283件中 31 - 40件表示
  • Keep the faith

    Keep the faithから見た氷室京介氷室京介

    表題曲の「Keep the faith」は、氷室京介が楽曲を書き下ろした。Keep the faith フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の音楽

    1988年の音楽から見た氷室京介氷室京介

    7月21日 - 氷室京介/ANGEL、斉藤満喜子/やりたい放題1988年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ホッピー神山

    ホッピー神山から見た氷室京介氷室京介

    スティーブ・エトウや清水ひろたからと小泉今日子、氷室京介、センチメンタル・バス、Chara、JUDY AND MARYなどのプロデュース、アレンジを行う。ホッピー神山 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の音楽

    2014年の音楽から見た氷室京介氷室京介

    13日 - 氷室京介がライブ活動を卒業することを発表。のちの19日にライブ活動の卒業理由は自身の耳の不調だと明かす。当初は翌2015年のファイナルコンサートがラストライブとされていたが、翌2015年3月2日に翌々2016年春の横浜スタジアムでのリベンジライブがラストライブであることが一旦決定(しかしその後の翌2015年12月18日にラストライブは翌々2016年春の4大ドームツアー(京セラドーム大阪、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、東京ドーム)に変更となる)。2014年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見た氷室京介氷室京介

    43位 GLAY feat. KYOSUKE HIMURO:「ANSWER」2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • キャロル (バンド)

    キャロル (バンド)から見た氷室京介氷室京介

    ジョニーが作った日本語英語チャンポン歌詞+矢沢の「巻き舌唱法」、英語なまりの日本語、日本語を英語っぽく発音してロックに乗せる「巻き舌唱法」によって"日本語ロック論争"は、何語で歌うかは問題外になり、論争は不毛なものとなる。「巻き舌唱法」は、日本ではキャロル時代の矢沢を始まりとして、吉川晃司で一応の完成形となる、桑田佳祐、氷室京介、福山雅治など、"かきくけこ"を"きゃきぃきゅきぃぇきょ"と発音する現在のJ-POPシンガーたちへと受け継がれたなどと論じられる。キャロル (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • BOOWY

    BOOWYから見た氷室京介氷室京介

    1981年、群馬県高崎市出身の氷室京介、布袋寅泰、松井恒松を中心に東京で結成される。初ライブ後に高橋まことが加入し、1982年にデビュー。当初は6人編成だったが同年秋に2人が脱退し、以降は解散まで4人編成で活動する。BOOWY フレッシュアイペディアより)

  • 龍が如く5 夢、叶えし者

    龍が如く5 夢、叶えし者から見た氷室京介氷室京介

    主題歌:GOSPELS OF JUDAS「Bloody Moon」(ワーナーミュージック・ジャパン)龍が如く5 夢、叶えし者 フレッシュアイペディアより)

  • BOOWY (アルバム)

    BOOWY (アルバム)から見た氷室京介氷室京介

    10月7日、氷室狂介の24歳の誕生日に行われたミーティングにおいて、メンバーはユイ音楽工房と契約することを決定した。それに伴い、移籍後の活動の準備の為に半年間ライブ活動を休止することとなった。BOOWY (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 河村智康

    河村智康から見た氷室京介氷室京介

    白井貴子& CRAZY BOYSのドラマー。また90年代後半には人気ドラマーとなり、サポート・ミュージシャンとして桑田佳祐、福山雅治、藤井フミヤ、椎名林檎、氷室京介、スキマスイッチ、徳永英明、松任谷由実、星野源など、数多くのトップミュージシャンのアルバムやツアーに参加している。河村智康 フレッシュアイペディアより)

283件中 31 - 40件表示

「氷室京介」のニューストピックワード