477件中 81 - 90件表示
  • 日本でのリサイクル

    日本でのリサイクルから見た資源資源

    ライフサイクルアセスメント(LCA)、資源、環境を考えた場合に、ペットボトル、紙、発泡スチロールトレイなどをどうするべきか意見が分かれている。日本でのリサイクル フレッシュアイペディアより)

  • 草の根民活

    草の根民活から見た資源資源

    経済主体は、消費者・家計、生産者・企業とに区分されるから、経済学的に言えば、草の根民活は、農家、自営業従事者など小規模生産者(サービス業を含む)と家計・生業レベルで現地の身近な資源とローカル・コモンズを利用する住民(生活者)が、その範疇に含まれる。かれらは、貧困者、社会的弱者のように見えても、次のような特徴がある。草の根民活 フレッシュアイペディアより)

  • 加工貿易

    加工貿易から見た資源資源

    日本は、かつて「資源の博物館」「鉱物の標本室」等と呼ばれるほど地下資源が豊富であったが、産業構造の転換とコスト面から利用できる資源は乏しくなった。加工貿易 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的手法

    経済的手法から見た資源資源

    日本を含む多くの地域では、限られた資源を有効に配分する手法として市場経済が採用されているが、その市場原理においては、生産に要する限界費用と、それを消費者が購入する際に支払う価格が一致したときに、資源の効率的配分が実現する(パレート最適)。経済的手法 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田大学附属鉱業博物館

    秋田大学附属鉱業博物館から見た資源資源

    円筒形の建物の1階から3階までが展示室となっており、鉱物・鉱石の展示(1階)と、それを通した地殻活動・地球史(2階)、あるいは人類活動と鉱物資源との関わり、鉱業活動(3階)についての展示と解説を主眼としている。秋田大学附属鉱業博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 地域コミュニティ

    地域コミュニティから見た資源資源

    地域コミュニティには、住民に利益がある公共財や資源があり、その中には住民に共有されている資源も多い。具体的には、入会地、里山、山林、共有地、湧水、河川、農業用水路、沿岸資源などが住民の共有資源となっており、ローカル・コモンズとして利用と管理がなされている。地域経済における薪炭生産、牧畜、生業的漁業も、このようなローカル・コモンズの利用、管理に依存しているところが多い。地域コミュニティ フレッシュアイペディアより)

  • 観光業

    観光業から見た資源資源

    観光資源となるものは様々ではあるが、自然や歴史などを利用する場合には他の産業の発展と両立しがたい場合がある。自然環境や街並み・景観などの保全が求められる場合は、工業化や近代化・都市化などが抑制される傾向にある(京都市が典型である)。またその地域の工業化が著しくなれば、観光地としての魅力を失って観光業は衰退するケースも考えられる。観光業 フレッシュアイペディアより)

  • 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律

    建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律から見た資源資源

    この法律は、特定の建設資材について、その分別解体等及び再資源化等を促進するための措置を講ずるとともに、解体工事業者について登録制度を実施すること等により、再生資源の十分な利用及び廃棄物の減量等を通じて、資源の有効な利用の確保及び廃棄物の適正な処理を図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的(第1条)としている。建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見た資源資源

    つまり、金融市場を通して、経済上の資源が政府投資により多く配分される代わりに民間投資への配分が減少することになるのである。しかし同時に金融政策(緩和)を発動すれば民間投資を制約することなく政府投資を伸ばすことが出来る。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・マスグレイブ

    リチャード・マスグレイブから見た資源資源

    マスグレイブの財政理論は、1930年代にハーバード大学で学んだ古典的財政論を基盤とするケインズ主義的な考えと、厚生経済学の理論に基づいたものである。財政政策の目標として所得の適正な分配、経済の安定、資源の効率的配分の3つ(言い換えると、配分・分配・安定の3つ)を挙げ、20世紀後半から21世紀初頭にかけてアメリカの正統派の財政学者として活動した。リチャード・マスグレイブ フレッシュアイペディアより)

477件中 81 - 90件表示