前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • イビチャ・オシム

    イビチャ・オシムから見た水野晃樹水野晃樹

    2005年、かつての主力選手でもあった村井慎二、茶野隆行、サンドロ、マルキーニョス、ミリノビッチなどを放出した。しかし、技術に優れ攻守に貢献するマリオ・ハースや、DFながらも攻撃の組み立てに多大な貢献をするイリアン・ストヤノフの補強によって、その穴を埋めた。また、巻誠一郎が日本代表に初選出、水野晃樹、水本裕貴が、ワールドユース出場を果たすなど若手も成長し、戦力低下は招かなかった。ヤマザキナビスコカップでは準決勝で浦和レッズを倒して決勝戦に進出。決勝ではガンバ大阪と延長、PK戦と激闘を制しチームに初のタイトルをもたらした。イビチャ・オシム フレッシュアイペディアより)

  • オシムチルドレン

    オシムチルドレンから見た水野晃樹水野晃樹

    大まかな定義として、オシムが2003年から日本代表監督に就任する2006年まで監督を務めたジェフユナイテッド市原での教え子を「オシムチルドレン」と呼ぶ。主にレギュラー格であった阿部勇樹・巻誠一郎・山岸智・羽生直剛・坂本將貴・佐藤勇人・水野晃樹・水本裕貴らを指すが、ジェフユナイテッド市原・千葉の選手全員の総称として使われたこともあった。オシムチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 水野和樹

    水野和樹から見た水野晃樹水野晃樹

    Jリーグ・柏レイソル所属の水野晃樹は実弟。水野和樹 フレッシュアイペディアより)

  • 杜威

    杜威から見た水野晃樹水野晃樹

    セルティック移籍直後は移籍時期が重なっていた中村俊輔と写真などが入れ替わって掲載されることが良くあった。(なお中村はスペイン移籍時には同じセルティックの水野晃樹と2007年のアジアカップでは松井大輔と写真を間違われている。)杜威 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝雅良

    大滝雅良から見た水野晃樹水野晃樹

    また風間八宏、藤田俊哉、名波浩、川口能活、安永聡太郎、小野伸二、水野晃樹の7名を海外プロリーグへ輩出した事を始め、数多くの教え子達を日本代表やJリーグへと送り出している。大滝雅良 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグカップ

    2006年のJリーグカップから見た水野晃樹水野晃樹

    大会MVP 水野晃樹 (ジェフユナイテッド市原・千葉)2006年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た水野晃樹水野晃樹

    9月6日 - 水野晃樹(静岡県、サッカー)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 益山司

    益山司から見た水野晃樹水野晃樹

    2008年、ジェフユナイテッド千葉に入団。阿部勇樹、水野晃樹、青木孝太らが着けた”29”を与えられ、ポスト阿部としての成長を期待されていたが、当人の目標は今野泰幸である。益山司 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本將貴

    坂本將貴から見た水野晃樹水野晃樹

    2005年シーズンは、ジュビロ磐田に移籍した村井慎二(現在は大分トリニータに移籍)の穴を埋めるために左サイドでプレーすることに。坂本のいた右サイドには、若手の山岸智、水野晃樹が入った。坂本將貴 フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た水野晃樹水野晃樹

    高校卒業に際して複数のJリーグクラブから勧誘を受け、2005年シーズンから名古屋とプロ契約を結んだ。名古屋加入時の契約では、本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていた。開幕戦から先発出場してアシストを決め、翌年にはレギュラーに定着した。2005年のFIFAワールドユース選手権・オランダ大会にU-20日本代表として招集され、初戦のオランダ戦に守備的な中盤として先発したが、試合は前半にオランダが圧倒、後半は日本もペースをつかむ時間帯を得たが本田は途中交代となった(後半19分、水野晃樹。結果は1-2で敗戦)。この後チームは16強に進出するものの、守備的な中盤、梶山陽平の復調もあって出場機会はなかった。2006年にはA代表にも飛び級で初招集されたが出場はなかった。2007年北京オリンピックアジア予選では、主力として五輪出場権獲得に貢献した。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「水野晃樹」のニューストピックワード