546件中 91 - 100件表示
  • 永井一郎

    永井一郎から見たマイケル・ケイン

    センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(アレキサンダー【マイケル・ケイン】)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たピーター・フォーク

    最高のルームメイト(ロッキー【ピーター・フォーク】)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たケン・ジェンキンス

    エア★アメリカ(ルモンド少佐【ケン・ジェンキンス】)※日本テレビ版永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たロバート・スミゲル

    リトル★ニッキー(ビーフィの声【ロバート・スミゲル】)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た母礼

    まんが日本史(母礼、大江匡房、藤原頼長、後白河上皇、毛利元就、フランシスコ・ザビエル、井伊直弼、岩倉具視)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たピーター・ローレ

    カサブランカ(ウーガーテ【ピーター・ローレ】)※テレビ朝日版永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た1ポンドの福音

    多くの高橋作品に出演しており『うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『高橋留美子劇場』、『1ポンドの福音』など、常連声優の一人であった。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たバセドウ病

    35歳でバセドウ病に罹り、その後50代で糖尿病を患うなど、終生「病との共存」を強いられた。『サザエさん』の収録現場にある食堂の店主の話によると、食事制限のあった永井のために、そうめんと小鉢セットを用意していたという。さらには1994年には食道癌が見つかり内視鏡手術、2000年には直腸癌で入院、手術している。食道癌で手術をした後から声が出なくなり、原因がわからないまま2週間ほど経過した頃、後輩に誘われ酒を酌み交わしていたところ、自然と声が出ていたという。再び出にくくなって飲んでみたところ、また声が出た。医者に説明しても首をかしげられたが、以来、「声を出すために」敢えて酒を飲むようになった。その後、血糖値に影響が出にくく自分に合う酒を試しながら、行きついたのは「芋焼酎」だった。(あくまで永井の場合に限っては)最高300mg/dlまであった血糖値も2、3年で150台で安定するようになり、体調も順調になったことから、芋焼酎をこよなく愛し、ファンを貫いた。そうした一方で、実は45歳頃までは全く酒を嗜まず下戸だった。また糖尿との付き合いが始まり、芋焼酎と出会うまでは医者から注意されていたという。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た天才てれびくん

    天才てれびくんドラマのお正月(ウルフン)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た演劇

    大学時代に演劇を始め、卒業後は役者を志して上京。新劇の劇団を受けるも全て落ち、2年間広告代理店の電通に勤務しながら俳優の養成所に通う。養成所を卒業し、愛川欽也ら俳優座の3期生が集まって結成した劇団三期会に参加。この三期会がアメリカのテレビ映画『スーパーマン』にユニット出演していたため、永井も吹き替えの仕事を始めるようになったという。三期会では25歳と最年長だったため、当初から舞台でも中年や老人の役が多かった。特に海外ドラマ『ローハイド』の老料理人のウィッシュボン役が老け役専門になる決定的な出来事だったと語る。以後、声優の仕事でスケジュールが埋まり、舞台や映画の仕事をやれなくなり、自然と声優に専念するようになっていった。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

546件中 91 - 100件表示