前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た水谷八重子水谷八重子

    出演:水谷八重子、金田龍之介、大久保彰久、小柳修次、京塚昌子、光本幸子、大矢市次郎近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

  • 籠釣瓶花街酔醒

    籠釣瓶花街酔醒から見た水谷八重子水谷八重子

    戦後依田義賢の原作で「花の吉原百人斬り」という題で映画化され、片岡千恵蔵の次郎左衛門、水谷良恵(現水谷八重子)の八ツ橋で好評であった。のち、新派でも花柳章太郎の次郎左衛門と水谷の八ツ橋で取り上げられた。籠釣瓶花街酔醒 フレッシュアイペディアより)

  • 田岡敬一

    田岡敬一から見た水谷八重子水谷八重子

    その後『囲碁春秋』を離れ、細谷辰雄宅に居候しながら『演劇評論』誌の同人となる。獅子文六「断髪女中」を脚色したものが水谷八重子により国際劇場で上演され、新興キネマにスカウトされるが1ヶ月半で退社し、次いで松竹に入社する。戦後になって鶴田浩二とプロダクション「新生プロ」を設立して『薔薇と拳銃』などを制作。プロダクション解散後は新東宝の映画やNHKラジオドラマの脚本を執筆。ドラマ「しろうと探偵局」の脚本で局側と対立して業界から遠ざかる。田岡敬一 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎抜天

    長崎抜天から見た水谷八重子水谷八重子

    1954年12月14日、「ゆうもあくらぶ」の設立に参加、賛同者は徳川夢声、石黒敬七、石田博英、江崎真澄、水谷八重子、春風亭柳橋、高橋掬太郎、宮田重雄、田河水泡、田村泰次郎、昔々亭桃太郎、榎本健一、松田トシ、並木一路、松内則三、古賀政男、内海突破ら47人。同日日比谷公会堂で発会式を行った。長崎はのちに同クラブの理事長を歴任した。長崎抜天 フレッシュアイペディアより)

  • 月澄江

    月澄江から見た水谷八重子水谷八重子

    第二次世界大戦の終結後は、1949年(昭和24年)に夫は映画界に復帰したが、月は舞台畑を歩んだ。新派の「水谷八重子一座」に参加、テレビドラマにも出演した。1961年(昭和36年)引退。1996年(平成8年)6月6日、夫の小林重四郎が吉幾三一座の舞台の途中に倒れ、死去した(満87歳没)。『日本映画俳優全集・男優編』の小林の項目には、3男1女ありとあるが、これは月の連れ子(「中川」姓)がカウントされておらず、「夫人(月澄江)の姉は女優の五月信子」とあるのは前述の通り、月の母の妹の誤りである 。月の前夫については定かではない。月澄江 フレッシュアイペディアより)

  • 藤間勘祖 (2世)

    藤間勘祖 (2世)から見た水谷八重子水谷八重子

    歌舞伎俳優の多くは、彼に日本舞踊を教わる。舞踊家も丁寧に指導した。六代目尾上菊五郎時代からの知己で、名古屋西川流二世家元の西川鯉三郎と三世家元西川右近親子。女優の水谷八重子、尾上流家元尾上菊之丞ほか。藤間勘祖 (2世) フレッシュアイペディアより)

  • アテネ・フランセ

    アテネ・フランセから見た水谷八重子水谷八重子

    水谷八重子(初代)(新派女優)アテネ・フランセ フレッシュアイペディアより)

  • 豊川順彌

    豊川順彌から見た水谷八重子水谷八重子

    当時はまだ世界的にも珍しかった空冷アレス号は1924年、豊川家の先祖の姓「大伴」と'Automobile'をかけて「オートモ号」と改称され、発売された。オートモ号は東京 - 大阪間40時間ノン・ストップ走行の成功、東京・洲崎で行われた自動車レースに唯一の国産車として出走し予選1位、決勝2位の好成績を収めるなどその高性能と信頼性を大いにアピール、販売面でも女優の水谷八重子らをモデルに起用したカタログを作る等の努力を行い、日本製乗用車として初めてまとまった数が生産されることとなり、1927年までに約300台が生産され、上海へ輸出もされた。豊川順彌 フレッシュアイペディアより)

  • どりこの

    どりこのから見た水谷八重子水谷八重子

    野間は「幾ら使っても構わない」と部下に指示し、大々的なキャンペーンを企画する。「キング」などの当時の講談社の雑誌紙上のみならず、試飲会やパレード、懸賞などあらゆる手段が用いられた。また歌手の東海林太郎、女優の水の江滝子、飯田蝶子、水谷八重子、作家の山中峯太郎などの著名人が、「どりこの」ファンであると紹介され、人気漫画の「のらくろ」(受験生への需要を狙い、起用されたという)や、女優の山路ふみ子を用いた広告も展開された。1931年(昭和6年)に大阪で開催された満蒙大博覧会には、高さ21mの「どりこの塔」が展示され、大きな話題を呼んだ。こうしたキャンペーンの結果、1931年だけでも販売数220万本を超える人気商品となった。また海外にも「DRINKALL」や「得力根」の名で輸出された。どりこの フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田松竹

    早稲田松竹から見た水谷八重子水谷八重子

    2009年12月19日から25日、小津安二郎監督の映画『麦秋』の舞台化を記念して『麦秋』『秋日和』が上映された。20日には舞台の脚本、演出を務めた山田洋次監督、出演者の水谷八重子、波乃久里子、瀬戸摩純、映画に出演した淡島千景(スペシャルゲスト)がトークショーを行っている。早稲田松竹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「水谷八重子」のニューストピックワード