129件中 31 - 40件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見た田家秀樹

    佐伯明、友森昭一、ヒロ鈴木、市川訓由、永井利光、後藤次利、ホッピー神山、北島健二、佐橋佳幸、美久月千晴、佐久間正英、田家秀樹、DAITA、加藤正憲、氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たRCサクセション

    全てが思い通りにならず、付き合っていた彼女とも別れてしまう。どん底の状態となりついには音楽の道を諦め、群馬に帰郷する決意をする。しかし最後のつもりで立ち寄った7月5日日比谷野外音楽堂でのRCサクセションのライブを彼女からもらったチケットで観に行って一念発起し、当時18歳の布袋寅泰を電話で六本木の「アマンド」に呼び出し、バンド結成の話を持ちかけ、彼の協力のもと曲作り及び失った自らのバンドの再生を果たした。2人が再会した際に布袋は、群馬時代は硬派な印象だった氷室の風貌がニューウェーブ風になっていることに驚いたという。 9月 松井恒松が加入。 その後、深沢和明 諸星アツシが加入。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た長戸大幸

    高校時代に、同級生の松井恒二(後の松井恒松)ら四人で結成したアマチュアバンド「デスペナルティ」で、卒業後の夏に行われたヤマハ主催の「EAST WEST '79」決勝大会において入賞(演奏した楽曲「ブルー・シガレット・ラブ」は、後にBOØWY名義の「CHU-RU-LU」として発表された。また、このコンクールでの演奏は「デスペナルティ」の楽曲として唯一音源化されている)。これを機に音楽事務所「ビーイング」と契約。しかし、当事務所社長の長戸大幸の意向でバンドは解散。解散後は寺西修一と名乗り、バンド「スピニッヂ・パワー」のシングル「BORO BORO BORO」にコーラスとして参加した。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た西山史晃

    ツアーのサポート・ミュージシャンは、本田毅(ギター)、DAITA(ギター)、西山史晃(ベース)など、主要メンバーは定着している。ドラマーやキーボーディストなど起用するミュージシャンにより、変化あるツアーを実現している。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た松井常松

    地元、群馬県で松井常松らと共にデスペナルティを結成し、EastWestコンテストに入賞。その後、音楽事務所ビーイングにスカウトされるが、事務所に「実力不足」を理由に強制解散させられる。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た永井利光

    佐伯明、友森昭一、ヒロ鈴木、市川訓由、永井利光、後藤次利、ホッピー神山、北島健二、佐橋佳幸、美久月千晴、佐久間正英、田家秀樹、DAITA、加藤正憲、氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たBOØWY

    1982年、氷室狂介の名前で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム『MORAL』で再デビューを果たした。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たニルヴァーナ (バンド)

    デヴィッド・ボウイ、エルヴィス・コステロなどの影響をうけている。また、1990年代以降のロックの潮流であるオルタナティブ・ロックも最近の彼の音楽性に影響を与えており、本人は「あくまでニルヴァーナ以降の流れ」とコメントしている。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た北島健二

    佐伯明、友森昭一、ヒロ鈴木、市川訓由、永井利光、後藤次利、ホッピー神山、北島健二、佐橋佳幸、美久月千晴、佐久間正英、田家秀樹、DAITA、加藤正憲、氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たチャーリー・セクストン

    7月21日、Charlie Sexton(ギターリスト)の東京公演にゲスト出演。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「氷室京介」のニューストピックワード