34件中 21 - 30件表示
  • 関口久雄

    関口久雄から見た永井雄一郎永井雄一郎

    現役引退後は浦和レッドダイヤモンズの育成部・強化部に属し、スカウトとして山田暢久や永井雄一郎等の獲得に尽力した。関口久雄 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た永井雄一郎永井雄一郎

    奇策にすがるようにも見える起用法や采配には選手やサポーターから批判が起こり、選手紹介の際にスタジアムがブーイングで鳴り響く事態に陥った。そして極めつけは当時の主力だった永井雄一郎がエンゲルスの采配と浦和フロントのコンセプトの無さを公然と批判する事態にも発展した(最終的に永井はこの年限りで浦和を退団し、清水エスパルスへ移籍した)。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 堀江航

    堀江航から見た永井雄一郎永井雄一郎

    幼少時代よりサッカーに没頭し、三菱養和でプレー。同期には井手口純、宇留野純、三上卓哉が、一年先輩には永井雄一郎がいた。都立駒場高校では1998年の高校選手権に出場している。なお、1年後輩にお笑い芸人の村上純がいた。堀江航 フレッシュアイペディアより)

  • 城定信次

    城定信次から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1996年に浦和レッドダイヤモンズに入団。2年目から左サイドバックまたは左ウイングバックのレギュラーの座を掴んだ。また同年にはU-20日本代表として永井雄一郎らと共にFIFAワールドユースに出場しベスト8進出に貢献した。城定信次 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年J1最終節

    1999年J1最終節から見た永井雄一郎永井雄一郎

    一方、浦和は、前シーズン(1998年)の2ndステージで3位と躍進したことにより優勝戦線に絡むと予想されていたが、永井雄一郎や小野伸二がFIFAワールドユース日本代表、石井俊也がシドニー五輪予選の代表としてチームを離れることが多かった上に、吉野智行や盛田剛平などの新人選手の成績が振るわずベストメンバーが組めない状況が続き、1stステージは13位と振るわず、浦和は原博実監督を解任し、2ndステージからオランダ人のア・デモスを監督として招聘した。ところが、シドニー五輪の一次予選で小野伸二がひざを負傷してシーズンのほとんどを離脱するなどのため連敗を重ね、さらには第6節・ジュビロ磐田戦から第9節・名古屋グランパスエイト戦まで4試合連続延長Vゴール負けを喫するなどにより、J1残留争いに巻き込まれることになる。1999年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2月14日

    2月14日から見た永井雄一郎永井雄一郎

    1979年 - 永井雄一郎、サッカー選手2月14日 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た永井雄一郎永井雄一郎

    前回大会に出場した中田英寿、松田直樹に加え、宮本恒靖の3人は早生まれのため他の最年長組の選手より1学年上の先輩だったが、年齢的には国際基準の参加資格を満たしていた。しかし、中田と松田は前年のアトランタオリンピックに出場していたため、当時の大会規定で参加していない宮本のみが出場する事ができた(後にこのルールは撤廃)。その一方、一世代下から永井雄一郎と南雄太が飛び級で参加し、主力として活躍した。彼らを山本昌邦監督が率いて臨み、準々決勝でガーナに敗れるが2大会連続でベスト8進出を成し遂げた。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • カールスルーエSC

    カールスルーエSCから見た永井雄一郎永井雄一郎

    カールスルーエSC(Karlsruher SC)はドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州・カールスルーエを本拠地とするサッカークラブ。オリバー・カーンが最初に所属したクラブ。日本人のサッカー選手では、1998年から1999年にかけて、永井雄一郎が下部組織のKSCアマチュア(3部)でプレーしていた。カールスルーエSC フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た永井雄一郎永井雄一郎

    小野や福田、外国人選手の故障、前年に好成績を残したことにより補強はいらないというフロントの判断で成績は再び低迷。シーズン途中で経営陣は原を更迭、後任にア・デモスを迎えるが、最終戦で福田がVゴールを決めて勝利したにもかかわらず得失点差1で年間順位15位でJリーグ ディビジョン2(J2)へ降格し、「世界で一番悲しいVゴール」と呼ばれた。シーズン途中に中村忠、路木龍次、フェルナンド・ピクン、中谷勇介を獲得、また留学していたカールスルーエSCから永井雄一郎を、練習生としてアヤックスに参加していた岡野雅行を呼び戻すも結果には結びつかなかった。Jリーグトップクラスの人気チームがJ2降格という出来事はテレビや新聞、雑誌などでも特集された。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 岡野雅行 (サッカー選手)

    岡野雅行 (サッカー選手)から見た永井雄一郎永井雄一郎

    2004年に浦和に完全移籍。2007年元日の天皇杯決勝では、途中交代で出場し、永井雄一郎の決勝点をアシストし、浦和レッズの天皇杯連覇に貢献した。2008年、10月26日のアルビレックス新潟戦で後半ロスタイムから出場し、史上34人目のJ1通算300試合を達成。しかし、クラブが若返りを押し進めたことから、共に長年浦和を支えてきた内舘秀樹と同じく11月26日に契約終了が発表され、浦和を離れることとなった。岡野雅行 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示