373件中 71 - 80件表示
  • 鉱床

    鉱床から見た資源資源

    鉱床(こうしょう、deposit、ore deposit、mineral deposit)とは、資源として利用できる元素や石油・天然ガスなどが濃縮している場所で、採掘して採算が取れるものを指す。鉱床 フレッシュアイペディアより)

  • 配偶者防衛

    配偶者防衛から見た資源資源

    富の蓄積などにより、男性が生存と生殖に必要な資源を握っている場合、男性は自分の資源を確実に自分の子のみに使わるようにするため、配偶者防衛を厳しく行う。だが、同じ社会でも富の蓄積のない下層階級はそのような配偶者防衛はあまりみられない。狩猟採集社会や、現代の先進国のように女性が独立した生活手段を比較的獲得しやすい社会でも、男性の配偶者防衛はあまり強くなく、婚姻の条件としては、年齢が近く、話があい、性格があうというような「同類交配」を好む傾向がある。富の蓄積の可能な農耕と牧畜の発達は、1万年くらい前からであり、配偶者防衛による女性の行動をコントロールしようとする傾向が、遺伝的変化を起こしたせいなのか、世代間の学習によるものか、いまのところどちらともいえない。配偶者防衛 フレッシュアイペディアより)

  • 特定家庭用機器再商品化法

    特定家庭用機器再商品化法から見た資源資源

    特定家庭用機器再商品化法(とくていかていようききさいしょうひんかほう、平成10年6月5日法律第97号、最近改正・平成15年6月18日)とは家庭用電化製品のリサイクルを行い廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進するための法律である。家電リサイクル法などと略される。特定家庭用機器再商品化法 フレッシュアイペディアより)

  • 岡野加穂留

    岡野加穂留から見た資源資源

    彼によれば、政治家は議会制デモクラシーにおける正当な過程を経て選ばれた者であり、その政治家の権力の由来は国民に在るとする。この主権在民の思想は、岡野政治学を語る上で欠かせない。岡野の大学院生時代、憲法学の宮沢俊義に学んだ思想であり今に至るまで変節していない。国民の主権在民を前提とする以上、国民の質(民度)が低ければ政治家の質も低いとされる。サミュエル・ハンチントンの「成長の暗喩」を例にとり、脱工業化社会において国民に求められるべき認知指向は、成長の意味内容を問いなおし、公共財の創出発展を政治の最重要課題とするものでなければならないとする。その論拠は、自明とされている世界における資源の枯渇、環境問題、それらによる経済成長の問題が、政治な自由と平等を侵食しているというものである。岡野はこの政治学の課題を「政治生態学」と称している。岡野加穂留 フレッシュアイペディアより)

  • NEW STYLE LAUNDRY AQUA

    NEW STYLE LAUNDRY AQUAから見た資源資源

    最終すすぎ水を使い捨てにせず、本体下部に存在する貯水タンクに溜めてオゾンで浄水し、次回からの洗濯に利用するという「水循環システム」。洗濯機本体で水資源を循環させ、再利用することができる。さらに2007年モデルからは、風呂水ポンプで取った残り湯も漂白・除菌するようになった。風呂水の再利用は気持ちが悪いと思う消費者にとっては、衛生面で安心できるというメリットがある。ただし、入浴剤を利用している場合は、薬剤によってはアクアループで分解できないこともあるため、確認が必要である。NEW STYLE LAUNDRY AQUA フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立小浜高等学校

    長崎県立小浜高等学校から見た資源資源

    3番まである。島原半島を代表する山雲仙岳や橘湾を眺めると遠くに見える「野母半島」(長崎半島)、地元小浜で見かけられる植物「榕樹(ようじゅ)」や櫨(はぜ)、小浜温泉の「湯けむり」、校舎の前に広がる「千々石灘」(ちぢわなだ)など、自然と観光資源に恵まれている環境が歌詞の中で表されている。長崎県立小浜高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア・ロシア戦域軍

    イタリア・ロシア戦域軍から見た資源資源

    ドイツ軍が東部戦線の長期戦化を睨んでソ連南部の資源地帯への夏季攻勢を立案すると、必然的に同盟軍戦力が重要視された。ドイツ軍参謀本部はイタリア陸軍に大規模な増援を要請し、ムッソリーニもこれを歓迎する姿勢を見せた。功労者であるところのメッセは乏しい軍の戦力をこれ以上削る事は自殺的行為だと批判した為に解任され、イータロ・ガリボルディ大将が後任となった。イタリア陸軍は伝統あるアルピーニ師団(山岳師団)3個で構成される山岳軍と3個歩兵師団による第2軍団を援軍として派遣した他、第3快速師団を自動車化師団に増強した。『パスビオ』『アオスタ侯』『トリノ』の3個自動車化師団は新たに第35軍団として統合され、計3個軍団からなる伊第8軍(イタリア王国軍ロシア戦域軍、ARMIR)が編成された。また1個歩兵師団と2個黒シャツ連隊が司令部直属の予備戦力として存在しており、兵員総数は23万名にも及んだ。イタリア・ロシア戦域軍 フレッシュアイペディアより)

  • 無人機

    無人機から見た資源資源

    民間の無人潜水艦は、主に沈没船や海底資源、深海の海洋生物などの探査に使われる。操作は自動で行うことはほとんどなく、もっぱら人が遠隔操作する。無人機 フレッシュアイペディアより)

  • 廃品回収

    廃品回収から見た資源資源

    廃品回収(はいひんかいしゅう)とは、再生可能な資源となる廃品を、再生する目的で回収すること。また回収することにより対価を得ること。ちり紙交換も廃品回収の一種であると言える。町内会や学校で行うことが多く、これが財源となる。廃品回収 フレッシュアイペディアより)

  • プリンシバル・コーポレーション

    プリンシバル・コーポレーションから見た資源資源

    株式会社プリンシバル・コーポレーション(Princi-baru Corporation)は、天然資源開発投資事業・食品事業等を行う会社。プリンシバル・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

373件中 71 - 80件表示

「水資源」のニューストピックワード