program in Japan - Hydrogen Technology as Eco Technology”, Proceedings of the 18th World Hydrogen Energy Conference 2010 ? WHEC2010, Schriften des Forschungszentrum Juelich, Germany, Volume78, ISBN 978 - 3 ? 89336 - 658 - 3, pp.105 ? 115. )。内田裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素25%削減

    二酸化炭素25%削減から見た水素燃料水素燃料

    具体的な手法は発表されていないが25%もの削減をするためには、新築住宅への太陽光パネルの設置義務付け、光ファイバーを用いた太陽光の室内での有効利用の促進、ガソリン車の販売禁止などの規制強化、住宅の耐熱化、排高能率給湯器の導入促進、排出権取引・環境税・炭素税の導入、産業活動の抑制(粗鋼生産やセメント生産などの削減)、炭素を還元剤に使わない水素による直接還元製鉄技術の促進 、バイオエタノールの促進、廃食油の燃料利用 、地熱発電、風力(海上での風力発電も含む)・潮汐力・原子力発電(高速増殖炉)、火力発電でのコンバインドサイクルやガス化複合発電、マイクロ水力発電、コージェネレーション・熱電変換素子等を用いた廃熱利用、ナノ材料技術を用いた水素燃料貯蔵技術による燃料電池、二酸化炭素貯留技術の促進、送配電での高電圧化・超電導化・直流化、昼間と夜間での電力需要の違いを夜間操業などによって均衡化させて効率を上げる企業側への優遇策導入、メタンガスを利用したバス運行システム、ドイツと比べて低い鉄道輸送での効率を上げる産業界揚げての積極的なロジスティクス改革と優遇策導入、凧を用いた海上輸送、渋滞を緩和させるシステムや高速道路の整備、よく起こる渋滞時の速度での燃焼効率の向上(制限速度での燃焼効率の向上は行われている)、「Just In Time」「Made For You」など在庫や廃棄物を極力押さえる生産管理方法の優遇策導入、適地適作・地産地消の推進、電子書籍の推進による紙メディアの削減、省働化促進による全体的な効率向上での光熱費に代表されるエネルギー消費削減のための経営改善支援策や優遇策導入などが必要になると思われる。二酸化炭素25%削減 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「水素エネルギー」のニューストピックワード