34件中 11 - 20件表示
  • 磯崎竜一

    磯崎竜一から見た永井雄一郎永井雄一郎

    高校の後輩にケツメイシのDJ KOHNOや現ザスパクサツ群馬所属のサッカー選手永井雄一郎などがおり交流も深い。またサッカー関連にも交流が多く、元日本代表の岡野雅行とは家族ぐるみで交流がある。磯崎竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井友之

    酒井友之から見た永井雄一郎永井雄一郎

    趣味はサーフィン。友人の永井雄一郎と一緒にサーフィンをする様子がお互いのブログで紹介されている。酒井友之 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J1・2ndステージ最終節

    2003年J1・2ndステージ最終節から見た永井雄一郎永井雄一郎

    一方、埼スタでは後半開始早々に浦和がPKを獲得。しかし出場停止明けのFWエメルソンがこれを失敗し、差を詰めることが出来ない。しかし、ホームで負けたくない浦和はFW永井雄一郎を追加投入し、3トップで攻勢を強める。2003年J1・2ndステージ最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 西村卓朗

    西村卓朗から見た永井雄一郎永井雄一郎

    トリッキーなドリブルでサイドを突破する自他共に認める健康オタク。徹底した健康管理がチームメイトの共感を集めた。永井雄一郎に肉体改造のすすめを説いたのも西村である。また、埼玉県朝霞市のコミュニティFMである「すまいるエフエム」にて、『西村卓朗の玄米生活』というレギュラー番組を持ち、パーソナリティーを務めていた。2008年シーズン終了後、大宮を退団し渡米。USL1部リーグのポートランド・ティンバーズに加入した。西村卓朗 フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    エジミウソン・ドス・サントス・シルバから見た永井雄一郎永井雄一郎

    2011年、これまでの実績を買われ永井雄一郎が退団して以来欠番になっていた9番に背番号を変更してシーズンを迎えたが、カタールのアル・ガラファから正式オファーが届きクラブ間で合意。自身が望まない形で離日し、アル・ガラファへ完全移籍することとなった。エジミウソン・ドス・サントス・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 田畑昭宏

    田畑昭宏から見た永井雄一郎永井雄一郎

    西武台高校から1997年に浦和レッドダイヤモンズへ入団。1年目から永井雄一郎と共に活躍し、メディアからも注目される存在となった。田畑昭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 東京農業大学第一高等学校・中等部

    東京農業大学第一高等学校・中等部から見た永井雄一郎永井雄一郎

    永井雄一郎(サッカー選手)※在学中はサッカー部に所属せず。東京農業大学第一高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1997年、高校時代の活躍を認められ田畑と共に地元の浦和レッドダイヤモンズに入団。高卒新人の同期には田畑の他、永井雄一郎、三本菅崇がおり、ポジションはディフェンダーとして登録され背番号は33を与えられた。当時の浦和はケッペル監督の下、守備陣には元ドイツ代表のブッフバルト、ユーゴスラビア代表のペトロビッチをはじめ、西野努らがおり、守備的な中盤でもベテランの堀孝史、広瀬治をはじめ、土橋正樹、阿部敏之、石井俊也らがおり、これらの実力者とポジションを争う事となった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た永井雄一郎永井雄一郎

    山田暢は65分までレッズ歴代選抜チームで出場、山田樹は山田暢の長男。長谷部は所属クラブとの契約により試合出場不可。永井雄一郎も出場する予定だったが、アルテリーヴォ和歌山の天皇杯二回戦進出が決まったため出場出来なくなった。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 平川忠亮

    平川忠亮から見た永井雄一郎永井雄一郎

    2004年は左アウトサイドを本職とする三都主アレサンドロが清水エスパルスから加入したため、シーズン当初は負傷者が多く手薄だった3バックの右ストッパーなどで起用される時期もあった。その後、田中マルクス闘莉王の復帰、アルパイ・オザランの加入などで3バックの層が再び厚くなると、主に途中出場や三都主が日本代表での不在時の穴埋め等で起用されることが多くなった。また、セカンドステージからは右アウトサイドに永井雄一郎が定着したこともあり、ベンチを暖めることが多くなった。平川忠亮 フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示