546件中 21 - 30件表示
  • 永井一郎

    永井一郎から見た宇宙戦艦ヤマト

    アニメ作品では、1962年の劇場用作品『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』(東映動画)でのアーマッド役が初めての出演だった。その後1963年のテレビアニメ『鉄腕アトム』にゲスト出演し、1964年の『ビッグX』の博士役で初のレギュラー出演と、アニメ黎明期から活躍していた。その後も、『サザエさん』、『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』や『うる星やつら』、『YAWARA!』など多くのヒット作品に出演。バラエティ番組、『悪魔くん』、『機動戦士ガンダム』などで、ナレーションを数多く務めた。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た近石真介

    戒名は「壽聖院勲譽一叡聲導居士」(じゅしょういんくんよいちえいせいどうこじ)で、「周りの人々をほのぼのと温かく豊かに見守り、声によって救い導く」という意味が込められている。通夜は2月2日18時から営まれ、加藤みどり、麻生美代子、津村まこと、三ツ矢雄二、水島裕、古谷徹、井上和彦らが参列した。葬儀・告別式は2月3日に営まれ、浦沢直樹、加藤みどり、冨永みーなが弔辞を読み、貴家堂子、近石真介、増岡弘、野村道子、増山江威子、玄田哲章、山寺宏一らも参列した。出棺の際には永井の弟の呼びかけにより、波平の口癖であった「バカもーん!」という言葉で送り出され、ホルストの組曲『惑星』の第4曲ジュピターの中間部が流れた。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たハウス食品

    ハウス食品「サザエさんちのふりかけ・お茶漬け」、「サザエさんちのお茶漬け」(磯野波平)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た電通

    大学時代に演劇を始め、卒業後は役者を志して上京。新劇の劇団を受けるも全て落ち、2年間広告代理店の電通に勤務しながら俳優の養成所に通う。養成所を卒業し、愛川欽也ら俳優座の3期生が集まって結成した劇団三期会に参加。この三期会がアメリカのテレビ映画『スーパーマン』にユニット出演していたため、永井も吹き替えの仕事を始めるようになったという。三期会では25歳と最年長だったため、当初から舞台でも中年や老人の役が多かった。特に海外ドラマ『ローハイド』の老料理人のウィッシュボン役が老け役専門になる決定的な出来事だったと語る。以後、声優の仕事でスケジュールが埋まり、舞台や映画の仕事をやれなくなり、自然と声優に専念するようになっていった。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たKDDI

    KDDI「au 4G LTE 800MHz/推理ドラマ篇」(2014年1月 - )永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た佐渡汽船

    佐渡汽船ラジオCM(祖父役)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た松竹

    太陽の墓場(1960年8月9日、松竹) - ヤリ 役永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た学研ホールディングス

    「プロフェッショナル列伝」『アニメディア』1984年5月号、学習研究社、p118永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見た東映アニメーション

    アニメ作品では、1962年の劇場用作品『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』(東映動画)でのアーマッド役が初めての出演だった。その後1963年のテレビアニメ『鉄腕アトム』にゲスト出演し、1964年の『ビッグX』の博士役で初のレギュラー出演と、アニメ黎明期から活躍していた。その後も、『サザエさん』、『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』や『うる星やつら』、『YAWARA!』など多くのヒット作品に出演。バラエティ番組、『悪魔くん』、『機動戦士ガンダム』などで、ナレーションを数多く務めた。永井一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井一郎

    永井一郎から見たテレビ朝日

    テレビ朝日開局50周年記念番組『50時間テレビ』第2夜の『SmaSTATION!! Presents SMAPがんばりますっ!!』内で放映された特撮テレビドラマ作品『仮面ライダーG』のナレーション(テレビ朝日、2009年1月31日)永井一郎 フレッシュアイペディアより)

546件中 21 - 30件表示