前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見た布袋寅泰

    デビューしたものの思い通りにならないことが多く、群馬へ帰る決意もした頃、当時の彼女から貰ったチケットで、思い出のつもりで7月5日日比谷野外音楽堂でのRCサクセションのライブを観る。それが新たなモチベーションを与えたと言われている。当時18歳の布袋寅泰を電話で六本木の「アマンド」に呼び出し、バンド結成の話を持ちかけた。そして、彼の協力のもと曲を作り、新たなバンド作りに取り掛かる。2人が再会した際に、布袋は、「群馬時代は硬派な印象だった氷室の風貌がニューウェーブ風になっていることに驚いた」というエピソードを残している。9月、松井恒松が加入。その後、深沢和明、諸星アツシが加入。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た田中聖

    「Keep the faith」 - 作詞: 氷室京介、SPIN/RAP詞:JOKER/作曲: 氷室京介(2007年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た湯川れい子

    「3001年のスターシップ」 - 作詞:湯川れい子/作曲:氷室京介/編曲:ホッピー神山(1987年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た秋元康

    「プラスティック」 - 作詞:秋元康/作曲:氷室京介/編曲:布袋寅泰(1985年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たDAIGO

    「MARIA」 - 作詞:DAIGO/作曲:氷室京介(2003年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たデヴィッド・ボウイ

     日本にいた頃から、デヴィッド・ボウイやエルヴィス・コステロなどの影響を受けていた。渡米後は、1990年代以降のオルタナティヴ・ロックなどを意識した曲作りに始まり、時代とともに新たな録音システムを駆使した音作り、新たなロックの潮流にも貪欲に取り組んでいったと言える。自分で近年、「オタク」と認めるほど、制作に熱中して取り組む姿勢がうかがえる。特に2003年のリリースは「クレームが来ないか心配だった」と語る通り、現地仕込みのロック的要素を容赦なく出し始めた分岐点のようでもある。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た矢沢永吉

    キャロルの解散ライブ映像を見て、バンドを始めるきっかけになった。2009年にはキャロルのメンバーであった矢沢永吉との共演が実現した。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たエルヴィス・コステロ

     日本にいた頃から、デヴィッド・ボウイやエルヴィス・コステロなどの影響を受けていた。渡米後は、1990年代以降のオルタナティヴ・ロックなどを意識した曲作りに始まり、時代とともに新たな録音システムを駆使した音作り、新たなロックの潮流にも貪欲に取り組んでいったと言える。自分で近年、「オタク」と認めるほど、制作に熱中して取り組む姿勢がうかがえる。特に2003年のリリースは「クレームが来ないか心配だった」と語る通り、現地仕込みのロック的要素を容赦なく出し始めた分岐点のようでもある。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たスティング (ミュージシャン)

    10月27日、STINGの東京ドーム来日コンサートに出演する。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たシャキール・オニール

    NBAのシャキール・オニールが所有していたビバリーヒルズにある豪邸を約7億円で購入し、11月7日付の米ロサンゼルス・タイムズ紙などで取り上げられた。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「氷室京介」のニューストピックワード