48件中 11 - 20件表示
  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たガンバ大阪

    2004年10月31日 - Jリーグ初先発:J1 2nd第11節 対ガンバ大阪戦 (横浜国際総合競技場)水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た大分トリニータ

    2013年、J1に昇格したヴァンフォーレ甲府に移籍。開幕直前にかかとを負傷。第4節の川崎フロンターレ戦で復帰し移籍後初出場を果たすと、第5節の大分トリニータ戦では決勝点をアシストしチームにシーズン初勝利をもたらした。しかしその後はかかとの痛みに耐えながらのプレーが続き、第9節のジュビロ磐田戦では左足の靭帯を損傷し6週間の離脱と発表された。そのようにシーズン序盤に負傷が続いたことでコンディションが整わないため出場機会が増やせず、リーグ戦出場19試合(うち先発出場は5試合)、無得点に終わるなど不本意な結果となった。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た全国高等学校総合体育大会

    静岡県清水市(現在の静岡市清水区)生まれ。小学校時代は清水FCに所属。清水商業高校に進学し、高校2年次には高校総体に出場し、ベスト4に進出する。同高校総体では、2回戦(国士舘)、3回戦(玉野光南)、準々決勝(渋谷教育幕張)などで3試合連続得点を挙げるも、準決勝では平山相太擁する国見高校に敗れた。高校卒業後の2004年、ジェフユナイテッド市原(当時)に入団。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たサガン鳥栖

    2017年シーズンよりサガン鳥栖に完全移籍で加入することが発表された。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た川崎フロンターレ

    2013年、J1に昇格したヴァンフォーレ甲府に移籍。開幕直前にかかとを負傷。第4節の川崎フロンターレ戦で復帰し移籍後初出場を果たすと、第5節の大分トリニータ戦では決勝点をアシストしチームにシーズン初勝利をもたらした。しかしその後はかかとの痛みに耐えながらのプレーが続き、第9節のジュビロ磐田戦では左足の靭帯を損傷し6週間の離脱と発表された。そのようにシーズン序盤に負傷が続いたことでコンディションが整わないため出場機会が増やせず、リーグ戦出場19試合(うち先発出場は5試合)、無得点に終わるなど不本意な結果となった。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たレアル・マドリード

    2004年7月にレアル・マドリード戦に出場し、10月17日の清水エスパルス戦で後半37分から出場しトップ初出場を果たす。12月にU-20日本代表に選出され、2005年6月のFIFAワールドユース選手権(オランダ)ではメンバーに選出。本戦ではグループステージで3戦連続途中出場。初戦のオランダ戦では平山の得点をアシストし、第2戦のベナン戦では同点となるフリーキックを決めた。決勝トーナメントの初戦・モロッコ戦では先発出場を果たした。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たヴィッセル神戸

    2004年11月20日 - Jリーグ初得点:J1 2nd第13節 対ヴィッセル神戸戦 (市原臨海競技場)水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    静岡県清水市(現在の静岡市清水区)生まれ。小学校時代は清水FCに所属。清水商業高校に進学し、高校2年次には高校総体に出場し、ベスト4に進出する。同高校総体では、2回戦(国士舘)、3回戦(玉野光南)、準々決勝(渋谷教育幕張)などで3試合連続得点を挙げるも、準決勝では平山相太擁する国見高校に敗れた。高校卒業後の2004年、ジェフユナイテッド市原(当時)に入団。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たベガルタ仙台

    2016年、ベガルタ仙台へ完全移籍で加入するも、公式戦(J1リーグ戦・ナビスコ杯・天皇杯)通算13試合の出場にとどまり、同年シーズン終了をもって契約満了となり退団。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た静岡市

    水野 晃樹(みずの こうき、1985年9月6日 - )は、静岡県清水市 (現・静岡市清水区) 出身のサッカー選手。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示