129件中 81 - 90件表示
  • 氷室京介

    氷室京介から見た六本木

    全てが思い通りにならず、付き合っていた彼女とも別れてしまう。どん底の状態となりついには音楽の道を諦め、群馬に帰郷する決意をする。しかし最後のつもりで立ち寄った7月5日日比谷野外音楽堂でのRCサクセションのライブを彼女からもらったチケットで観に行って一念発起し、当時18歳の布袋寅泰を電話で六本木の「アマンド」に呼び出し、バンド結成の話を持ちかけ、彼の協力のもと曲作り及び失った自らのバンドの再生を果たした。2人が再会した際に布袋は、群馬時代は硬派な印象だった氷室の風貌がニューウェーブ風になっていることに驚いたという。 9月 松井恒松が加入。 その後、深沢和明 諸星アツシが加入。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た音楽評論家

    システムに組み込まれないという価値観と性急なまでの縦ノリビートが当時20歳前後の若者に絶大なる支持を得て、日本独自のビート系ロックバンドとしてビートロックを確立し、解散までの約6年間に日本のロック界ではまだ有り得なかった数々の伝説を残した(音楽評論家の間では、よく「BOØWY以前、BOØWY以後」と表現された)。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た高崎市

    群馬県高崎市倉賀野町出身。所属事務所はBeat Nix。ロサンゼルス在住。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たThe One Night Stands 〜TOUR "COLLECTIVE SOULS" 1998〜

    The One Night Stands 〜TOUR "COLLECTIVE SOULS" 1998〜(1998年12月9日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たSHAKE THE FAKE

    SHAKE THE FAKE(1994年9月26日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たNEO FASCIO

    NEO FASCIO(1989年9月27日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たSF Rock Station

    SF Rock Station」(1986年10月 - 1987年3月、東海ラジオ)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たMemories Of Blue

    Memories Of Blue(1993年1月7日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見たmasterpiece #12

    masterpiece #12(1992年4月25日)氷室京介 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室京介

    氷室京介から見た京都会館

    11月27日、GLAYのツアーを京都会館第一ホールで観覧、アンコールで飛び入り出演する。氷室京介 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「氷室京介」のニューストピックワード