373件中 21 - 30件表示
  • 環境問題

    環境問題から見た資源資源

    人間活動と自然に関する問題が、初めて一般に取り上げられるようになったのが、1962年に出版されたレイチェル・カーソンの『沈黙の春』だとされている。同書は産業界から激しい非難を浴びながらも、DDTの全面禁止をはじめとしたその後の米国の環境行政に大きな影響を与えた。1972年に出版されたローマクラブの『成長の限界』は、現在のまま人口増加や環境破壊が続けば、21世紀半ばには資源の枯渇や環境の悪化によって、人類の成長は限界に達すると警鐘を鳴らしており、破局を回避するためには、地球が無限であるということを前提とした経済のあり方を見直し、世界的な均衡を目指す必要があると論じている。環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • バイオマス

    バイオマスから見た資源資源

    バイオマス (biomass) とは生態学で、特定の時点においてある空間に存在する生物(bio-)の量を、物質の量(mass)として表現したものである。通常、質量あるいはエネルギー量で数値化する。日本語では生物体量、生物量の語が用いられる。植物生態学などの場合には現存量(standing crop)の語が使われることも多い。転じて生物由来の資源を指すこともある。バイオマスを用いた燃料は、バイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料 (ecofuel) と呼ばれている。バイオマス フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙船地球号

    宇宙船地球号から見た資源資源

    宇宙船地球号(うちゅうせんちきゅうごう、Spaceship Earth)とは、地球上の資源の有限性や、資源の適切な使用について語るため、地球を閉じた宇宙船にたとえて使う言葉。バックミンスター・フラーが提唱した概念・世界観である。またケネス・E・ボールディングは経済学にこの概念を導入した。宇宙船地球号 フレッシュアイペディアより)

  • 住友金属鉱山

    住友金属鉱山から見た資源資源

    日本で最も歴史ある企業の一つで、住友財閥の源流企業。住友家の業祖、蘇我理右衛門が南蛮吹きといわれる銅精練の技術を開発し、天正18年(1590年)京都に銅吹所を設けたのが始まりで、住友家は秋田の阿仁銅山、備中の吉岡銅山などの経営に乗り出し、日本一の銅鉱業者へ発展した。元禄4年(1691年)には別子銅山の開発に着手し、これが世界最大級の産銅量を誇る鉱山に成長して住友財閥(現在の住友グループ)の礎を築いた。現在は世界各地で鉱山開発、製錬を行っている他、電子・機能性材料の生産なども行っている大手の総合非鉄金属メーカーである。資源の保有量は日系企業の中でもトップクラスであり、埋蔵量が高いと言われている菱刈鉱山・ポゴ金鉱山(アメリカアラスカ州)を保有し、国内で唯一電気ニッケルを提供している企業としても知られている。銅地金の生産シェアはパンパシフィック・カッパーに次いで国内2位。住友金属鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • ミツバチのダンス

    ミツバチのダンスから見た資源資源

    ミツバチのダンス()は、ミツバチが8の字に飛び回る行動に対して養蜂と動物行動学で使用される専門用語。このような飛び方をすることで、彼らのミツバチの巣 (en:Beehive) の仲間に蜜や花粉、水源や新しい巣の予定地があることを知らせることができる 。このようにミツバチのダンスは多様な資源を収集するのに適した場所で他のハチを集めることができる調達を成功させる手段である。かつては8の字(遠距離)だけでなく、丸型ダンス(近距離)もあると考えられたが、丸型は8の字の短縮版であることがわかった。ミツバチのダンス フレッシュアイペディアより)

  • 水源林

    水源林から見た資源資源

    水源林(すいげんりん)とは、森林の水源涵養機能に着目して整備される森林。脊梁山脈を持ち、河川が短く勾配が急な国土を持つ国では、陸地に雨水が滞留する時間が短いため、水資源を確保するために利水ダムと共に整備が進められる。水源林 フレッシュアイペディアより)

  • 観光都市

    観光都市から見た資源資源

    旅行が一般化し、多くの人が観光を行うようになると、観光都市も増加し、発展した。しかし、観光資源の維持のためには、他の産業を抑制しなければならない面もあり、都市の近代化・経済発展と環境保護、景観の保全などの選択に悩む都市も多い。観光都市 フレッシュアイペディアより)

  • サステナブル寿司

    サステナブル寿司から見た資源資源

    NHK環境特集番組『SAVE THE FUTURE』では、魚の乱獲を避けたネタでつくられた寿司。資源の持続可能性が守られた産地や、資源を枯渇させない漁法で捕獲されたネタを使用している。番組内では一本釣りのカツオ、カナダ産の甘エビ、太平洋産のヒラメ、養殖のアワビが「サステナブル寿司」として紹介された。サステナブル寿司 フレッシュアイペディアより)

  • レジームシフト

    レジームシフトから見た資源資源

    水産資源を初め、様々な資源についてこの見方を採用し、その利用を適切に管理することが、資源の枯渇を防ぎ、持続的な活動につながると考えられる(青魚も参照)。レジームシフト フレッシュアイペディアより)

  • 地方貨幣

    地方貨幣から見た資源資源

    東北地方は度重なる冷害、飢饉にあえいだ一方で鉱山が多く金属資源は潤沢であったことから、幕末期に盛岡藩および久保田藩を中心に銀判および當百文銅銭および鉛銭など、数多くの貨幣が密鋳されたが、幕府には既にそれを取り締まる力はなかった。地方貨幣 フレッシュアイペディアより)

373件中 21 - 30件表示

「水資源」のニューストピックワード