373件中 31 - 40件表示
  • 観光資源

    観光資源から見た資源資源

    観光資源は、観光やレジャーに使われる施設や、あるいは風光明媚で目を楽しませる名勝などや舌を楽しませる郷土料理から伝統に基づく地域の文化を、地域にある資産や資源とみなし、所定の地域にそういった資産・資源がどれほどまとまって存在しているかを考える際に使われる表現である。観光資源 フレッシュアイペディアより)

  • ハンター・ダグラス

    ハンター・ダグラスから見た資源資源

    世界で初めてアルミ製ベネシャンブラインドを開発。世界のブラインド・シェード市場をリード。また、アルミの資源開発から圧延、塗装、成形に至る一切を自社開発し事業を展開。ハンター・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • 捷号作戦

    捷号作戦から見た資源資源

    マリアナ沖海戦に勝利を収めたアメリカ軍は1944年7月9日にサイパン島を占領し絶対国防圏を突破して、その内懐に対し次なる攻勢への動きを見せつつあった。日本本土とインドネシア周辺の資源地帯の間の拠点が占領される事は、本土への資源還送航路の停止を意味し、これは軍はもとより国家経済の壊滅に繋がる。加えて海軍にとっては艦船を動かすには大量の重油を必要とするため、残存する艦船がすべて行動不能になる恐れがあった。そのため連合艦隊の残存戦力、陸海軍の航空兵力、そして陸軍の地上兵力を投入し、来襲するアメリカ軍を迎え撃つことを骨子とする『陸海軍爾後ノ作戦指導大綱』を7月24日に裁可した。作戦の流れは、陸海の基地航空兵力によって敵艦隊を漸減、続いて第一機動艦隊により米機動部隊を牽制し、その間に戦艦を主力とする水上艦隊を来攻地点に突撃させ艦砲射撃によって輸送船団や上陸軍に打撃を与え、陸軍がこれを殲滅するという一大作戦であり、陸海軍の完全な一致協力を前提とした。捷号作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 宇賀ダム

    宇賀ダムから見た資源資源

    1917年(大正6年)、広島電灯は間野平発電所を含む太田川上流の水利権を出願した。そこで競合したのが日本窒素肥料(現・チッソ)である。同社の社長・野口遵は、広島に化学工場の開設を計画し、その操業に必要な電力をまかなうため太田川の水資源に着目していた。広島電灯の取締役でもあった野口遵は1919年(大正8年)、広島電灯社長に取り入って水利権の出願を取りやめさせ、2社の共同出願という形にして改めて出願した。こうして得られた水利権であったが、発電所はいっこうに建設される気配がない。水利権は2社の共同出資のもと設立され、野口が社長を務める中国電力(現在の中国電力とは別)に移管されていたため、開発を進めたくとも手を出せずにいた広島電灯および広島電気は、次第に野口に対する不信感を募らせていった。広島電気との不和を察知したのか、野口は中国電力を島根県の電力会社・出雲電気へ合併させ、同社に水利権を売り渡した。広島電気は、出雲電気が太田川に水力発電所を建設し、これを足がかりにして広島へと進出してくることを恐れた。広島電気は出雲電気と交渉し、高額な料金と引き替えにしてでも出雲電気から水利権を借り受け、発電所を運営することを選択した。こうした状況は1933年(昭和8年)、裁判で両社間に和解が成立するまで続いた。宇賀ダム フレッシュアイペディアより)

  • Systems Network Architecture

    Systems Network Architectureから見た資源資源

    SNAは、コンピュータとその資源を結ぶ、完全なプロトコルスタックである。SNA はプロトコルの体系(仕様)であり、それ自身にはプログラム(製品)は含まない。SNA の実装については、様々な形のコミュニケーションパッケージが出ており、最も有名なものは、メインフレーム環境において SNAコミュニケーションを実現する VTAM である。Systems Network Architecture フレッシュアイペディアより)

  • 我孫子谷津ミュージアム

    我孫子谷津ミュージアムから見た資源資源

    ミュージアム公園とは、公園化手法の一つ。ある特定の地域の自然や文化、資源や人材を活かし、地域全体を「野外(劇場)博物館」のように計画する手法。このようなタイプの公園の場合は、通常の公園とは異なり、公園の管理やソフト運営の時に周辺住民の関わりが重要となる。我孫子谷津ミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • 上野敏子

    上野敏子から見た資源資源

    現在もKBCラジオのスポットで流れる「私達は地球上の資源を使って生活しています。限りある資源です、大切に使いましょう。みなさまのKBCラジオです。」の声の主である。上野敏子 フレッシュアイペディアより)

  • 批判的言説分析

    批判的言説分析から見た資源資源

    批判的言説分析 (CDA) は、「社会慣習の一形式としての言語」(Fairclough 1989: 20) と、社会的・政治的支配がテクストと対話によって再生産される方法に焦点を当てた言説を研究するための学際的なアプローチである。CDA は、制度的に統制された言語的・社会的資源へのアクセスに不平等なところがあるという考えのもとに出来上がった。言説とコミュニカティヴな出来事へのアクセスのパターンは、CDA にとって重要な成分である。批判的言説分析 フレッシュアイペディアより)

  • 容器

    容器から見た資源資源

    容器は、物品(主に資源や財産など価値のあるもの)の保管や輸送の際などに、幅広く利用される道具である。用途によっては、装飾が施される場合もあるなど、その形態は様々であるが、入れるものの性質によって様々な機能のものが使い分けられる。容器 フレッシュアイペディアより)

  • 商品経済

    商品経済から見た資源資源

    19世紀に入ると、欧州の経済上の優位は絶対的なものとなり、英国の産業革命を背景にした資源と市場の争奪は世界へ拡大していった。中国・日本は、長く続けた海禁政策を19世紀中葉に相次いで打ち破られ、世界経済の枠組みへ組み込まれた。20世紀初頭には英国・ロンドンを頂点とした金融商品経済の体制が形成された。商品経済 フレッシュアイペディアより)

373件中 31 - 40件表示

「水資源」のニューストピックワード