24件中 11 - 20件表示
  • 銅-塩素サイクル

    銅-塩素サイクルから見た水素燃料水素燃料

    銅-塩素サイクル(どう-えんそサイクル、Copper-chlorine cycle、Cu-Clサイクル)は、水素製造に使われる反応プロセスの一つ。Cu-Clサイクルは、必然的に4つの化学反応を含むが、正味の反応は水の酸素と水素への分解である熱化学水素製造プロセスの一つである。化学物質はすべて再利用され、またCu-Clサイクルは熱を必要とする。銅-塩素サイクル フレッシュアイペディアより)

  • リフティングボディ

    リフティングボディから見た水素燃料水素燃料

    この他、アメリカ以外の国の宇宙往還機の設計案にもリフティングボディが取り入れられることが多く、例として、計画中止となったロシアのクリーペルや2007年現在開発が進行中の欧州宇宙機関のホッパーがある。また1990年代初頭にアメリカの航空技術者バーナビー・ウェインファン(Barnaby Wainfan)により開発されたホームビルト飛行機のファセットモービルや、2007年現在ドイツで開発中の水素燃料を用いた複座ジェット機スマートフィッシュなどがリフティングボディ機として言及されている。リフティングボディ フレッシュアイペディアより)

  • サンシャイン計画

    サンシャイン計画から見た水素燃料水素燃料

    2000年まで、石炭の液化、地熱利用、太陽熱発電、水素エネルギーの各技術開発に重点を置かれていた。サンシャイン計画 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・バス・フォー・ロンドン

    ニュー・バス・フォー・ロンドンから見た水素燃料水素燃料

    この設計案では前輪の後の開閉式前部ドアから障害者の乗降が可能であったが、後部には開放式プラットフォームが残されており、階段も後部に位置していた。ハイブリッド方式は、車体前部に置かれた常時稼動の水素燃料化されたガソリンエンジンが車体前部のバッテリーに充電し、この電気が車体後部の電気モーターを通して後輪を駆動した。この配置ではトランスミッションを通す必要が無く、低い床と後部プラットフォームから下部デッキへの段差の無い床面が実現されていた。ニュー・バス・フォー・ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • 玉浦裕

    玉浦裕から見た水素エネルギー水素燃料

    太陽エネルギーから水素エネルギーへの変換、化石燃料と太陽エネルギーを組み合わせたソーラーハイブリッド燃料生産技術の開発を専門とする。1988年国際フェライト最優秀論文賞、1993年CELSS学会論文賞、生2003年態工学会賞学術賞を受賞。玉浦裕 フレッシュアイペディアより)

  • 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所

    九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所から見た水素エネルギー水素燃料

    カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(カーボンニュートラル・エネルギーこくさいけんきゅうじょ、英称: International institute for carbon-neutral energy research、略称: I2CNER(アイスナー))は、低炭素社会の実現に向けて、水素エネルギー利用と CO2 の回収・貯留に関する課題を、原子レベルから地球規模の科学の融合により解決を目指す九州大学に設立された研究拠点。九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨交通

    山梨交通から見た水素燃料水素燃料

    2012年4月9日から、山梨交通では水素燃料バスの営業運行を開始した。これはディーゼルエンジンを水素燃料エンジンに改造したバス1台を導入し、水素燃料の使用による二酸化炭素削減効果や事業性・採算性、他地域への波及性に対する検証を行うために実証運行に踏み切ったもので、導入に当たっては環境省の委託事業である「チャレンジ25地域づくり事業」を活用している。日本における水素燃料バスの公道走行は東京都市大学の送迎バスに続く2例目であり、路線バスで営業運行するのは日本で初めての事例となる。山梨交通 フレッシュアイペディアより)

  • ポートアイランド

    ポートアイランドから見た水素燃料水素燃料

    3月29日:水素エネルギー技術開発事業の一環として1MW級ガスタービン発電設備「水素CGS」が整備開始。ポートアイランド フレッシュアイペディアより)

  • ロータリーエンジン

    ロータリーエンジンから見た水素燃料水素燃料

    4ストロークレシプロエンジンと同様にオットーサイクルやディーゼルサイクルでの熱力学的動作が可能だが、実用化されたのはオットーサイクルのガソリン燃料火花点火機関であり、ガソリンに代えて水素燃料を使える物も試作されている。ロータリーエンジンの性能基準となる「エンジン回転数」は、ローターではなくエキセントリックシャフトの回転数であり、これが四サイクルレシプロエンジンのクランクシャフト回転数に相当する。ロータリーエンジンは1ローター当たり、エンジン1回転に1回単室容積分の空気を吸入するため、1気筒当たり、エンジン2回転に1回単気筒容積分の空気を吸入する四サイクルレシプロエンジンの2倍の吸気回数を持つ(詳しくは下記「動作」を参照のこと)。すなわち、ロータリーエンジンの実質吸気量は「単室容積xローター数x2」となる。ロータリーエンジンデビュー期のモータースポーツにおいては、この考え方により排気量区分が換算されていた。しかし実際問題としてロータリーエンジンの出力は「単室容積xローター数x1.5」程度の換算吸気量のレシプロエンジンと同等でしか無いため、日本においては自動車税課税時の排気量区分は「単室容積×ローター数×1.5」として換算される。レシプロエンジンの2倍の空気(と燃料)を吸入しながら出力は1.5倍しか得られないため「燃料消費率が3割悪い」という素性を持ち、特にモータースポーツ分野においては燃料タンクサイズや燃料消費に伴う車重変化まで考慮するとレシプロエンジンとの平等な排気量換算は不可能である。そのため競技の性格(スプリントか耐久か)によって異なる換算係数が用いられたり、またF1などのように使用を認めない競技がある。ロータリーエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ジェットエンジン

    ジェットエンジンから見た水素燃料水素燃料

    現代につながるジェットエンジンは、イギリス空軍の技術士官フランク・ホイットルとドイツの技術者ハンス・フォン・オハインがそれぞれ独立に考え出したターボジェットエンジンである。ホイットルは1920年代からジェットエンジンの研究を始め、1937年4月にパワージェットと呼ばれるターボジェットを完成させた。ホイットルのチームがジェットエンジンの実験を最初に行なったとき、燃料の供給を止めた後に燃料が逆流して溢れ出し、それが燃え尽きるまでエンジンが止まらずパニックになりそうになったというエピソードが残っている。一方、オハインは当時の航空機業界の大物だったエルンスト・ハインケルに招聘され、ハインケルで1936年からジェット推進機関の研究を始めた。そうしてオハインが水素燃料式のHeS 1を経て完成させたHeS 3はHe178に搭載され、同機は1939年8月に世界初のターボジェットエンジンによる飛行を成し遂げた。またホイットルが開発に参加したターボジェット機グロスター E.28/39はHe178に約2年遅れて1941年5月に本格的な飛行を行っている。ジェットエンジン フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「水素エネルギー」のニューストピックワード