1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 有楽座 (旧)

    有楽座 (旧)から見た水谷八重子水谷八重子

    1920年2月11 - 17日 - 民衆座、畑中蓼波・水谷八重子・夏川静枝・友田恭助ら、メーテルリンク作・楠山正雄訳:『青い鳥』有楽座 (旧) フレッシュアイペディアより)

  • 成沢昌茂

    成沢昌茂から見た水谷八重子水谷八重子

    1967「華岡青洲の妻」有吉佐和子原作 南田洋子、岡田英次、水谷八重子(初代)成沢昌茂 フレッシュアイペディアより)

  • 斜陽

    斜陽から見た水谷八重子水谷八重子

    銀河テレビ小説 ドラマでつづる昭和シリーズ『斜陽』(1975年、NHK、出演:八千草薫、水谷八重子、神山繁、山本圭)斜陽 フレッシュアイペディアより)

  • 国際活映

    国際活映から見た水谷八重子水谷八重子

    寒椿 監督畑中蓼坡、原作小島孤舟、脚本桝本清、撮影酒井健三、出演井上正夫、水谷八重子、吉田豊作、高勢実乗、林千歳、水島亮太郎 ※角筈国際活映 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷青児

    東郷青児から見た水谷八重子水谷八重子

    1940年(昭和15年) - みつ子との間に長女、たまみ誕生(のちに水谷八重子、朝丘雪路とトリオを組んで歌手デビューし、その後画家になり、二科会会長も務める)。東郷青児 フレッシュアイペディアより)

  • 下田市

    下田市から見た水谷八重子水谷八重子

    唐人お吉 :1935年、新興キネマ。監督-冬島泰三 出演-水谷八重子、沢村田之助、早川雪州下田市 フレッシュアイペディアより)

  • 東京物語

    東京物語から見た水谷八重子水谷八重子

    出演は水谷八重子(とみ)、安井昌二(周吉)、瀬戸摩純(紀子)、英太郎(飲み屋の女将加代)、波乃久里子(志げ)など。東京物語 フレッシュアイペディアより)

  • 泉鏡花

    泉鏡花から見た水谷八重子水谷八重子

    1946年版(大映、木村恵吾監督)出演・水谷八重子、夏川大二郎泉鏡花 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た水谷八重子水谷八重子

    1925年3月、NHKの前身である社団法人東京放送局がラジオ放送を開始。そのわずか1ヶ月後に「映画劇せりふ」の番組内でサイレント映画『大地は微笑む』の台詞劇が放送された。この時の声の出演は新派劇俳優の井上正夫、女優の栗島すみ子などであった。専門職としてではないが、実質的に彼らが「日本で最初の声優」である。同年7月には舞台中継をスタジオで再現した『桐一葉』(出演:中村歌右衛門 (5代目)など)、さらに日本初の本格的なラジオドラマとして『大尉の娘』(出演:井上正夫、水谷八重子)が放送される。同年9月、東京放送局は声だけで演技を行う専門の俳優としてラジオドラマ研究生を公募。百余名の応募者のうち12名の女性が選ばれ、11月にラジオドラマ『太っちょう』に声をあてる。声優の歴史に関する多くの資料では彼女たちが「日本の声優第1号」とみなされている。この当時は新聞では「ラヂオ役者」と呼称していた。また、この頃(主に1930年代)活躍していた者として舞台女優の飯島綾子が挙げられる。彼女はラジオドラマの他に日本舞踊家や歌手(流行歌・歌謡曲・童謡オペレッタ)としても多彩な活動をしていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 畑中蓼坡

    畑中蓼坡から見た水谷八重子水谷八重子

    滞米15年ののち、42歳になる1919年(大正8年)に帰国、新劇の劇団「芸術座」に入団するが、同年1月5日の松井須磨子により同劇団はまもなく解散、中外社社主で『中外』誌主幹内藤民治の資金的援助を受け、劇団「新劇協会」を旗揚げする。アントン・チェーホフの『叔父ワーニャ』を日本初演し、演出家・俳優として活躍する。同年、上山草人の推薦で「近代劇協会」から伊沢蘭奢が新劇協会に移籍している。1920年(大正9年)2月、民衆座の水谷八重子主演、石井漠振付による『青い鳥』を演出する。畑中蓼坡 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「水谷八重子」のニューストピックワード