27件中 11 - 20件表示
  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1997年マレーシア大会では、宮本恒靖、中村俊輔、柳沢敦、明神智和、戸田和幸、山口智らの世代。前大会に出場した中田・松田は年齢的には参加資格を満たすものの、前年のアトランタオリンピックに参加していたため、当時の大会規定で出場できなかった(後にこのルールは撤廃)。その一方、一世代下から永井雄一郎と南雄太が参加し、主力として活躍した。彼らを山本昌邦監督が率いて臨み、準々決勝でガーナに敗れるが2大会連続でベスト8進出を成し遂げた。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 城定信次

    城定信次から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1996年に浦和レッドダイヤモンズに入団。2年目から左サイドバックまたは左ウイングバックのレギュラーの座を掴んだ。また同年にはU-20日本代表として永井雄一郎らと共にFIFAワールドユースに出場しベスト8進出に貢献した。城定信次 フレッシュアイペディアより)

  • 西村卓朗

    西村卓朗から見た永井雄一郎永井雄一郎

    国士舘大学卒業後、浦和レッドダイヤモンズに入団。2004年シーズン途中、浦和から大宮アルディージャに移籍し、J1昇格に貢献した。トリッキーなドリブルでサイドを突破する自他共に認める健康オタク。徹底した健康管理がチームメイトの共感を集めた。永井雄一郎に肉体改造のすすめを説いたのも西村である。また、埼玉県朝霞市のコミュニティFMである「すまいるエフエム」にて、『西村卓朗の玄米生活』というレギュラー番組を持ち、パーソナリティーを務めていた。2008年シーズン終了後、大宮を退団し渡米。USL1部リーグのポートランド・ティンバーズに加入した。西村卓朗 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年J1最終節

    1999年J1最終節から見た永井雄一郎永井雄一郎

    その一方で浦和は、前シーズン(1998年)の2ndステージを3位と躍進したことにより優勝戦線に絡むと予想されていたが、永井雄一郎や小野伸二がFIFAワールドユース日本代表、石井俊也がシドニー五輪予選の代表としてチームを離れることが多かった上に、吉野智行や盛田剛平などの新人選手の成績が振るわずベストメンバーが組めない状況が続き、1stステージは13位と振るわなかったため、浦和は原博実監督を解任し、2ndステージからオランダ人のア・デモスを監督として招聘した。1999年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た永井雄一郎永井雄一郎

    後半もG大阪の攻勢が続くが、これに対して浦和は反転攻勢をかけるべく62分にDF平川忠亮に代えてMF長谷部誠を、76分にMF小野伸二に代えてFW岡野雅行をそれぞれ投入。これが功を奏し、87分に長谷部のパスを受けた岡野がG大阪のDFをかわしてセンタリング、それを受けたFW永井雄一郎が右足でゴールを決め、浦和が先制。これを守りきった浦和が2年連続6度目(前身の三菱重工時代を含む)の、また1992年の日産FC横浜マリノス以来(Jリーグ発足後は初)となる連覇を成し遂げた。G大阪はシュート数で21本対6本と終始試合を圧倒しながら決定力不足が響いた。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • カールスルーエSC

    カールスルーエSCから見た永井雄一郎永井雄一郎

    カールスルーエSC(Karlsruher SC)はドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州・カールスルーエを本拠地とするサッカークラブ。オリバー・カーンが最初に所属したクラブ。日本人のサッカー選手では、1998年から1999年にかけて、永井雄一郎が下部組織のKSCアマチュア(3部)でプレーしていた。カールスルーエSC フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J1・2ndステージ最終節

    2003年J1・2ndステージ最終節から見た永井雄一郎永井雄一郎

    順位は前半終了時と変わりないが、磐田と鹿島の勝ち点が並んだ。埼玉では後半31分、浦和が永井雄一郎のゴールで1点返す。2003年J1・2ndステージ最終節 フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    エジミウソン・ドス・サントス・シルバから見た永井雄一郎永井雄一郎

    2011年、これまでの実績を買われ永井雄一郎が移籍して以降欠番になっていた9番に背番号を変更してシーズンを迎えたが、カタールのアル・ガラファから正式オファーが届きクラブ間で合意。自身が望まない形で日本を去り、アル・ガラファへ完全移籍することとなった。エジミウソン・ドス・サントス・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 2月14日

    2月14日から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1979年 - 永井雄一郎、サッカー選手2月14日 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た永井雄一郎永井雄一郎

    これは1996年5月15日に平塚のベッチーニョ、磐田のスキラッチが初めて達成。同一チームでは1998年9月26日に磐田の奥大介と高原直泰が初めて達成し、2004年8月21日の東京V戦で、浦和の永井雄一郎と山瀬功治が達成して以来4例目。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「永井雄一郎」のニューストピックワード