373件中 11 - 20件表示
  • DEAD SPACE

    DEAD SPACEから見た資源資源

    時は26世紀、地球の資源が枯渇し、世界中の国々が宇宙開拓へと乗り出していった。DEAD SPACE フレッシュアイペディアより)

  • 海洋エネルギー資源開発促進日本海連合

    海洋エネルギー資源開発促進日本海連合から見た資源資源

    海洋エネルギー資源開発促進日本海連合(かいようエネルギーしげんかいはつそくしんにほんかいれんごう)とは、海底資源を共同調査するための自治体の広域連合。秋田県から島根県までの日本海側10府県で発足。2012年9月8日設立。海洋エネルギー資源開発促進日本海連合 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障

    安全保障から見た資源資源

    安全保障は冷戦後、非軍事的な側面に対する関心は高まりから経済、資源、環境などの分野にも研究領域を拡大した。安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 効率性

    効率性から見た資源資源

    経済学において、効率性(こうりつせい)とは、資源・財の配分について無駄のないことを意味する。効率性 フレッシュアイペディアより)

  • 特攻兵器

    特攻兵器から見た資源資源

    既存の航空機は、体当たりを前提とした設計ではないために、構造も複雑であり、高価であった。そこで、低性能でも威力や生産性を向上させる必要性に迫られた。海上交通途絶による資源の不足、空襲による工場・交通機関・住宅の被災も含めて、戦局の悪化のなかで、特攻兵器の開発と生産が、最優先されるようになった。そして、日本本土へ侵攻してくる上陸部隊・支援部隊への攻撃などを考慮して、特攻専用機(特殊攻撃機)が開発、準備された。ただし、特攻専用機開発後も、航空機の絶対数が不足していたため通常機、偵察機、練習機による特攻が主流である。特攻兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 科学

    科学から見た資源資源

    20世紀を通して成長した科学は、技術と一体化し、エレクトロニクス、情報通信技術、生命科学技術などの分野でそのメリットが認められ、拡大の一途をたどってきた。それにともない、科学研究に投入される資金の額は増加の一途をたどってきた。科学コミュニティのメンバーの数がみるみる増大し、各メンバーが使う資金や各メンバーの人件費の総額も加速度的に大きくなってきたのである。だが、その結果、社会・国民が供給可能な資金・資源には限界があることは直視せざるを得ないようになっている。科学研究を行うということは資源や資本の使用が伴うが、現代の科学が使っている資源・資本の量はすでに社会が供給できるものの限界に迫りつつある科学 フレッシュアイペディアより)

  • バナジウム

    バナジウムから見た資源資源

    主要な産出国は南アフリカ・中国・ロシア・アメリカで、この4か国で90 %超を占める。バナジン石などの鉱石があるが、品位が高くないため、資源としては他の金属からの副生回収で得ているほか、原油やオイルサンドにも多く含まれているので、それらの燃焼灰も利用される。バナジウム フレッシュアイペディアより)

  • 循環型社会

    循環型社会から見た資源資源

    循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)とは、有限である資源を効率的に利用するとともに再生産を行って、持続可能な形で循環させながら利用していく社会のこと。循環型社会 フレッシュアイペディアより)

  • 再使用

    再使用から見た資源資源

    資源の枯渇・ごみ排出に伴う処分コストの増大・資源開発に伴う環境破壊等が危惧される現代にあっては、循環型社会の形成が必要とされているが、そのためには、製品等を安易に焼却・埋立処分せずに可能な限り再使用ないし、リサイクルしていくことが求められる。再使用 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た資源資源

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

373件中 11 - 20件表示

「水資源」のニューストピックワード