107件中 61 - 70件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見たさいたまスーパーアリーナ

    ソロ15周年に当たるこの年、ベスト・アルバム『Case of HIMURO』が3月19日にリリースされた。その後の2003年7月20日、さいたまスーパーアリーナで「15th Anniversary Special LIVE "Case of HIMURO"」と称したライブを行った。そのライヴの模様は、2003年11月25日にDVD『Case of HIMURO 15th Anniversary Special LIVE』としてリリース。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た国立代々木競技場第一体育館

    1月11日、横浜アリーナで「TOUR 1993 "L'EGOISTE"」を開始。後に、このライヴ・ツアーの1993年5月12日、国立代々木競技場第一体育館(最終日)公演の模様は、2009年2月25日にDVD『L'EGOISTE』としてリリース。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たKING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESS

    10月1日、高松市総合体育館で「KING OF ROCK SHOW "FLOWERS for ALGERNON"」ツアーを開始。後に、このライヴ・ツアーの1989年1月3〜4日、東京ドーム公演と「KING OF ROCK SHOW "DON'T KNOCK THE ROCK"」ツアー公演の模様は1989年6月28日にビデオ『KING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESS』としてリリース。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たロサンゼルス

    群馬県高崎市出身。所属事務所はBeatNix。ロサンゼルス在住。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た日比谷野外音楽堂

    デビューしたものの思い通りにならないことが多く、群馬へ帰る決意もした頃、当時の彼女から貰ったチケットで、思い出のつもりで7月5日日比谷野外音楽堂でのRCサクセションのライブを観る。それが新たなモチベーションを与えたと言われている。当時18歳の布袋寅泰を電話で六本木の「アマンド」に呼び出し、バンド結成の話を持ちかけた。そして、彼の協力のもと曲を作り、新たなバンド作りに取り掛かる。2人が再会した際に、布袋は、「群馬時代は硬派な印象だった氷室の風貌がニューウェーブ風になっていることに驚いた」というエピソードを残している。9月、松井恒松が加入。その後、深沢和明、諸星アツシが加入。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たクロムハーツ

    クロムハーツを長年愛用し、コラボレートするなどしていた。また、左の二の腕にはタトゥーを入れている。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た写真家

    趣味は、ライカでの写真撮影などで、自宅で現像もこなすほど知識も詳しい。彼をBOØWY時代から撮影していた加藤正憲によって写真を教えてもらってもいた。好きな写真家は、アンリ・カルティエ・ブレッソンなど。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た仙台サンプラザホール

    KYOSUKE HIIMURO Charity Live in SENDAI"We Are Down But Never Give Up!!"(3月11日、仙台サンプラザホール氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たNEO FASCIO TURNING POINT

    NEO FASCIO TURNING POINT(1990年・VHS、再発:2009年・DVD)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たアルバム

    1982年、氷室狂介の名前で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム『MORAL』でデビュー。1987年12月24日、およそ6年の活動期間を以てBOØWYは解散する。1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「氷室京介」のニューストピックワード