70件中 51 - 60件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た全国社会人サッカー選手権大会

    全国社会人サッカー選手権大会和歌山県代表決定戦 1試合1得点永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たハットトリック

    8月21日の東京V戦では、GK都築龍太のスローを受けると、そのまま約70メートルのドリブルで3人を抜いてゴール。このスーパーゴールを含む3得点を挙げ、山瀬功治と共に「1試合で同じチームの二人がハットトリックを達成」という珍しい記録での圧勝劇の中心となった。このシーズンの得点はハットトリックを含む6得点だったものの、優勝争いをしていたジェフ市原やガンバ大阪から奪った貴重なゴールだった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た神奈川県社会人サッカーリーグ

    神奈川県1部のフィフティクラブに加入した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たソウルワールドカップ競技場

    日本代表に招集され、ソウルワールドカップ競技場で行われたアウェーの韓国戦(4月16日)で代表初出場。この試合で試合終了間際、左サイドでDFに囲まれながらのドリブル突破から相手DFのチョ・ビョングクのクリアミスを誘い代表初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たフーラッド・モバラケ・セパハンFC

    11月14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ2007決勝でも先制点を決め、大会MVPに選出された。12月10日のFIFAクラブワールドカップ準々決勝フーラッド・モバラケ・セパハンFC戦で先制点を挙げ、同大会史上初の日本人得点者となった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たフォワード (サッカー)

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たミッドフィールダー

    シーズン途中から就任したゲルト・エンゲルス監督の下ではキープ力と決定力を活かし、トップ下で多彩な能力を発揮。その活躍から4月には代表候補合宿に招集された。シーズン中盤以降、ポンテや田中達也の復帰と共に4番手のFW扱いとなり、更にサッカー観の違いから監督と確執が生じ、マスコミに対しフロント・監督批判ととられる発言をしたため、終盤はほとんど起用されない状態となった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たウエイトトレーニング

    開幕前に肉体改造に取り組み、徹底した走りこみやウエイトトレーニングを続け下半身を鍛え抜いた。永井本人はFWとしての出場を希望していたが、ギド・ブッフバルトは監督就任当初から、右サイドの攻撃の要として永井に期待をかけていたからであった。永井の持つスピードをサイドでのアップダウンに繋げ、チームを攻守に活性化しようと意図したものであった。実際、FWのレギュラーだった田中達也かエメルソンの代役を除き、右ウィングバックでの出場が主だった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たサッカー選手

    永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た東京スイミングセンター

    幼少期から小学4年生まで、北島康介を輩出した東京スイミングセンターに通い、本格的に水泳を習っていた。小学4年のとき、三菱養和の選抜に選ばれるようになったことで両立が難しくなり、水泳でも優秀な成績を残していたがサッカーに専念する道を選んだ。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示