373件中 91 - 100件表示
  • 北大西洋海産哺乳動物委員会

    北大西洋海産哺乳動物委員会から見た資源資源

    北大西洋海産哺乳動物委員会(きたたいせいよう・かいさんほにゅうどうぶつ・いいんかい、North Atlantic Marine Mammal Commission、NAMMCO)は、クジラを主とする海洋資源の管理を行うための国際機関である。アイスランド、ノルウェー、グリーンランド自治政府、フェロー自治政府の4カ国によって1992年7月9日に設立された機関で、海洋法に基づく海洋生物資源の保全と利用を目指すことを掲げている。北大西洋海産哺乳動物委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 雄勝石復興プロジェクト

    雄勝石復興プロジェクトから見た資源資源

    雄勝石復興プロジェクトの目的は、主に1)雄勝石の伝統と文化を再生保存することで、雄勝の復興を支えていくこと。?2)更なる発展のために永続的支援を行っていくこと。?3)現存する雄勝石の文化的・伝統的財産等の掘起しと発信、更に発展した資源文化の創生から需要を創出し、人材と雇用の形成に寄与することである。雄勝石復興プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 地球産業文化研究所

    地球産業文化研究所から見た資源資源

    一般財団法人地球産業文化研究所(いっぱんざいだんほうじんちきゅうさんぎょうぶんかけんきゅうじょ、Global Industrial and Social Progress Research Institute, GISPRI)は、地球規模での資源・環境問題や、国際システム・産業・経済・文化・社会のあり方についての調査研究のために設立されたシンクタンクである。地球産業文化委員会を開催し、これらの問題についての政策提言を行っている。1988年12月1日に財団法人として設立され、2012年4月1日に一般財団法人に移行した。略称はGISPRIまたは地球研。地球産業文化研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼の大地

    鋼の大地から見た資源資源

    人類は地球の資源を使いきり、母なる大地は臨終し、生物は住めなくなった。それでも人類の文明技術は、星の死亡によっても、人類を生き続けることを可能にした。人類は卓越した技術を使い、滅亡する前の地球に生きていた生物をモチーフに亜麗百種とよばれる新たな霊長類を作り出した。鋼の大地 フレッシュアイペディアより)

  • 新エネルギー財団

    新エネルギー財団から見た資源資源

    さまざまなエネルギーの種類のうち、新しいエネルギーとされるエネルギー資源の導入・利用とその普及や啓発を消費者や社会に促すため、該当する製品、システム、方式とそれらを導入し、設置したものを表彰し授与される各賞の総称。1996年(平成8年)度から始まり毎年度ほぼ15件前後の経済産業大臣賞、資源エネルギー庁長官賞、当財団会長賞などを授与する。受賞した企業・法人は新しいとされるエネルギー利用とその導入をアピールするため「新エネ大賞エンブレム」を広報媒体に表示したり、エンブレムを付加することができる。新しいエネルギーを利用する自動車、機器、システムの開発・製品化した法人や導入したユーザである法人などは自ら応募し、審査を経て表彰される。新エネ大賞は英語で「NEW ENERGY WARD」と名付けられる。新エネルギー財団 フレッシュアイペディアより)

  • 放送コード

    放送コードから見た資源資源

    放送はジャーナリズム機能を持ったマスメディアである。ニュースやドキュメンタリーに限らず他の番組についても程度の差こそあれ、ジャーナリズム性を帯びているといえる。加えて放送には聴覚性、視覚性、同時性、臨場性があり、他の活字メディアに比べ受け手に与えるインパクトがはるかに強く、社会的影響力が大きい。また活字メディアである新聞や雑誌は誰でも自由に刊行できるが、放送事業は電波を使わなければ成立しないメディアである。電波は周波数の兼ね合いから、天然資源と同様に有限・希少な資源である。すなわち電波は「国民の共有財産」であり、放送局は国民の共有財産をその負託を受けて利用しているということになる。すなわち「社会的影響力の大きさ」「電波利用」の二つの特徴から「公共性」が極めて高いということになり、放送にはなにがしかの規制が必要となるとされる。放送コード フレッシュアイペディアより)

  • 炭

    から見た資源資源

    アジア各地やアフリカで製材の際に出る廃棄物として捨てられていたおが屑やヤシ殻、ピーナッツ殻は日本の技術指導によりオガ炭などの成形木炭を生産する工場も現れ資源の有効利用として活用されている。 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット端末

    インターネット端末から見た資源資源

    インターネット端末(インターネットたんまつ)とは、何らかの方法でインターネットに接続して、インターネット上の資源の利用を可能とするような機能を持った装置。2006年(平成18年)現在ではウェブブラウザの機能を持つものをさす事が多く、ほかに電子メールクライアントや各種のインスタントメッセンジャーのクライアントなどの機能を併せ持つ場合も多い。インターネット端末 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た資源資源

    世の中にある資源は有限であり、希少性を有する。社会においてはさまざまな財(商品)が生産され、交換・分配などのプロセスを経て消費されるが、資源の希少性ゆえ要求されるすべての商品が供給できるとは限らない。経済はそれらの要求に応じて供給を決定し、実行するシステムである。経済 フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデの経済

    カーボベルデの経済から見た資源資源

    カーボベルデは西アフリカ、大西洋上に浮かぶ小さな島国であり、資源に乏しく、厳しい旱魃にさらされている。降雨量が少なく、農業はわずかに4つの島で営まれているに過ぎない。カーボベルデの人口のおよそ7割は地方に居住しているが、国内総生産(GDP)の大半はサービス業で生み出され、農林水産業の比重は低い。カーボベルデの経済 フレッシュアイペディアより)

373件中 91 - 100件表示

「水資源」のニューストピックワード