60件中 21 - 30件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た桜井直人

    持病の腰痛の影響で3月後半、7月後半、11月中旬から約1カ月の間は試合を欠場したが、前年と同様にリーグ戦で6得点を挙げた。そのうち5得点が同点、先制、決勝点と勝負強さを見せた。2003年以来のジーコジャパンのトレーニングキャンプにレッズでチームメイトだった桜井直人と共に選出されるもメンバーには残れなかった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た岡野雅行 (サッカー選手)

    背番号をかつて野人こと岡野雅行の「7」に変更。しかし、1stステージはエメルソンとトゥットがレギュラーで控えが田中達也、永井はFWの4番手という扱いを受け、ベンチを温める日が続いた。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たワシントン・ステカネロ・セルケイラ

    ワシントンの加入で前線はワシントンの1トップ、その後ろにポンテ、小野伸二(終盤戦は山田暢久)が2シャドーとして控える形がほぼ固定され、2トップの場合でもワシントンと負傷から復帰した田中達也のコンビがファーストチョイスとなり、右サイドも序盤戦は山田暢久、中盤戦以降は平川忠亮が起用される事が多かったため、ベンチスタートの試合が増えていった。また、スタメン出場した試合でも本人が希望するFW起用ではなく、2シャドーの一角で起用されることが多かった。そういった中でも4月29日、9月10日に行われた大宮アルディージャ戦、7月22日に行われた川崎フロンターレ戦では終盤に貴重なダメ押し点を記録し、チームの勝利に大きく貢献した。だが、12月2日に行われたG大阪戦ではベンチ入りはしたものの出場機会が無く、ピッチ上で優勝の瞬間に立ち会うことは出来なかった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たトミスラフ・マリッチ

    開幕戦こそFWで出場したが、前半戦は主にトップ下でコンスタントに出場機会を得た。エメルソンがシーズン途中で退団してからは田中達也や途中加入のマリッチと2トップを組んだ。10月に田中達也の負傷離脱以降はマリッチが1トップに入る形で固定されたため、右サイドでプレーする試合が増えると、マリッチのゴールを幾度となくアシストし、マリッチからもクロスの精度を絶賛された。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た小村徳男

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たガンバ大阪

    8月21日の東京V戦では、約70メートルのドリブルで3人抜きを果たしゴール。このスーパーゴールを含む3得点を挙げ、山瀬功治と共に「1試合で同じチームの二人がハットトリックを達成」という珍しい記録での圧勝劇の中心となった。このシーズンの得点はハットトリックを含む6得点だったものの、優勝争いをしていたジェフ市原やガンバ大阪から奪った貴重なゴールだった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た名古屋グランパス

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たサッカー日本代表

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た大分トリニータ

    自身の希望で背番号「11」を背負い、主に左サイドのMFとして起用された。複数人抜きのドリブルゴールや3試合連続得点、天王山の大分トリニータ戦でのゴールなど、チーム最多の12得点を記録してチームのJ1復帰に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たFIFAクラブワールドカップ

    11月14日に行われたACL決勝でも先制点を決め、大会MVPに選出された。12月10日のFIFAクラブワールドカップ準々決勝フーラッド・モバラケ・セパハンFC戦で先制点を挙げ、同大会史上初の日本人スコアラーとなった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「永井雄一郎」のニューストピックワード