前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 畑中蓼坡

    畑中蓼坡から見た水谷八重子水谷八重子

    滞米15年ののち、42歳になる1919年(大正8年)に帰国、新劇の劇団「芸術座」に入団するが、同年1月5日の松井須磨子により同劇団はまもなく解散、中外社社主で『中外』誌主幹内藤民治の資金的援助を受け、劇団「新劇協会」を旗揚げする。アントン・チェーホフの『叔父ワーニャ』を日本初演し、演出家・俳優として活躍する。同年、上山草人の推薦で「近代劇協会」から伊沢蘭奢が新劇協会に移籍している。1920年(大正9年)2月、民衆座の水谷八重子主演、石井漠振付による『青い鳥』を演出する。畑中蓼坡 フレッシュアイペディアより)

  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た水谷八重子水谷八重子

    出演:水谷八重子、金田龍之介、大久保彰久、小柳修次、京塚昌子、光本幸子、大矢市次郎近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎抜天

    長崎抜天から見た水谷八重子水谷八重子

    1954年12月14日、「ゆうもあくらぶ」の設立に参加、賛同者は徳川夢声、石黒敬七、石田博英、江崎真澄、水谷八重子、春風亭柳橋、高橋掬太郎、宮田重雄、田河水泡、田村泰次郎、昔々亭桃太郎、榎本健一、松田トシ、並木一路、松内則三、古賀政男、内海突破ら47人。同日日比谷公会堂で発会式を行った。長崎はのちに同クラブの理事長を歴任した。長崎抜天 フレッシュアイペディアより)

  • 冬の花火

    冬の花火から見た水谷八重子水谷八重子

    新生新派の主事をしていた川口松太郎から申込みがあり、母親を花柳章太郎、数枝を水谷八重子という配役で東劇で上演されることが決まったが、1946年12月上旬、GHQから上演中止を命じられた。冬の花火 フレッシュアイペディアより)

  • センチュリーベストナイン

    センチュリーベストナインから見た水谷八重子水谷八重子

    西田ひかる(タレント)、中居正広(タレント)、テリー伊藤(演出家)、水谷八重子(女優)、浅利慶太(劇団四季代表)、池井優(歴史学者)、柳本元晴(週刊ベースボール編集長)、二階堂昭雄(毎日新聞社・野球殿堂選考委員)、渋沢良一(セリーグ事務局長)、村田繁(パリーグ事務局長)、幸山勉(共同通信社・野球殿堂選考委員)、金井義明(コミッショナー事務局長)、迫田泰敏(読売新聞社運動部局長)センチュリーベストナイン フレッシュアイペディアより)

  • 野口達二

    野口達二から見た水谷八重子水谷八重子

    水谷八重子』編 ;高橋誠一郎 ほか著 立風書房 1979野口達二 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷青児

    東郷青児から見た水谷八重子水谷八重子

    1940年(昭和15年) - みつ子との間に長女、東郷たまみ(のちに水谷八重子、朝丘雪路とトリオを組んで歌手デビューし、その後画家になり、二科会会長も務める)誕生。東郷青児 フレッシュアイペディアより)

  • どりこの

    どりこのから見た水谷八重子水谷八重子

    野間は「幾ら使っても構わない」と部下に指示し、大々的なキャンペーンを企画する。「キング」などの当時の講談社の雑誌紙上のみならず、試飲会やパレード、懸賞などあらゆる手段が用いられた。また歌手の東海林太郎、女優の水の江滝子、飯田蝶子、水谷八重子、作家の山中峯太郎などの著名人が、「どりこの」ファンであると紹介され、人気漫画の「のらくろ」(受験生への需要を狙い、起用されたという)や、女優の山路ふみ子を用いた広告も展開された。1931年(昭和6年)に大阪で開催された満蒙大博覧会には、高さ21mの「どりこの塔」が展示され、大きな話題を呼んだ。こうしたキャンペーンの結果、1931年だけでも販売数220万本を超える人気商品となった。また海外にも「DRINKALL」や「得力根」の名で輸出された。どりこの フレッシュアイペディアより)

  • 藤間勘祖 (2世)

    藤間勘祖 (2世)から見た水谷八重子水谷八重子

    歌舞伎俳優の多くは、彼に日本舞踊を教わる。舞踊家も丁寧に指導した。六代目尾上菊五郎時代からの知己で、名古屋西川流二世家元の西川鯉三郎と三世家元西川右近親子。女優の水谷八重子、尾上流家元尾上菊之丞ほか。藤間勘祖 (2世) フレッシュアイペディアより)

  • 月澄江

    月澄江から見た水谷八重子水谷八重子

    第二次世界大戦の終結後は、1949年(昭和24年)に夫は映画界に復帰したが、月は舞台畑を歩んだ。新派の「水谷八重子一座」に参加、テレビドラマにも出演した。1961年(昭和36年)引退。1996年(平成8年)6月6日、夫の小林重四郎が吉幾三一座の舞台の途中に倒れ、死去した(満87歳没)。『日本映画俳優全集・男優編』の小林の項目には、3男1女ありとあるが、これは月の連れ子(「中川」姓)がカウントされておらず、「夫人(月澄江)の姉は女優の五月信子」とあるのは前述の通り、月の母の妹の誤りである。月の前夫については定かではない。月澄江 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「水谷八重子」のニューストピックワード