283件中 51 - 60件表示
  • DAIGO

    DAIGOから見た氷室京介氷室京介

    バンド解散後、「DAIGO with The space toys」という名前でソロ歌手としての活動を始める。河村隆一のライブのオープニング・アクトが初ステージだった。地道にライブハウス等での活動を続けていた2003年、彼を撮影していた写真家の加藤正憲によって氷室京介を紹介され、1対1で会うこととなる。その際に才能を見出され、「何かしら力になってあげたいよね」とのことで氷室自らデビュー曲のプロデュースを申し出る。以前からBOØWYより多大な影響を受けていた彼にとっては願ってもない出来事であった。そして2003年7月21日、25歳でDAIGO☆STARDUST(ダイゴ スターダスト)(略称は“D☆S”。ファンの総称は“STARDUST軍団”。)として、氷室自身が再始動する際に作曲した「Claudia」の曲に違う詞をのせた形の「MARIA」でメジャーデビューを果たす(オリコンチャート64位)。ただ、当時は「竹下登の孫」である事実を自らは公表していなかった(後述)。リスペクトしてやまない人物の一人デヴィッド・ボウイの“火星から舞い降りたロックスター”「ジギースターダスト」から名前をとった。「カメレオンのように変化していく人に惹かれます。デヴィッド・ボウイを見習ってばりばりのグラムでやることにした。」DAIGO フレッシュアイペディアより)

  • 1224

    1224から見た氷室京介氷室京介

    本映像は"LAST GIGS"での映像と合わせて解散に焦点を当てたドキュメンタリー風ビデオとして発売される計画があり、そのために収録された物たが、メンバーのソロ活動に対する配慮から立ち消えとなった。撮影スタッフには「重要なポイントだけを抑えて撮れば良い」との指示があったようだが(「重要なポイント」とは氷室京介が解散宣言をする箇所の事を指している。当日はライヴのどこで解散宣言をするかが氷室に一任されていた為、結果としてライヴ全部を撮影する必要があった)、当日使用された5台の16?フィルムカメラの内、4台がフィルムチェンジを行っていた際も含めて奇跡的にこぼれ落ちた映像がなく、ライヴの全ての映像が収められていたという。1224 フレッシュアイペディアより)

  • ヒムロック

    ヒムロックから見た氷室京介氷室京介

    ヒムロック フレッシュアイペディアより)

  • 寺西修

    寺西修から見た氷室京介氷室京介

    寺西修 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室狂介

    氷室狂介から見た氷室京介氷室京介

    氷室狂介 フレッシュアイペディアより)

  • BANG THE BEAT/Safe And Sound

    BANG THE BEAT/Safe And Soundから見た氷室京介氷室京介

    「BANG THE BEAT/Safe And Sound」は2010年7月14日に発売予定の氷室京介の26枚目のシングルBANG THE BEAT/Safe And Sound フレッシュアイペディアより)

  • 寺西修一

    寺西修一から見た氷室京介氷室京介

    寺西修一 フレッシュアイペディアより)

  • Fringe tritone

    Fringe tritoneから見た氷室京介氷室京介

    ギターの本田毅は、氷室京介等のツアーギタリストとしても活動中。Fringe tritone フレッシュアイペディアより)

  • 去年ルノアールで

    去年ルノアールでから見た氷室京介氷室京介

    「ライブハウス ルノアールにようこそ!」〜氷室京介去年ルノアールで フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・セクストン

    チャーリー・セクストンから見た氷室京介氷室京介

    1988年、実弟ウィル・セクストンを中心としたバンド、ウィル&ザ・キルのアルバムに参加。また、氷室京介のアルバム『FLOWERS for ALGERNON』でもギターを弾く。チャーリーのセカンド・アルバム『ドント・ルック・バック(原題: Charlie Sexton)』(1989年)にはブライアン・アダムスが参加し、同作に伴う2度目の東京公演では、氷室京介がゲスト出演した。チャーリー・セクストン フレッシュアイペディアより)

283件中 51 - 60件表示

「氷室京介」のニューストピックワード