60件中 31 - 40件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た川崎フロンターレ

    ワシントンの加入で前線はワシントンの1トップ、その後ろにポンテ、小野伸二(終盤戦は山田暢久)が2シャドーとして控える形がほぼ固定され、2トップの場合でもワシントンと負傷から復帰した田中達也のコンビがファーストチョイスとなり、右サイドも序盤戦は山田暢久、中盤戦以降は平川忠亮が起用される事が多かったため、ベンチスタートの試合が増えていった。また、スタメン出場した試合でも本人が希望するFW起用ではなく、2シャドーの一角で起用されることが多かった。そういった中でも4月29日、9月10日に行われた大宮アルディージャ戦、7月22日に行われた川崎フロンターレ戦では終盤に貴重なダメ押し点を記録し、チームの勝利に大きく貢献した。だが、12月2日に行われたG大阪戦ではベンチ入りはしたものの出場機会が無く、ピッチ上で優勝の瞬間に立ち会うことは出来なかった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たサッカー大韓民国代表

    日本代表に招集され、ソウルワールドカップ競技場で行われたアウェーの韓国戦(4月16日)で代表初出場。この試合で試合終了間際、左サイドでDFに囲まれながらのドリブル突破から相手のクリアミスを誘い代表初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たコンサドーレ札幌

    年末に清水エスパルス、ヴィッセル神戸、ジェフユナイテッド市原・千葉から獲得オファーを受け、1月7日、12年間過ごした浦和から清水へと完全移籍することが両チームから発表された。なかなかレギュラーに定着できずにいたが、10月31日の天皇杯3回戦 コンサドーレ札幌戦において、移籍後初ゴールを含む2得点を記録。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た大宮アルディージャ

    ワシントンの加入で前線はワシントンの1トップ、その後ろにポンテ、小野伸二(終盤戦は山田暢久)が2シャドーとして控える形がほぼ固定され、2トップの場合でもワシントンと負傷から復帰した田中達也のコンビがファーストチョイスとなり、右サイドも序盤戦は山田暢久、中盤戦以降は平川忠亮が起用される事が多かったため、ベンチスタートの試合が増えていった。また、スタメン出場した試合でも本人が希望するFW起用ではなく、2シャドーの一角で起用されることが多かった。そういった中でも4月29日、9月10日に行われた大宮アルディージャ戦、7月22日に行われた川崎フロンターレ戦では終盤に貴重なダメ押し点を記録し、チームの勝利に大きく貢献した。だが、12月2日に行われたG大阪戦ではベンチ入りはしたものの出場機会が無く、ピッチ上で優勝の瞬間に立ち会うことは出来なかった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たヴィッセル神戸

    年末に清水エスパルス、ヴィッセル神戸、ジェフユナイテッド市原・千葉から獲得オファーを受け、1月7日、12年間過ごした浦和から清水へと完全移籍することが両チームから発表された。なかなかレギュラーに定着できずにいたが、10月31日の天皇杯3回戦 コンサドーレ札幌戦において、移籍後初ゴールを含む2得点を記録。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た鹿島アントラーズ

    出場機会が少ないながらもエメルソンが出場停止だった試合では、スタメン出場して得点も決めた。さらに、11月29日に行われた最終節の鹿島アントラーズ戦で2点ビハインドの試合展開の中で途中出場し、1ゴール1アシストを記録する活躍を見せた。この年はJ1での自己最多8得点を挙げた。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たベガルタ仙台

    2ndステージ第2節のベガルタ仙台戦のVゴールでようやくシーズン初得点を奪うと、エメルソンとの2トップにてスタメンに定着。トゥットが怪我から復帰した後も「TENトップ」(T=トゥット、E=エメルソン、N=永井)の一角としてスタメン出場した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た浦和レッドダイヤモンズ

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たアルビレックス新潟

    6月9日のアルビレックス新潟戦で相手選手にボールをぶつけて退場するなど、精神的に不安定な部分もあった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た清水エスパルス

    年末に清水エスパルス、ヴィッセル神戸、ジェフユナイテッド市原・千葉から獲得オファーを受け、1月7日、12年間過ごした浦和から清水へと完全移籍することが両チームから発表された。なかなかレギュラーに定着できずにいたが、10月31日の天皇杯3回戦 コンサドーレ札幌戦において、移籍後初ゴールを含む2得点を記録。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「永井雄一郎」のニューストピックワード