108件中 21 - 30件表示
  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た日本有線大賞

    2006年、「一剣」で日本レコード大賞を受賞し、歴代4人目のレコード大賞3冠となった。2007年、「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞となる。2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。また、歌手活動以外にもタレント活動や歌謡劇への出演などを展開している。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た日本レコード大賞

    2000年2月、「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビュー。同年末の日本レコード大賞を初めとする音楽賞・最優秀新人賞を総なめにした。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た長良プロダクション

    本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系の楽曲を発表する際はKIYOSHI名義でも活動する。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た松井由利夫

    日本作詩大賞・大賞 - (実際は作詞した松井由利夫が受賞したが、デビュー曲が受賞したのは史上初)氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た松村和子

    2001年には『オリコン ウィーク The Ichiban』(現:『oricon style』)誌の表紙を飾る。演歌歌手が同誌の表紙を飾るのは、『オリコン・ウィークリー』時代から数えても松村和子、城之内早苗に続いて3人目であり、男性演歌歌手では初めてのことだった。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見たテレサ・テン

    第38回日本有線大賞 3連覇 - (この受賞でテレサ・テンに次いで2人目、男性歌手としては初めての東西有線大賞3連覇達成)氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た長良じゅん

    芸名の「氷川」は、所属事務所の長良プロダクションがあった東京都港区赤坂6丁目にある氷川神社、「きよし」は氷川の本名である「山田清志」に由来する。名付け親はビートたけし(北野武)であるとされるが、実際は事務所会長の長良じゅんが命名しており、長良が氷川をたけしに紹介した際には、既に「氷川きよし」という芸名でのデビューがほぼ決まっていた。長良は、新人歌手の氷川を売り込むため、話題作りとしてたけしを名付け親にしようと考えたという。この話はたけし自身が明かしているが、一方で、その後もたけしは自らが名付け親であると公言することがある。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見たゆず (音楽グループ)

    往年の演歌、昭和歌謡やムード歌謡、ポップスやロック調の歌まで、特定のジャンルにとらわれず歌唱する。「演歌名曲コレクション」シリーズなどのカバーアルバムを発表しているほか、『きよしとこの夜』などのテレビ番組ではポップス系の楽曲も数多く披露しており、KIYOSHI名義でのシングルCDも発表している。フジテレビ『ミュージックフェア』『FNSうたの夏まつり』『FNS歌謡祭』などではJ-POPを歌唱し、視聴者からも反響の声が大きかった。とりわけ『うたの夏まつり』でゆずとコラボレーションした「栄光の架橋」はその歌唱力が視聴者から絶賛され、菊川怜も『うたの夏まつり』で印象に残ったシーンとして氷川・ゆずのコラボレーションを挙げている。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見たベストヒット歌謡祭

    ベストヒット歌謡祭(旧全日本有線放送大賞)・グランプリ連覇(演歌・歌謡曲部門)氷川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 氷川きよし

    氷川きよしから見た福岡市

    福岡県福岡市南区出身。福岡市立大楠小学校・福岡市立高宮中学校を卒業後、福岡第一商業高等学校に進学して卒業。氷川きよし フレッシュアイペディアより)

108件中 21 - 30件表示

「氷川きよし」のニューストピックワード