224件中 51 - 60件表示
  • おーい、ニッポン

    おーい、ニッポンから見た氷川きよし氷川きよし

    1巡目終了後の2004年4月17日、BS2で『おーい、ニッポンスペシャル ふるさとのうたinナゴヤドーム』と題した特別番組が放送され、「県のうた」全49曲を一堂に集めて紹介。同番組の司会は峰竜太と島崎和歌子が務め、ゲストに夏川りみと氷川きよしが出演した。もちろん秋元もプロデューサーとして出演した。おーい、ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 新宿コマ劇場

    新宿コマ劇場から見た氷川きよし氷川きよし

    「演歌の殿堂」という異名でも知られる劇場で、北島三郎・小林幸子・氷川きよしの特別公演が開催されて来た。演歌歌手又は演歌歌手志望で芸能界に入った者にとってはベテラン・若手問わず、いつかはこの観客席を満員にしてコンサートや座長公演を行うのが夢という憧れの舞台であり、その知名度の如何に問わず数多く存在していた。新宿コマ劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ビリケン (歌手)

    ビリケン (歌手)から見た氷川きよし氷川きよし

    KIYOSHI(氷川きよし)、FANATIC◇CRISISらと共演作ビリケン (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • うまかっちゃん

    うまかっちゃんから見た氷川きよし氷川きよし

    CMには西村知美、長与千種、高杢禎彦、森口博子、山崎銀之丞、氷川きよし、スザンヌなど九州・山口にゆかりのある芸能人が出演した。この時代は高校が舞台となっており上記の出演者は主に教師、生徒役で出演している。2009年?現在は博多華丸・大吉が出演中。なお、博多華丸・大吉は氷川きよしがCMの主役であった当初は主役級の扱いで氷川と並んで映っていたが、次第に露出が小さくなり最終的には氷川の後ろに映る多数の生徒役にまで格下げされていた。本人達はこの事を2006年12月10日の単独ライブ「博多theよしもと 7じすぎ ?染まってたまるか?」にてぼやいていた。2012年には『うまか坊や』と福岡県太宰府のマスコット『千梅ちゃん』とも共演。尚、2012年バージョンでは両名とも教師役にて主役に返り咲いている。うまかっちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 長良じゅん

    長良じゅんから見た氷川きよし氷川きよし

    1964年に「長良事務所」設立。1999年に廣済堂プロダクションから独立する形で長良プロを設立。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよし、俳優の梅宮辰夫、中村玉緒、グッチ裕三らを育て上げる。2003年から「長良グループ」会長。長良じゅん フレッシュアイペディアより)

  • 海雪

    海雪から見た氷川きよし氷川きよし

    2008年、第41回日本作詩大賞の大賞を受賞した。デビュー曲が大賞を受賞したのは、2000年の第33回・氷川きよしの「箱根八里の半次郎」以来8年ぶり2曲目。海雪 フレッシュアイペディアより)

  • きよしとこの夜

    きよしとこの夜から見た氷川きよし氷川きよし

    『きよしとこの夜』(きよしとこのよる)とはNHK総合テレビで氷川きよしを司会に迎え、2005年3月28日から2009年3月12日まで放送されていたバラエティ番組である。なお当番組は2007年度より放送翌週の16:05〜16:48及びBS2でも不定期であるが、17:15?17:58に時差放送されていた。また、再放送は相撲や国会中継などで放送休止になる場合もあった。きよしとこの夜 フレッシュアイペディアより)

  • 玄海船歌

    玄海船歌から見た氷川きよし氷川きよし

    「玄海船歌」(げんかいふなうた)は、2008年2月13日に発売された氷川きよし13枚目のシングル。玄海船歌 フレッシュアイペディアより)

  • 虹色のバイヨン

    虹色のバイヨンから見た氷川きよし氷川きよし

    「虹色のバイヨン」(にじいろのバイヨン)は、氷川きよしの21枚目のシングル。2010年8月25日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売された虹色のバイヨン フレッシュアイペディアより)

  • あの娘と野菊と渡し舟

    あの娘と野菊と渡し舟から見た氷川きよし氷川きよし

    「あの娘と野菊と渡し舟」(あのことのぎくとわたしぶね)は、氷川きよしの22枚目のシングル。2011年2月2日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売された。あの娘と野菊と渡し舟 フレッシュアイペディアより)

224件中 51 - 60件表示

「氷川きよし」のニューストピックワード