水資源 ニュース&Wiki etc.

資源(しげん、Resource)は、人間の生活や産業等の諸活動の為に利用可能なものをいう。広義には人間が利用可能な領域全てであり、狭義には諸活動に利用される原材料である。 (出典:Wikipedia)

「水資源」Q&A

  • Q&A

    数年前に旅行も兼ねて北海道にいる親戚の家に遊びにいきました。 その親戚の家は峠の登…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月12日 00:04

  • Q&A

    静岡県って魅力がないところらしいのですが。 静岡県の本当の魅力は風光明媚な山と海を持…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2017年1月9日 01:01

  • Q&A

    「氷解する」という表現、疑問の解決を形容するにとてもふさわしいと思いませんか? 理由…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月9日 00:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「資源」のつながり調べ

  • 鉄

    から見た資源

    日本では古来からたたら吹き(鑪吹き、踏鞴吹き、鈩吹き)と呼ばれる製鉄技法が伝えられているが、現在では島根県安来市の山中奥出雲町等の限られた場所で日本刀の素材製造を目的として半ば観光資源として存続しているが、それと並存し和鋼の進化の延長上にもある先端的特殊鋼に特化した日立金属安来工場がある。鉄鉱石を原料とする日本の近代製鉄は1858年1月15日(旧暦1857年(安政4年)12月1日)に始まったと言われ、幕末以降欧米から多数の製鉄技術者が招かれ日本の近代製鉄は急速に発展した。現在の日本では、鉄鉱石から鉄を取り出す高炉法とスクラップから鉄を再生する電炉法で大半の鉄鋼製品が製造されている。高炉から転炉や連続鋳造工程を経て最終製品まで、一連の製鉄設備が揃った工場群のことを銑鋼一貫製鉄所(もしくは単に製鉄所)と呼び、臨海部に大規模な製鉄所が多数立地していることが、日本の鉄鋼業の特色となっている。日本では電炉法による製造比率が粗鋼換算で30 %強を占める。鉄が社会を循環する体制が整備されており、鉄のリサイクル性の高さと日本における鉄蓄積量の大きさを示している。鉄スクラップは天然資源に乏しい日本にとって貴重な資源であり、これをどう利用するかが、注目されるべき課題とされている。( フレッシュアイペディアより)

  • 費用便益分析

    費用便益分析から見た資源

    現在、日本を含む一部の国等において費用便益分析による評価法が政府等の基準として定められているが、いずれも、私的費用便益分析からこれが導かれた際に不適切な処理がなされた結果、財務的効率の要素を部分的に残しており、真の意味での経済的効率を評価するものとはなっていない。このために、より長寿命の施設を提供する公的事業ほど相対的に不利に評価されるほか、基準に則って事業効率の向上に努めれば逆に経済的効率を低下させることとなり兼ねない。これらのことは資源浪費や地球環境悪化にもつながる。早急に真の意味での経済的効率に基づく評価法に改める必要がある。(費用便益分析 フレッシュアイペディアより)

「資源」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「水資源」のニューストピックワード