60件中 41 - 50件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    天皇杯ではワシントンが持病の心臓疾患の検査で帰国、田中達也も前年に受けた手術の際に埋め込んだボルトの除去手術を受け離脱をした影響で不慣れな1トップのFWとして起用されたが、2007年元日に行われた天皇杯決勝G大阪戦で後半42分に決勝点を挙げ、チームを天皇杯連覇に導き、この試合を最後に退任するブッフバルト監督の花道を飾った。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たFC東京

    7月5日のJ1第15節FC東京戦にてJ1通算50得点を記録。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た2009年

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たカールスルーエSC

    前年とは対照的に、1stステージではわずか3試合の出場だった。その後、8月にはドイツのカールスルーエSCへ留学。カールスルーエでは長身を活かしたヘディングでの競り合いを求められ、持ち味であるドリブルのキレを失わせる結果になる。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たFIFAコンフェデレーションズカップ2003

    2003年 FIFAコンフェデレーションズカップ2003(フランス大会)永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たサッカー

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たハットトリック

    8月21日の東京V戦では、約70メートルのドリブルで3人抜きを果たしゴール。このスーパーゴールを含む3得点を挙げ、山瀬功治と共に「1試合で同じチームの二人がハットトリックを達成」という珍しい記録での圧勝劇の中心となった。このシーズンの得点はハットトリックを含む6得点だったものの、優勝争いをしていたジェフ市原やガンバ大阪から奪った貴重なゴールだった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たソウルワールドカップ競技場

    日本代表に招集され、ソウルワールドカップ競技場で行われたアウェーの韓国戦(4月16日)で代表初出場。この試合で試合終了間際、左サイドでDFに囲まれながらのドリブル突破から相手のクリアミスを誘い代表初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たフーラッド・モバラケ・セパハンFC

    11月14日に行われたACL決勝でも先制点を決め、大会MVPに選出された。12月10日のFIFAクラブワールドカップ準々決勝フーラッド・モバラケ・セパハンFC戦で先制点を挙げ、同大会史上初の日本人スコアラーとなった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たフォワード (サッカー)

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「永井雄一郎」のニューストピックワード