477件中 41 - 50件表示
  • 北大西洋海産哺乳動物委員会

    北大西洋海産哺乳動物委員会から見た資源資源

    北大西洋海産哺乳動物委員会(きたたいせいよう・かいさんほにゅうどうぶつ・いいんかい、North Atlantic Marine Mammal Commission、NAMMCO)は、クジラを主とする海洋資源の管理を行うための国際機関である。アイスランド、ノルウェー、グリーンランド自治政府、フェロー自治政府の4カ国によって1992年7月9日に設立された機関で、海洋法に基づく海洋生物資源の保全と利用を目指すことを掲げている。北大西洋海産哺乳動物委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ベダンタ・リソーシズ

    ベダンタ・リソーシズから見た資源資源

    ベダンタ・リソーシズ (Vedanta Resources plc ) は多国籍の鉱業・資源グループの英国本社である。2003年12月にロンドン証券取引所へ上場、2006年6月にFTSE100種総合株価指数の採用銘柄に加えられた。ベダンタ・リソーシズ フレッシュアイペディアより)

  • 母岩

    母岩から見た資源資源

    有用な鉱物や温泉など、着目される資源を取り巻く母体を為している岩石のこと。キンバーライトより生ずるダイヤモンドのように、特定の母岩に育まれる鉱床も多い。母岩 フレッシュアイペディアより)

  • ワークフォース・マネジメント

    ワークフォース・マネジメントから見た人的資源資源

    人的資源管理という観点から、ワークフォース・マネジメントは、システムと同様のシステム、もしくは、システムの一部という位置付けで捉えられることもある。しかし、最近では、ワークフォース・マネジメントが、労働力の最適化を目的とした独立した概念として認知されつつある。ワークフォース・マネジメント フレッシュアイペディアより)

  • レジームシフト

    レジームシフトから見た資源資源

    水産資源を始め、様々な資源についてこの見方を採用し、その利用を適切に管理することが、資源の枯渇を防ぎ、持続的な活動につながると考えられる(青魚も参照)。レジームシフト フレッシュアイペディアより)

  • 生きている地球レポート

    生きている地球レポートから見た資源資源

    エコロジカル・フットプリント(EF)は、人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値である。生きている地球レポート フレッシュアイペディアより)

  • 巣箱

    巣箱から見た資源資源

    巣箱を使う家畜には、鳥類のほかにミツバチがある。養蜂では養蜂箱と呼ばれる、家畜化したミツバチが繁殖しやすいよう、工夫された専用の巣箱が用いられる。この箱は内部が蜂が営巣しやすいよう工夫された構造となっているが、この中にミツバチが営巣した場合に、それらはパネル状になった複数の巣からなる一つの社会を形成する(→社会性昆虫)。この巣箱は出入り口が閉鎖できるようになっているほか、移動ができる。養蜂家はこの巣箱を花のある場所に運搬してミツバチを放つと、ミツバチは巣箱を中心として集めた蜜で巣箱内の巣に蜂蜜を蓄える。この蜂蜜を人間が集めて利用するほか、巣の素材である蜜蝋なども利用できる資源として得ることができるのである。巣箱 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱床

    鉱床から見た資源資源

    鉱床(こうしょう、deposit、ore deposit、mineral deposit)とは、資源として利用できる元素や石油・天然ガスなどが濃縮している場所で、採掘して採算が取れるものを指す。鉱床 フレッシュアイペディアより)

  • 放送コード

    放送コードから見た資源資源

    放送はジャーナリズム機能を持ったマスメディアである。ニュースやドキュメンタリーに限らず他の番組についても程度の差こそあれ、ジャーナリズム性を帯びているといえる。加えて放送には聴覚性、視覚性、同時性、臨場性があり、他の活字メディアに比べ受け手に与えるインパクトがはるかに強く、社会的影響力が大きい。また活字メディアである新聞や雑誌は誰でも自由に刊行できるが、放送事業は電波を使わなければ成立しないメディアである。電波は周波数の兼ね合いから、天然資源と同様に有限・希少な資源である。すなわち電波は「国民の共有財産」であり、放送局は国民の共有財産をその負託を受けて利用しているということになる。すなわち「社会的影響力の大きさ」「電波利用」の二つの特徴から「公共性」が極めて高いということになり、放送にはなにがしかの規制が必要となるとされる。放送コード フレッシュアイペディアより)

  • 言語差別

    言語差別から見た資源資源

    言語差別は、1980年代半ばにフィンランド出身の社会言語学者 Tove Skutnabb-Kangas によって造語された言葉で、Skutnabb-Kangas & Phillipson (1989: 455) は言語差別を「言語に基づいて線引きされた集団間の(物質的・精神的)権力と資源の不平等な分配を正当化・達成・再生産するために使われるイデオロギーと構造」と定義した。言語差別 フレッシュアイペディアより)

477件中 41 - 50件表示