129件中 91 - 100件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見たカリスマ

    1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。その後も、独自のロック美学と圧倒的なライブパフォーマンスがカリスマ的に多くのフォロワーや業界関係者に影響を与える。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た"B"ORDERLESS

    "B"ORDERLESS(2010年9月8日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たCase of HIMURO

    Case of HIMURO(2003年3月19日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たロックンロールオリンピック

    8月12日、「ロックンロールオリンピック(スポーツランドSUGO)」に出演(sp≒eed名義でのシークレット出演)。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たFollow the wind

    Follow the wind(2003年8月20日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たアーティスト

    1994年、ロサンゼルスに創作拠点を置いて以後、マスメディアへの露出は更に減ったが(「たとえファンが離れても仕方ないと思っていた」と後にコメント。現在は雑誌での登場は一切していない)、日本でライブコンサートを開けば今でも全ての会場が満員になる。ロサンゼルスという環境を生かして、凄腕の外国人エンジニア、アーティスト、ミュージシャン等に自らオファーをし、自らをプロデュースするという形をとっている。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たポッドキャスト

    2007年(平成19年)、自宅のスタジオから「青少年のいじめや自殺問題」に言及するなど、ダイレクトなコミュニケーションツールとしてのポッドキャストの配信を開始。音楽に没頭する期間は、そう頻繁に更新することは難しいが、日本だけでなく、またファン以外の人の反応もつぶさに感じ取れるとあって、熱のこもったトークが展開された。寄せられた感想などは、直接彼のパソコン上にあがる仕組みになっており、その感想などにまた彼が答える、といったやりとりが行われていた。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た国立代々木競技場第二体育館

    12月31日、「KYOSUKE HIMURO TOUR 2000"BEAT HAZE ODYSSEY"」のファイナル公演として国立代々木競技場第二体育館にて自身初となるカウントダウンライブ(公式ファンクラブKING SWING会員限定)を開催。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た価値観

    システムに組み込まれないという価値観と性急なまでの縦ノリビートが当時20歳前後の若者に絶大なる支持を得て、日本独自のビート系ロックバンドとしてビートロックを確立し、解散までの約6年間に日本のロック界ではまだ有り得なかった数々の伝説を残した(音楽評論家の間では、よく「BOØWY以前、BOØWY以後」と表現された)。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たKeep the faith

    Keep the faith』 - 作詞: 氷室京介、SPIN/RAP詞:JOKER/作曲: 氷室京介(2007年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「氷室京介」のニューストピックワード