前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示
  • 7時にあいまショー

    7時にあいまショーから見た永六輔永六輔

    『坂本九 7時にあいまショー』(さかもときゅう しちじにあいまショー)は、1995年08月09日に東芝EMIよりビデオ化、2004年11月17日にEMIミュージック・ジャパンよりDVD化された、映像作品である。規格品番は、TOBF-91050。映像は、1963年6月8日放送分。画面にテロップは出ない。サブタイトルは、「TVっ子、九ちゃん」で、実相寺の担当回では4本目になる。構成は永六輔が担当。 7時にあいまショー フレッシュアイペディアより)

  • 見上げてごらん夜の星を (曲)

    見上げてごらん夜の星を (曲)から見た永六輔永六輔

    「見上げてごらん夜の星を」(みあげてごらんよるのほしを)は、日本の歌手坂本九の1963年のヒット曲。作詞永六輔、作曲いずみたく。原曲は1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌。日本レコード大賞作曲賞受賞。見上げてごらん夜の星を (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 矢崎泰久

    矢崎泰久から見た永六輔永六輔

    小学校から高校までを成城学園で過ごす。早稲田大学政治経済学部政治学科中退。日本経済新聞社記者や内外タイムス記者を経て、1965年に父親の経営する日本社から『話の特集』を創刊。1967年に邱永漢の出資により話の特集社を独立させた。デザイナー和田誠、放送作家永六輔、俳優伊丹十三など、他方面で活躍していた才能をイラストレーター、ライターとして雑誌に起用した。他に色川武大の、色川名義での再デビュー作『怪しい来客簿』を連載。また、雑誌の連載をとおして中山千夏とは意気投合し、二人のユニット「狭間組」を結成して著作活動などを行なった(1995年休刊)。矢崎泰久 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のラジオ (日本)

    2016年のラジオ (日本)から見た永六輔永六輔

    TBSラジオで放送されている『六輔七転八倒九十分』のメインパーソナリティであり、2月1日放送分より同番組を休養している放送作家でタレントの永六輔が、腰の手術を受け入院していることがTBSラジオの入江清彦社長が発表。なお入江社長は、永の容体と今後について「回復状況が芳しくないが、回復したらまた出演していただく予定」と説明。2016年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 坂本九

    坂本九から見た永六輔永六輔

    1961年の「上を向いて歩こう」は日本国外でも大ヒットし、作詞の永六輔、作曲の中村八大と合わせて六八九トリオと呼ばれた。中でも1963年には、SUKIYAKIというタイトルでアメリカでもっとも権威のあるヒットチャート誌『ビルボード』の "Billboard Hot 100" で、3週連続1位を獲得、キャッシュボックス(Cash Box)誌でも4週連続1位を獲得。坂本九 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た永六輔永六輔

    薄給を補う目的と雑誌の宣伝を兼ねてテレビやラジオにたびたび出演したところ人気を得て、マルチタレントの走りとして当時のマスコミの寵児となった。1962年3月には、青島幸男・永六輔・前田武彦の3人とともに「多角経営派」の名のもと、『サンデー毎日』から記事にされたことがある(「俺たちゃ"職業不定族"」)。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜娯楽版

    日曜娯楽版から見た永六輔永六輔

    出演者は、歌手の楠トシエ、中村メイ子、喜劇俳優の三木のり平、丹下キヨ子、有島一郎、太宰久雄、小野田勇、千葉信男、河井坊茶、逗子とんぼ、なべおさみ、左とん平ら。番組を構成する放送作家は、三木のほか、後にトリローグループ(冗談工房、1956年)を結成するキノトール、能見正比古、永六輔、神吉拓郎、野坂昭如、飯沢匡、伊藤アキラら。作曲家は、神津善行、いずみたく、桜井順、越部信義、嵐野英彦ら。日曜娯楽版 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤鶴夫

    安藤鶴夫から見た永六輔永六輔

    日本の伝統芸能に関心を持つ若者に良い芸を紹介しようという意識は強く、写真家の金子桂三は他人に書庫を見せない安藤に伝統芸能関連の書籍を貸してもらい、のちに文楽や能・狂言の撮影を手掛けるきっかけになった。永六輔は人間国宝である豊竹山城少掾の浄瑠璃を見せられて当時は浄瑠璃そのものの良さが理解できず、正直に理解できないと言ったところ怒った安藤に君は日本人ではないと言われ、後日安藤からわざわざ中国語に翻訳させた永を叱る手紙が届いた。以降「えい君」と呼んでもらえず冗談交じりに「ヨン君」と中国語風に呼ばれるようになり、それは安藤の逝去まで続いた。厳しい演芸評論の一面ユーモラスな面も持ち合わせていた。安藤鶴夫 フレッシュアイペディアより)

  • 関谷浩至

    関谷浩至から見た永六輔永六輔

    この頃永六輔の依頼で、ドビュッシー“月の光”をピアノで弾きながら弾いている自分自身の状況を同時に実況中継するという特技を、渋谷ジァン・ジァン、かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで行われた永主催のコンサートで披露している。関谷浩至 フレッシュアイペディアより)

  • 上を向いて歩こう

    上を向いて歩こうから見た永六輔永六輔

    「上を向いて歩こう」(うえをむいてあるこう、別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、坂本九の楽曲。作詞は永六輔、作曲は中村八大、プロデューサーは草野浩二。ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日付に、現在においても日本人のみならずアジア圏歌手唯一となる週間1位を獲得。同誌の1963年度年間ランキングでは第10位にランクイン。後に数多くのアーティストによってカバーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。坂本の突然の航空機事故死や永六輔のメモリアルソングとしても、よく用いられる。上を向いて歩こう フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示

「永六輔」のニューストピックワード