129件中 21 - 30件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見たホッピー神山

    『3001年のスターシップ』 - 作詞:湯川れい子/作曲:氷室京介/編曲:ホッピー神山(1987年)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たDAITA

    ツアーのサポート・ミュージシャンは、本田毅(ギター)、DAITA(ギター)、西山史晃(ベース)など、主要メンバーは定着している。ドラマーやキーボーディストなど起用するミュージシャンにより、変化あるツアーを実現している。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た横浜アリーナ

    5月9日、群馬音楽センターで「OVER SOUL MATRIX TOUR 1991」を開始。後に、このライヴ・ツアーの1991年8月22?23日、横浜アリーナ公演の模様は、1991年11月27日にビデオ『OVER SOUL MATRIX』としてリリース。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たビーイング

    地元、群馬県で松井常松らと共にデスペナルティを結成し、EastWestコンテストに入賞。その後、音楽事務所ビーイングにスカウトされるが、事務所に「実力不足」を理由に強制解散させられる。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た味の素スタジアム

    8月5日 - 6日、GLAYと「KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM "SWING ADDICTION"」を味の素スタジアムで開催した。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た松井恒松

    高校時代に、同級生の松井恒二(後の松井恒松)ら四人で結成したアマチュアバンド「デスペナルティ」で、卒業後の夏に行われたヤマハ主催の「EAST WEST '79」決勝大会において入賞(演奏した楽曲「ブルー・シガレット・ラブ」は、後にBOØWY名義の「CHU-RU-LU」として発表された。また、このコンクールでの演奏は「デスペナルティ」の楽曲として唯一音源化されている)。これを機に音楽事務所「ビーイング」と契約。しかし、当事務所社長の長戸大幸の意向でバンドは解散。解散後は寺西修一と名乗り、バンド「スピニッヂ・パワー」のシングル「BORO BORO BORO」にコーラスとして参加した。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た森雪之丞

    作詞に関しては、初期は松井五郎が主だったが、最近では森雪之丞の起用が目立つ。本人曰く「BOØWY時代は、詞を書いたが、ソロではほとんど詞を書かなくなった」、「アルバム『FOLLOW THE WIND』は全て雪之丞さんに作詞を依頼した」とのこと。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た佐久間正英

    佐伯明、友森昭一、ヒロ鈴木、市川訓由、永井利光、後藤次利、ホッピー神山、北島健二、佐橋佳幸、美久月千晴、佐久間正英、田家秀樹、DAITA、加藤正憲、氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たアンリ・カルティエ・ブレッソン

    好きな写真家は、アンリ・カルティエ・ブレッソンなど。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た後藤次利

    佐伯明、友森昭一、ヒロ鈴木、市川訓由、永井利光、後藤次利、ホッピー神山、北島健二、佐橋佳幸、美久月千晴、佐久間正英、田家秀樹、DAITA、加藤正憲、氷室京介 フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「氷室京介」のニューストピックワード