129件中 51 - 60件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見たシステム

    システムに組み込まれないという価値観と性急なまでの縦ノリビートが当時20歳前後の若者に絶大なる支持を得て、日本独自のビート系ロックバンドとしてビートロックを確立し、解散までの約6年間に日本のロック界ではまだ有り得なかった数々の伝説を残した(音楽評論家の間では、よく「BOØWY以前、BOØWY以後」と表現された)。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たロサンゼルス・タイムズ

    NBAのシャキール・オニールが所有していたビバリーヒルズにある豪邸を約7億円で購入し、11月7日付の米ロサンゼルス・タイムズ紙などで取り上げられた。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た2009年

    Safe And Sound(2009年4月29日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たZepp

    KYOSUKE HIMURO TOUR 2004 "SOUL STANDING BY〜"(49公演、約14万人、11月8日、Zepp Tokyo ver.を含む)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たアマンド

    全てが思い通りにならず、付き合っていた彼女とも別れてしまう。どん底の状態となりついには音楽の道を諦め、群馬に帰郷する決意をする。しかし最後のつもりで立ち寄った7月5日日比谷野外音楽堂でのRCサクセションのライブを彼女からもらったチケットで観に行って一念発起し、当時18歳の布袋寅泰を電話で六本木の「アマンド」に呼び出し、バンド結成の話を持ちかけ、彼の協力のもと曲作り及び失った自らのバンドの再生を果たした。2人が再会した際に布袋は、群馬時代は硬派な印象だった氷室の風貌がニューウェーブ風になっていることに驚いたという。 9月 松井恒松が加入。 その後、深沢和明 諸星アツシが加入。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たTBSテレビ

    第三期ボーカリストとしてスピニッヂ・パワーに正式加入。シングル「HOT SUMMER RAIN」、アルバム『IN & OUT』で本格的にプロデビューし、テレビ番組『11時に歌いましょう』(TBS)などに出演した。しかし、ポップス色の強かったバンドの音楽性などが肌に合わず脱退。バンド自体も解散した。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た幕張メッセ

    KYOSUKE HIMURO COUNT DOWN LIVE 〜CROSSOVER 05-06〜(12月31日、幕張メッセ)2公演、約4万5千人氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たシンコーミュージック

    HIMURO DOCUMENT 1987-1988(シンコーミュージック、1988年)ISBN 9784401621408氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た東海ラジオ放送

    「SF Rock Station」(1986年10月 - 1987年3月、東海ラジオ氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たZEPP TOKYO

    9月19日、羽生市産業文化会館で「KYOSUKE HIMURO TOUR 2004 "SOUL STANDING BY〜"」を開始。後に、このライヴ・ツアーの2004年12月25日、国立代々木競技場第一体育館(最終日)公演と、2004年11月8日、ZEPP TOKYO公演(Zepp Tokyo ver.)の模様は、2005年12月24日にDVD『SOUL STANDING BY?』として(氷室の公式サイト内の限定販売のみで)リリース。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「氷室京介」のニューストピックワード