22件中 11 - 20件表示
  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見た水野晃樹水野晃樹

    9月6日 - 水野晃樹(静岡県、サッカー)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 水本裕貴

    水本裕貴から見た水野晃樹水野晃樹

    2004年、ジェフユナイテッド市原とプロ契約。同期入団は水野晃樹、市原充喜。1年目からイビチャ・オシム監督の薫陶を受けた。同年7月29日プレシーズンマッチ対レアル・マドリード戦において、ルイス・フィーゴを相手に対応したことにより名が知られるようになる。2005年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権に出場。2006年シーズンから千葉の主力に定着し、さらに同2006年に日本代表監督に就任したオシムによってA代表メンバーに初選出され、同年10月4日、ガーナ戦でA代表初出場を果たした。2007年末、名古屋、京都サンガF.C.、FC東京、ガンバ大阪の4チームからオファーが届き、千葉からは残留要請されるも、移籍を決意する。水本裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンフォーレ甲府

    ヴァンフォーレ甲府から見た水野晃樹水野晃樹

    ダヴィ、フェルナンジーニョ、高崎寛之、永里源気、片桐淳至らが退団した一方、日本人選手は土屋征夫と青山直晃、水野晃樹を完全移籍獲得、また羽生直剛と平本一樹をレンタルで獲得した。一方で外国人補強は「決定的な力を持った外国人ストライカーの獲得については現時点では至らなかった」(佐久間GM) と言う通りレニー、ウーゴといった未知数の選手と契約したが、レニーは開幕前、昨年から唯一残ったドウグラスは4月、ウーゴも7月までに契約解除となった。さらにレニーに代わり3月に獲得した元パラグアイ代表のオルティゴサもチームの方針と合わず中断期間中の6月に解除と外国人が次々と入れ替わり、中断期間中に方針の定まらないチーム状況に対しGMが現場に説明する事態になった。シーズン途中からJリーグの経験のある外国人選手の獲得に転換し、5月に元磐田のマルキーニョス・パラナ、7月に元磐田のジウシーニョを獲得、また川崎からパトリックをレンタル移籍させた。ヴァンフォーレ甲府 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓太

    鈴木啓太から見た水野晃樹水野晃樹

    鈴木 啓太(すずき けいた、1981年7月8日 - )は、日本の元サッカー選手、実業家。静岡市清水区出身。ポジションはMF。夫人は女優、ファッションモデルの畑野ひろ子。サッカー選手の水野和樹および水野晃樹は従兄弟。日本プロサッカー選手会元副会長。マネジメントではセント・フォース所属。鈴木啓太 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た水野晃樹水野晃樹

    精度の高いFKを蹴ることができることから、和製ベッカムと呼ばれたり、「アベッカム」ともじられることもあった。しかし、オシム就任後は、セットプレーでの競り合いに強さもあったことから、代わりに水野晃樹が蹴ることが多くなった。浦和移籍後もポンテや柏木陽介、日本代表でも中村俊輔や遠藤保仁等が蹴ることが多かったためにFK、CKを蹴る機会は少なくなっていたが、2016年7月9日の柏レイソル戦で直接フリーキックによるゴールを決め、そのゴールを伊メディア「トゥットスポルト」が阿部を「日本のピルロ」として動画付きで紹介した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 9月6日

    9月6日から見た水野晃樹水野晃樹

    1985年 - 水野晃樹、サッカー選手9月6日 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本

    1985年の日本から見た水野晃樹水野晃樹

    9月6日 - 水野晃樹、サッカー選手1985年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た水野晃樹水野晃樹

    ネルシーニョ5年目。安英学、三浦雄也、エフライン・リンタロウ、ネット・バイアーノ、GKコーチのシジマールが退団、那須大亮が浦和、水野晃樹が甲府、福井諒司が東京Vに、北嶋秀朗(熊本)、比嘉厚平、林陵平(共に山形)、山崎正登(FC岐阜)、中島崇典(横浜FC)、兵働昭弘(千葉)がレンタル先にそれぞれ完全移籍。ユースから昇格した中川寛斗、クォン・ハンジン、熊本にレンタル移籍中だった武富孝介が湘南、川浪吾郎が徳島、JFL・FC琉球にレンタル移籍中だった相馬大士がJFL・町田にそれぞれレンタル移籍した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見た水野晃樹水野晃樹

    2005-06シーズンから2008-09シーズンまで中村俊輔が、2007-08シーズンから2009-10シーズンまで水野晃樹が所属していた。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た水野晃樹水野晃樹

    渡邉体制3年目。ユースから小島雅也と佐々木匠が昇格。青森山田高から常田克人、市立船橋高から椎橋慧也、明治大から差波優人が新加入。他クラブからは千葉から大岩一貴と水野晃樹を完全移籍、清水から平岡康裕、FC東京から三田啓貴を期限付き移籍で獲得。金沢へ期限付き移籍していた茂木駿佑が復帰。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示