1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たミッドフィールダー

    シーズン途中から就任したゲルト・エンゲルス監督の下ではキープ力と決定力を活かし、トップ下で多彩な能力を発揮。その活躍から4月には代表候補合宿に招集された。しかしシーズン中盤以降、ポンテや田中達也の復帰と共に4番手のFW扱いとなり、更にサッカー観の違いから監督と確執が生じ、マスコミに対しフロント・監督批判ととられる発言をしたため、終盤はほとんど起用されない状態となった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たウエイトトレーニング

    開幕前に肉体改造に取り組み、徹底した走りこみやウエイトトレーニングを続け下半身を鍛え抜いた。永井本人はFWとしての出場を希望していたが、ギド・ブッフバルトは監督就任当初から、右サイドの攻撃の要として永井に期待をかけていたからであった。永井の持つスピードをサイドでのアップダウンに繋げ、チームを攻守に活性化しようと意図したものであった。実際、FWのレギュラーだった田中達也かエメルソンの代役を除き、右ウィングバックでの出場が主だった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たサッカーのポジション

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た東京スイミングセンター

    幼少期から小学4年生まで、北島康介を輩出した東京スイミングセンターに通い、本格的に水泳を習っていた。小学4年のとき、三菱養和の選抜に選ばれるようになったことで両立が難しくなり、水泳でも優秀な成績を残していたがサッカーに専念する道を選んだ。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た東京農業大学第一高等学校

    ジュニアユース時代、中村俊輔とはライバル関係にあった。東京農業大学第一高等学校時代もサッカー部には所属せず三菱養和に在籍していたため、中村をして「高校時代、全く話を聞かなかったのでどうしたのかな?と思っていたけど、やっぱり出てきましたね」と言わしめた。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た新宿区

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た1999 FIFAワールドユース選手権

    7月に帰国。徐々にキレと感覚を取り戻すとレギュラーを獲得。2ndステージからの復帰で、12試合出場で3得点。トルシエ率いるU-20日本代表のFWの主軸として、ナイジェリアで開催されたワールドユースに2大会連続で出場。高原直泰と2トップを組み、準決勝・ウルグアイ戦で決勝点を決めるなど、チームの準優勝に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た1997 FIFAワールドユース選手権

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパス戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た三菱養和

    小学校1年生から高校3年生までの12年間、三菱養和SC一筋でプレー。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た東京都

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。横浜FC所属。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「永井雄一郎」のニューストピックワード